女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「魚ジャパンフェス」初の大阪開催、海鮮丼や郷土料理など約40ブース集結

全国各地の魚介グルメが集まるフードフェス「SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022 in 万博記念公園」(魚ジャパンフェス)が、2022年5月27日(金)~29日(日)の3日間、大阪府吹田市の万博記念公園・お祭り広場で開催される。

「魚ジャパンフェス」関西に初上陸



魚ジャパンフェス(提供画像) 魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像) 魚ジャパンフェス(提供画像)
「魚ジャパンフェス」は日本の大切な食文化で、栄養豊富な魚食の活性化を目的に、2019年に東京・代々木公園で初開催。

姉妹イベントの「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」と合わせた累計来場者数は約86万人に上る、日本最大級の魚食イベントだ。
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
関西初開催となる万博記念公園会場では、旬の新鮮な海の幸を使った海鮮丼や各地に伝わる漁師飯などの魚介グルメのほか、各地の特産品を使ったご当地グルメと約40ブースが出店する。

新鮮魚介の海鮮丼や名物料理を食べつくす



魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
会場には、マグロ、イクラ、カニ、カキ、アユといった全国の海、川の幸が勢揃い。
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)

濃厚でプチプチ食感のイクラを贅沢にのせたこぼれイクラ丼、水揚げ直後の脂がのったマグロの部位を食べ比べできる贅沢マグロ3色丼、カニの身とカニのつめをこれでもかというくらい豪快に敷き詰めた豪快カニ丼、マグロ、サーモン、カニなど北海道名産の魚介をふんだんに使った北海海鮮丼など、新鮮な魚介の海鮮丼が様々なバリエーションで登場。
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
また鮎の塩焼き、焼き牡蛎、焼き蝦夷あわびといったシンプルに素材の美味しさを味わえる一品料理も充実。
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
魚ジャパンフェス(提供画像)
福島県の漁業・水産業を応援する「発見!ふくしま」エリアでは、親潮と黒潮が交わる豊かな漁場である福島県沖で獲れた「常磐もの」と呼ばれる魚介を使った、海鮮丼や郷土料理、パエリア、地酒飲み比べを味わえる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

第1回SAKANA&JAPAN FESTIVAL2022 in 万博記念公園(魚ジャパンフェス)



会期:2022年5月27日(金)午前9時半~午後5時
28日(土)午前9時半~午後5時
29日(日)午前9時半~午後5時※開催時間は予定
会場:万博記念公園・お祭り広場(大阪府吹田市)
入場料当日券300円、前売り券250円(大学生以下無料、万博記念公園入園料・飲食代は別途)

情報:SAKANA&JAPAN PROJECTジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル実行委員会

【Not Sponsored 記事】
魚ジャパンフェス(提供画像) 魚ジャパンフェス(提供画像)

関連リンク

Page Top