女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「チームラボ 偕楽園 光の祭」日本三名園・偕楽園の梅林で光のアート演出

茨城県水戸市の日本三名園・偕楽園の梅林が光のアート空間となる「チームラボ 偕楽園 光の祭」が、2021年3月1日(月)~3月31日(水)まで開催される。

チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ

3000本の梅が咲き競う偕楽園でインタラクティブな光の演出



「チームラボ 偕楽園 光の祭」は、120年以上続く恒例行事「水戸の梅まつり」に併せて開催されるもので、時期によって様々な種類の梅3000本が変わりながら咲き渡る春の偕楽園の森や庭そのものを使い、「長い生命の連続性」を表現することを試みた全8作品を展示。
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
展示作品のひとつが、偕楽園の好文亭の目の前に広がる梅林の約1500本の梅がインタラクティブに光り輝く作品「生命は連続する光 - 梅林」。それぞれ自律した梅の光が、人々が近くを通ると強く輝き、音色を響かせながら、周囲に伝播していく。
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
ほか、大杉からなる森が人々の存在によって変化する作品「自立しつつも呼応する生命と呼応する大杉森」、偕楽園の孟宗竹林(もうそうちくりん)沿いを多様な肖像群が歩き続ける「Walk, Walk, Walk - 孟宗竹林」などが展示され、春の偕楽園が、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変化する。(女子旅プレス/modelpress編集部)
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ

チームラボ 偕楽園 光の祭



会期:2021年3月1日(月)~2021年3月31日(月)
会場:偕楽園(茨城県水戸市常磐町1丁目)
時間:18:00~20:30 (最終入場20:00)
大人1,500円、中高校生 800円、小学生以下 無料

情報:チームラボ

【Not Sponsored 記事】
チームラボ 偕楽園 光の祭/画像提供:チームラボ

関連リンク

Page Top