女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

任天堂旧本社社屋がホテルに!京都「丸福樓」2022年4月開業へ

2022年4月、京都の任天堂旧本社社屋が、建築家・安藤忠雄氏設計監修の新建築とともにホテル「丸福樓(まるふくろう)」として開業する。

任天堂旧本社社屋がホテルに



安藤忠雄氏による丸福樓の外観スケッチ(提供画像)
安藤忠雄氏による丸福樓の外観スケッチ(提供画像)
1889年より歴史を刻んできた任天堂の創業地にあたる京都・鍵屋町。この鍵屋町正面通に面する旧本社社屋が、当時の趣を残す既存棟と、安藤氏が設計監修する新棟とを融合した、全18室のホテルとして生まれ変わる。
緑色の瓦屋根と外壁のタイルが特徴的な外観(提供画像)
緑色の瓦屋根と外壁のタイルが特徴的な外観(提供画像)
宿泊は1泊10万円~。宿泊に夕食、朝食、客室ミニバー、ラウンジでの飲物や軽食が宿泊料金に含まれているオールインクルーシブを採用。
建物エントランス(工事前)(提供画像)
建物エントランス(工事前)(提供画像)
建築当時から歴史を刻んできた看板(提供画像)
建築当時から歴史を刻んできた看板(提供画像)
ホテル名称の「丸福樓」は、任天堂の前身である山内任天堂が花札・かるた・トランプの製造や販売をする会社として「丸福株式会社」を設立した歴史を紡ぐ意味を込め、当時の屋号をホテル名に含めた。
寝室として使用されていた部屋。ゲストルームとしてリノベーションする(提供画像)
寝室として使用されていた部屋。ゲストルームとしてリノベーションする(提供画像)
客室は、7つのスイートを含む全18室。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間とし、新棟はシンプルでスタイリッシュな居住性の高い空間に。全室調度品が異なっており、泊まる度に新しい発見をもたらしてくれる。
寝室として使用されていた部屋。ゲストルームとしてリノベーションする(提供画像)
寝室として使用されていた部屋。ゲストルームとしてリノベーションする(提供画像)
外観(提供画像)
外観(提供画像)
外観(提供画像)
外観(提供画像)
内観(提供画像)
内観(提供画像)
食事は料理家・細川亜衣氏が監修し、季節の食材を活かした体に優しい無国籍料理のラインアップを、夕食・朝食ともにコース仕立てで振る舞う。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「任天堂資料館」京都・宇治に2023年度誕生へ、展示&体験を行う観光施設


丸福樓(まるふくろう)



所在地:京都市下京区正面通加茂川西入鍵屋町342番地
客室数:18室 (33~79平米)
客室料金:100,000円/泊~(朝食・夕食・飲物・軽食含む)
※表記料金は1室2名様利用時の1室あたりの料金、消費税・サービス料・宿泊税込
チェックイン:15時から/チェックアウト:12時まで

情報:Plan・Do・See

【Not Sponsored 記事】
安藤忠雄氏による丸福樓の外観スケッチ(提供画像)

関連リンク

Page Top