女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

日本初上陸の韓国カフェ3店舗「自由が丘スイーツフォレスト」に誕生、食事系ワッフルやピンス

東京・自由が丘のスイーツテーマパーク「自由が丘スイーツフォレスト」が、韓国のカフェ&スイーツショップ・グッズなど9店舗が集まるスイーツエンタメパークとして、2022年7月7日(木)にリニューアルオープン。韓国より日本初上陸するカフェ3店舗の情報が新たに公開された。

新・自由が丘スイーツフォレストに韓国トレンドが上陸



CHICONE(提供画像)
CHICONE(提供画像)
今回、日本初上陸するのは「北海氷水(プッケピンス)」「CHICONE(チコネ)」「SNOWING(スノイン)」の3店舗。
自由が丘スイーツフォレスト(提供画像)
自由が丘スイーツフォレスト(提供画像)
東大門(トンデムン)に2013年にオープンした「北海氷水」は、ミルクや練乳、メープルシロップなど8種の素材を使った、きめ細やかで柔らかなピンスを味わえるカフェ。

雪花(ヌンッコ)ミルクピンス850円(税込)(提供画像)
雪花(ヌンッコ)ミルクピンス850円(税込)(提供画像)
雪花サクラピンス1,050円(税込)(提供画像)
雪花サクラピンス1,050円(税込)(提供画像)
メニューは、ベーシックなミルクピンス「雪花(ヌンッコ)ミルクピンス」やチーズ風味の「雪花チーズピンス」、「雪花イチゴピンス」、薄ピンク色が可愛い日本限定「雪花サクラピンス」など。雪のように器にこんもりと盛られた見た目の繊細さも特長だ。

CHICONE(提供画像)
CHICONE(提供画像)
「CHICONE」は、“Everything’s alright!”“Everything’s okay!”をモットーに、ワッフルコーンチキンやワッフルコーンシュリンプなど、ワッフルと共に楽しさを追求するブランド。
ワッフルコーンシュリンプチリソース850円(税抜)(提供画像)
ワッフルコーンシュリンプチリソース850円(税抜)(提供画像)
ワッフルコーンチキンレモンマヨネーズ750円(税抜)(提供画像)
ワッフルコーンチキンレモンマヨネーズ750円(税抜)(提供画像)
ワッフルコーンチキンバーベキュー750円(税込)(提供画像)
ワッフルコーンチキンバーベキュー750円(税込)(提供画像)
レモンマヨソースささみ×ブラウンチーズ、特製エビチリ、バーベキューソースささみ×グラナパダーノチーズと、惣菜系のラインナップを中心に取り揃える。

スノイン650円(税込)、スノイングレッド760 円(税込)(提供画像)
スノイン650円(税込)、スノイングレッド760 円(税込)(提供画像)
そして「SNOWING」は、コールドブリューのコーヒーに、店独自の手作りクリームをたっぷり乗せて可愛いワイングラスで提供するカフェ。

ほど良い甘さとまるでグラスに雪が降っているようなビジュアルが美しい、「スノイン」と名のついたコーヒーが看板メニューだ。

このほかリニューアル後の「自由が丘スイーツフォレスト」では、韓国発のミントスイーツ専門カフェ「MINT HEIM(ミントハイム)」、マカロンカフェ「ATMOSphere(アトモスフィア)」、ホットク専門店「Seoul Hotteok(ソウルホットク)」、色違いのクリームチーズを波のようにトーストに塗ったウェーブトーストで話題の「MND COFFEE(エムエヌディコーヒー)」などが出店する。

「自由が丘スイーツフォレスト」とは



2003年11月21日、自由が丘にグランドオープンした、日本初のスイーツのテーマパーク。

2022年夏、日本初出店を含む韓国の人気スイーツと韓国カルチャーが融合した新しいエンターテインメント施設としてリニューアルオープンを予定している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

自由が丘スイーツフォレスト



住所:東京都目黒区緑が丘2-25-7ラ・クール自由が丘2階
アクセス:東急東横線、大井町線「自由が丘」駅南口から徒歩約5分

情報:自由が丘スイーツフォレスト

【Not Sponsored 記事】
CHICONE(提供画像)

関連リンク

Page Top