女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

ホテル雅叙園東京「和のあかり×百段階段2022」アートイルミネーションが幻想的

東京・目黒にあるホテル雅叙園東京が、アートイルミネーション「和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~」を開催。2022年7月2日(土)から9月25日(日)までの期間限定で、館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて展開される。

和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園

「和のあかり×百段階段2022」の見どころは?



和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
2022年は、「光と影・百物語」を展示テーマにし、光(あかり)によって生まれる影、異なるふたつの要素が織り成すコントラストを楽しめるのがポイント。

和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
影があるからこそあかりが際立ち、あかりがあるからこそ美しき影が生まれる。相反する要素が互いを引き立て合う幻想的な作品の数々で、光と影が織りなす空間芸術を堪能できる。

和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園

「百段階段」をのぼり終えると何がある?



和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
また各部屋では夏にふさわしい百物語(怪談)の展示を配し、歩みをすすめると更なるストーリーが体験できる演出も行われる。

日本の伝統的な怪談会のスタイルのひとつ「百物語」は、百番目の話を終えると本物の怪異が現れるとされるもの。あかりアートから見え隠れする妖怪や幽霊は、階段を上るにつれてその数を増していく。

展示会場である文化財「百段階段」へと続く導入部では、愛嬌ある表情の金魚ちょうちんと涼やかな風鈴の音がお出迎え。

和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園
各会場では、アートのような影を映し出す照明演出や、放置竹林を再利用したサステナブルな竹あかり、怪談芝居を表現した歌舞伎のあかりなど、さまざまなコンセプトのあかりと、それによって生み出される影の世界に、幽霊や妖怪たちが顔を覗かせる。

日本各地よりさまざまな伝統技術や作品が集結しているため、歴史や風土、生活の中で伝承されてきた職人の手仕事から生まれた作品を、間近で観察することができる機会となっている。

全ての階段をのぼり終えた時に一体何が起こるのか…。涼を誘う百物語と幻想的なあかりアート空間を満喫したい。(女子旅プレス/modelpress編集部)

ホテル雅叙園東京とは



「ホテル雅叙園東京」は、90年以上の伝統を受け継ぎ、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られた唯一無二のミュージアムホテル。茶室に見立てた全60室の客室は、80平米以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスを完備し、シンプルさと日本の気品ある美しさを兼ね備える。もてなしの心を継承する日本料理や中国料理、イタリア料理など7つのレストラン、日本美の粋を尽くした和室宴会場をはじめとした23の宴会施設、東京都指定有形文化財の「百段階段」を有する。

「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」開催概要



【期間】
2022年7月2日(土)から9月25日(日)
【時間】
11:30〜18:00(最終入館17:30)※8月20日(土)は17:00まで(最終入館16:30)
【会場】
ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
【料金】
当日券 ¥1,500 / 学生 ¥800(要学生証呈示)/ 未就学児無料

出展者一覧



柳井金魚ちょうちん祭り(山口県柳井市)/ 篠原風鈴本舗(江戸風鈴)/柏木美術鋳物研究所(小田原風鈴)/ 能作(鋳物・真鍮風鈴)/ 東洋ケース(ウォールライト)/ 弦間康仁(照明作家)/ 榮(かんざし作家)/ アカリノワ(竹あかり)/ 松竹衣裳・歌舞伎座舞台(創造的なあかり)/ 中里繪魯洲(造形作家)/ 伊藤権次郎商店×CRAFCULT(妖怪提灯)/ 小澤康麿(造形作家)/ 松風直美(切り絵作家)/ 細山田匡宏(造形作家)/ 西島雄志(現代美術家/彫刻家)/ 鈴木ひょっとこ(画家)/ いろした工房(ガラスランプ)/ オオタキヨオ(彫刻家)/ ヒョーゴコーイチ(炭化彫刻家)/ 第一印刷所(かみはなび-越後長岡-)/ ThinKniT(3Dニット照明)/ 山川建具(組子細工)/ 園田美穂子(日本画家)/ 大塚理航(いけばな・古流かたばみ会)/ 石井七歩(現代美術家/絵画、インスタレーション)/ ヨダタケシ(音楽)

情報:目黒雅叙園

【Not Sponsored 記事】
和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~/画像提供:目黒雅叙園

関連リンク

Page Top