女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

星野リゾート、ハワイのリゾート運営を2020年より開始

星野リゾートは、米・ハワイ州オアフ島に位置する「The Surfjack Hotel & Swim Club(ザ サーフジャック ホテル & スイム クラブ)」を、2020年1月15日より「星野リゾート サーフジャック ハワイ」として運営する。海外ではバリ、台湾に続く3軒目の運営施設となる。

The Surfjack Hotel & Swim Clubのプール/画像提供:星野リゾート
The Surfjack Hotel & Swim Clubのプール/画像提供:星野リゾート
日本からは年間約150万人が訪れ、「人気の旅行先ランキング」でも常に上位にランクインするハワイ州。最も人気のオアフ島・ワイキキの中心地に位置する同ホテルは、1960年代のハワイをベースにしたレトロ・ブティックホテル。

地元のアーティストが手掛けた装飾を随所に散りばめ、どこか懐かしさを感じる居心地のよい空間が魅力で、施設を象徴するプールの周りでは、映画の上映、懐かしいヒット曲をかけるDJによるパーティー、ハワイアンカルチャーのワークショップなど、さまざまなイベントを実施している。
The Surfjack Hotel & Swim Clubの客室/画像提供:星野リゾート
The Surfjack Hotel & Swim Clubの客室/画像提供:星野リゾート
また、ダイニング「マヒナ&サンズ」は、ハワイの食文化に敬意をはらい、斬新なアイデアをもつホノルル出身のシェフ、エド・ケニー氏が手掛ける、「アイランドスタイル」の料理を提供。親近感がわく、“オハナ(=ハワイ語で家族・仲間の意味)”なサービスで、ワイキキを満喫する滞在を演出する。

米国へと運営エリアを拡大



星野リゾートは2015年4月より、タヒチ・ランギロア島に位置する「星野リゾート Kia Ora ランギロア」(2019年5月に契約満了により運営終了)を海外施設の第一号案件として運営。

タヒチでの経験を活かし、2017年1月インドネシア・バリ島ウブドに「星のやバリ」を、2019年6月台湾・台中に「星のやグーグァン」を開業しており、「星野リゾート サーフジャック ハワイ」が海外において3軒目の運営施設となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

バリ島に「星のやバリ」開業、熱帯雨林に佇むヴィラ&運河プールで非日常に浸る


「星のやグーグァン」台湾初の温泉リゾート開業、全部屋に半露天風呂付き


星野リゾート サーフジャック ハワイ



住所:412 Lewers Street Honolulu, Hawaii 96815
客室数:112室
客室タイプ: 5タイプ
客室面積:26.5平米~84.9平米
宿泊料金:USD250~(税・アメニティーフィー別)
付帯施設:プール、レストラン「マヒナ&サンズ」、ショップ「オリーブ&オリバー」

情報:星野リゾート

【Not Sponsored 記事】
The Surfjack Hotel & Swim Clubのプール/画像提供:星野リゾート
Page Top