女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

神田明神にカフェやショップ備えた文化交流館「EDOCCO」開業

東京・神田の神田明神では、創建1300年の記念事業として新たに文化交流館「EDOCCO(エドッコ)」を、2018年12月15日(土)に開業する。

EDOCCO(C)川澄・小林研二写真事務所
EDOCCO(C)川澄・小林研二写真事務所

神田明神境内で日本の伝統文化を体験・発信「EDOCCO」



EDOCCOフロア構成/画像提供:神田明神
EDOCCOフロア構成/画像提供:神田明神
約1300年の歴史をもつ「神田明神」境内に開設した「EDOCCO」は、1階の神札授与所、物販スペースの「EDOCCO SHOP –IKI IKI-」、飲食スペースの「EDOCCO CAFE –MASU MASU-」、2-3階の多目的スペース「神田明神ホール」、4階の貴賓室「EDOCCO LOUNGE」、B1階の日本文化体験スペース「EDOCCO STUDIO」の5フロアで構成され、各フロアには、金工作家・宮田亮平氏、画家・松井守男氏、着物デザイナー・斉藤上太郎氏のアート作品を配置。
アート/画像提供:神田明神
アート/画像提供:神田明神
施設の開業にあたり、建物から建物への移動がしやすいよう、EDOCCOと、既存の御社殿、明神会館の3つの建物を繋ぐ80mの地下道も開通した。

伝統×革新を表現したデザイン



「神田明神」(C)モデルプレス
「神田明神」(C)モデルプレス
また「伝統×革新」のコンセプトにのっとり、伝統を重んじながらも、デザインの手法として神社神道や日本がもつ文化をどう新しく表現できるかを考慮し、それにあたり神社にある記号を集め、空間にいかに埋め込むかを徹底。

櫓(やぐら)部分の「砥の粉(とのこ)」や「ときょう」といったディティール、神社の鳥居にも使われている象徴的な朱色、4階の天井には鳳凰を用い、また神田明神が千歳飴の発祥地である事にあやかって数字の「七」「五」「三」を意識したデザインを工夫(ロゴデザイン、壁面グラフィック、格子の引き戸、ベンチシートの背もたれなど)して、江戸時代のクリエイターの粋や縁起のいいものをデザインに取りいれることで、機能面だけでなくデザインの面からも、伝統×革新を表現している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

神田明神文化交流館「EDOCCO」



住所:東京都千代田区外神田2-16-2
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休
交通:中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分/京浜東北線・山手線「秋葉原駅」電気街口より徒歩7分/東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」1番口より徒歩5分/東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B1出入口より徒歩5分/東京メトロ銀座線「末広町駅」より徒歩5分/東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」より徒歩7分

EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
EDOCCO CAFE –MASU MASU-
情報:神田明神

【Not Sponsored 記事】
EDOCCO(C)川澄・小林研二写真事務所
Page Top