女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「東京ミッドタウン八重洲」2023年3月10日全面開業、ジャパンブランドを集積&立ち飲みスポットも

東京・八重洲の商業施設「東京ミッドタウン八重洲」が、先行オープン済の地下1階以外の1~3階の店舗を含め、2023年3月10日にグランドオープンする。

東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産

「東京ミッドタウン八重洲」2023年全面開業



「東京ミッドタウン八重洲」は、「東京ミッドタウン(六本木)」、「東京ミッドタウン日比谷」に続く 3施設目の東京ミッドタウンブランド。
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
「ジャパン・プレゼンテーション・フィールド ~日本の夢が集う街。世界の夢に育つ街~」を施設コンセプトとし、商業施設は地下1階から地上3階までの計4フロアで構成され、東京初出店を含む全57店舗を集積させる。

ジャパンブランドにこだわった商業ゾーン



商業施設はコンセプト通り「ジャパンブランド」にこだわり、日本の未来のモノづくりとブランド価値を世界へ発信するような店舗を選定。
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
1階は「ジャパン・ラグジュアリー」をテーマに、国内外から人が集まる東京・八重洲にふさわしい体験価値を提供するフロア。

京都・西陣にて創業した細尾の東京初となるショールーム&ストア「HOSOO Tokyo」、現代都市生活に根ざした、快適で洗練された先進的なニットウェアを取り扱うCFCLのコンセプトストア「CFCL YAESU」をはじめ、日本発のライフスタイル&ビューティブランド「AHRES」、フレグランスブランド「LINC ORIGINAL MAKERS」、「ONITSUKATIGER NIPPON MADE」など、現代および次世代の日本を担うジャパンブランドが、こだわりの逸品や空間を求める来街者に「現代の日本発ラグジュアリー」を提案する。
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
2階は新しいメイド・イン・ジャパンを提案するフロア。

東京のスポーツチーム・団体による新ブランドTOKYO UNITEのライフスタイルショップ「TOKYO UNITE」をはじめ、スポーツ・食・アートなど多様な情報に触れながら体験もでき、好奇心をくすぐるゾーンとなっており、東京の新しいライフスタイルを提供する。
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
3階は八重洲の多様性を表現した幅広いジャンルのレストランが集積。炉端・日本酒・寿司などの和食から洋食や中華とシーンに応じて利用できるラインナップが揃う。

3つのゾーンから成るパブリックスペース「ヤエスパブリック」



東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
2階には八重洲を行き交う全ての人が気軽にふらりと立ち寄れる場所を目指した公共スペース「ヤエスパブリック」が誕生。
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
約820平米の空間に、コンテナをモチーフとした小規模の店舗群がランダムに配置されたエリアで、立ち飲みスポット「ALLSTANDS」、物販・休憩エリア「イチジテイシ」、八重洲の裏路地のような「八重洲のロジウラ」の3つのゾーンで構成。

3つのゾーンがゆるやかに繋がり、個性豊かな11店舗が入居する。(女子旅プレス/modelpress編集部)
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産

東京ミッドタウン八重洲内には「ブルガリ ホテル 東京」も開業


東京ミッドタウン八重洲



所在地:東京都中央区八重洲二丁目地内 他
営業時間:地下1階店舗10:00~21:00
※1階から3階店舗の営業時間は2022年9月15日現在未定
交通:
JR「東京」駅地下直結(八重洲地下街経由)
東京メトロ丸の内線「東京」駅地下直結(八重洲地下街経由)
東京メトロ銀座線「京橋」駅徒歩3分
東京メトロ東西線、銀座線、都営浅草線「日本橋」駅徒歩6分
情報:三井不動産

【Not Sponsored 記事】
東京ミッドタウン八重洲/画像提供:三井不動産

関連リンク

Page Top