女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

アクアパーク品川×TGCの初コラボイベント “竜宮城”モチーフの幻想的な海中世界

「マクセル アクアパーク品川」では、東京ガールズコレクション(TGC)との初のコラボイベント「RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION(リュウグウフェスティバルサポーテッドバイトーキョーガールズコレクション)」を、2022年7月1日(金)~10月23日(日)まで開催する。

アクアパーク品川×TGC、コラボ内容は?



RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
今回のコラボレーションでは、“TOKYO最先端エンターテインメント”としてデジタルテクノロジーを駆使した演出や、四季折々で可変性あふれるコンテンツを展開し、生きものの魅力を伝える「マクセル アクアパーク品川」とTGCがタッグを組むことで、今までにない要素が加わり、より洗練された世界観と生きものの魅力が輝く仕掛けを施した展示エリアが登場。

水族館流の“ランウェイ”が出現



RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
生きもの×ファッション×デジタルテクノロジーによる同イベントを象徴するコンテンツが、エントランスの「OTOHIME RUNWAY−乙姫ランウェイ−」。

床面にはTGCの代名詞とも言える“ランウェイ”が水面の映像で形成され、ゲストのステップに合わせて水の波紋が現れるインタラクションな仕掛けを施している。

モデル気分で歩いた先に待つのは、水槽内できらめく「ヒメツバメウオ」の群れと、カラフルな魚たちのシルエットが周壁を回遊する幻想的な海中のシーン。“ランウェイ”から繋がる水面のステージに立てば、彩りあふれる生きものたちに囲まれて、まるで乙姫になったような気分で写真撮影を楽しめる。

2つのコンテンツを体験できる「UO FESTIVAL−魚フェスティバル−」



魚たちが繰り広げる“海の世界の祭り”をテーマにした「UO FESTIVAL−魚フェスティバル−」では、海中のシーンを描いた空間にカラフルな魚たちのシルエットが行き交い、賑やかで彩りあふれる空間を創出。

1フロアで全く異なる2つの体感コンテンツを用意しており、向かって左壁面には群れを成す魚たちの展示と映像がリンクして“花火”が打ちあがる「UO HANABI-魚花火-」を、右壁面では展示生物の模様やカラーを投影し、ゲストが身にまとうことができる「UO YUKATA-魚浴衣-」を楽しめる。
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
また、数分間に一度、大輪の「UO HANABI」が空間を飾るショータイムも開催し、祭りを盛りあげる。

サンゴで彩られた“海中の街”



「UMIMACHI CORRIDOR−海街コリドー−」は、サンゴと海藻に彩られた街中に伸びる線路や駅、魚たちがくらす家など、“海中の街”を俯瞰で楽しめるエリア。
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
交互に並ぶ7つの水槽と、ショウケース内に広がるその世界は、動画配信サイトで80万人以上のチャンネル登録者数を誇るミニチュア作家「Hanabira工房」による精巧なジオラマやオブジェで表現。

展示生物は同イベントにぴったりな名前を持つ「オトヒメエビ」や、細長い特徴的な姿と縞模様が目を惹く「オイランヨウジ」など、じっくり観察したくなる生きものたち。両サイドに広がるパステルカラーの海と、小さな街並みに心おどる回廊が次のエリアへと誘う。

限定メニュー扱うカフェバー



RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
発光サンゴの水槽が連なるカフェバー「RYUGU BAR−竜宮バー−」では、透明感あふれる水面のパターンとトロピカルな色彩のデジタルフラワーにつつまれて“宴”のシーンを創出。エリア内を映像の魚たちが回遊し、その軌跡には花びらが舞い、空間に華やかさを添える。

ここでは“RYUGU”の世界観をイメージしたカラフルな2種のクリームソーダやパフェなど、イベント限定メニューを味わいながら、非日常のひと時を過ごせる。
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島
このほか、ヒューマンビートボクサー・SO-SO氏によるオリジナル楽曲を使用した昼のドルフィンパフォーマンス「WELCOME TO RYUGU FESTIVAL」、夜の「瑠璃花火−Digital Fireworks− Directed by NAKED」も開催する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION(リュウグウフェスティバルサポーテッドバイトーキョーガールズコレクション)



期間:2022年7月1日(金)~10月23日(日)

マクセル アクアパーク品川



住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
電話番号:03-5421-1111
料金:大人¥2,300、小・中学生¥1,200、幼児(4才以上)¥700

情報:横浜八景島

【Not Sponsored 記事】
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION/画像提供:横浜八景島

関連リンク

Page Top