女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「ららぽーと福岡」全222店舗&実物大ガンダム立像、巨大フードゾーンの注目飲食店も紹介!

九州地区初進出となるららぽーと「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」が、福岡県福岡市博多区の青果市場跡地に、2022年4月25日(月)より開業する。巨大な実物大ν(ニュー)ガンダム立像をはじめ、全222店舗から見どころを紹介していく。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産

九州初のららぽーと「ららぽーと福岡」開業場所は竹下駅至近



三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
「ららぽーと福岡」は、幹線道路の筑紫通りに接し、JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩9分に位置。敷地面積約86,600平方メートルを有し、店舗棟は地下1階~地上5階建て。

駐車場では、入庫ゲート・出庫ゲートでのカメラによる車番認証システムを採用し、駐車場入出庫時の駐車券が不要な「駐車場チケットレスシステム」を導入している。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
店舗数は、九州初出店57店を含む全222店舗。九州最大級(約1,450席)のフードコート&レストランゾーンやフードマルシェ、地元・福岡発をはじめとした多彩な物販店舗、「機動戦士ガンダム」の世界観を存分に楽しめる複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」、最新設備を備えた映画館「TOHOシネマズ」などを誘致。

エントランス前には、実物大ガンダム立像の中で歴代一の高さとなる、実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」を展示する。

そして屋外エリアを中心に“心地いい”広場を1~5階の全フロアに配置。

三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
遊具やジョギングコースなどを設置した「オーバルパーク」、貸し農園とBBQ施設を設置する「アグリパーク」、200m陸上トラックやテニスコート、3×3バスケットボールのコートを有する「スポーツパーク」、「フットボールパーク 」など、9つの多彩な“パーク(広場)”を充実させる。
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産

九州初、福岡発の食が満載のグルメゾーン



三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
前身の青果市場の記憶を受け継ぐ1階「フードマルシェ」には、スーパーマーケット・産直市場・グローサラントをはじめ、ミシュラン掲載の「レストランジョルジュマルソー」のパティスリー専門店「パティスリージョルジュマルソー」、老舗「焼とりの八兵衛」新業態、福岡のクラフトビールメーカー「ブルーマスター」のリカーストアなど福岡有名店や、カレーパンギネス記録を持つベーカリー「パンパティ」が福岡県初出店するなど、全22店舗が出店。

買うだけでなくテイクアウトした飲食物を、その場でイートインできるのも特徴だ。
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
3階、九州最大級のフードゾーン「グランダイニング」は、九州最大級の約1,450席を有するフードコートの21店舗と、10店舗の飲食店が並ぶレストランゾーンが一堂に会した、食の魅力を体験できるスポット。

フードコートには地元有名店「田中田」が展開する「わっぱ定食堂」や、久留米ラーメンの老舗「久留米ラーメン 清陽軒」、全国グルメではミシュランビブグルマン獲得のラーメン店「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」、小籠包の有名店「京鼎樓」、チョコレート有名店のGODIVA初となるフードコート業態「GODIVA dessert」など、注目のグルメが勢ぞろい。

レストランゾーンには、老舗「河太郎」が手がける「九州 はかた 大吉寿司」、とんかつの名店「箱崎 井のかわず」の新業態「とんかつ知青」、和カフェ人気店「伊右衛門カフェ」、豆花とパンケーキの専門店が一緒となった「騒豆花&オリジナルパンケーキハウス」など、食事からカフェまであらゆる時間帯で楽しめる10店舗が営業。

また同フロア内の屋外エリアにある「アグリパーク」において、バーベキューサイト「バーベキューヴィレッジぶどうの樹 fukuoka」が営業。シーズン限定でビアガーデンも予定している。

“日本初ヨギボーシート”で映画鑑賞!「TOHOシネマズ ららぽーと福岡」



TOHOシネマズ ららぽーと福岡(C)TOHO Cinemas Ltd. All Rights Reserved.
TOHOシネマズ ららぽーと福岡(C)TOHO Cinemas Ltd. All Rights Reserved.
9スクリーン、1,322席規模の「TOHOシネマズ ららぽーと福岡」では、では、TOHOシネマズ独自規格のハイスペックシアター“プレミアムシアター”(福岡県初)を2つのスクリーンに配置した九州初の「Wプレミアムシアター」 と、同じく九州初となるスクリーン前に特徴的なウーハーを設置した「轟音シアター」を導入。

TOHOシネマズ初の試みとして、座席スペースが通常の約1.3倍に広くなる両肘付きシートを全一般席に採用するなど、最高の鑑賞環境を整えた。

そして、日本の映画館で初導入となる“Yogibo(ヨギボー)シート”にも注目。シアターに合わせた形にカスタマイズしたYogibo(ヨギボー)をシートに配しており、リクライニングソファのように、寝転びながらリラックスした体勢での映画鑑賞が叶う。

見上げるほど巨大な実物大νガンダム像



三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産
施設の象徴的な存在として、エントランス前に堂々とそびえ立つ実物大νガンダム立像は、劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の劇中で、νガンダムが小惑星アクシズを押し返す印象的なシーンを再現。62箇所の発光に加え、右腕の上下の可動や、顔が可動するギミックを採用した。

ここではガンダムの世界観をより一層楽しんでもらえるよう、新たに制作した2つの特別映像を「ららぽーと福岡」施設壁面に投影。

ひとつは劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より、小惑星アクシズ落下阻止でのアムロとシャアの攻防の場面を、実物大νガンダム立像のモデル「RX-93ff νガンダム」で戦っていたら、という設定の特別映像。

ふたつめは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』主題歌であるTM NETWORKの「BEYOND THE TIME(メビウスの宇宙を越えて)」に乗せて、本編映像を特別に再編集したもの。
実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」(C)創通・サンライズ
実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」(C)創通・サンライズ
夜間には、映像に合わせた立像の可動ギミックと、光のコラボレーションによる特別演出を実施する。

「ガンダムパーク福岡」ショップ×アミューズメントが融合、買い物して遊べる3つのエリア



ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
4階にオープンする、ガンダムの複合エンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」は、ガンダムの様々な情報の発信や、グッズを取り扱うエリア「GUNDAM SIDE-F(ガンダム サイドエフ)」を中心に、ガンダムとコラボレーションした体感型アクティビティが楽しめるスポーツエンターテインメントエリア「VS PARK WITH G(ブイエス パーク ウィズ ジー)」、アーケード・クレーンゲームなどが楽しめるアミューズメントエリア「namco(ナムコ)」の3つのエリアからなる複合エンターテインメント施設。
ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
入口に、RG(リアルグレード)の設計データをもとに作られた1/12サイズの立像「νガンダム」と「サザビー」を展示。圧倒的なこだわりを詰め込み、目に見えない内部構造まで作りこんだハイクオリティな造形を間近で楽しむことができる。

ショップエリア「GUNDAM SIDE-F」では、「GUNDAM SIDE-F」内の幅10m×高さ6mの大型モニター、通称「スペースモニター」で新規制作の映像を上映。
ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
ガンダムパーク福岡(C)創通・サンライズ
映像内には「RX-93ff νガンダム」はもちろん、人気のモビルスーツが多数登場し、時間ごとに「スペースモニター」に登場するモビルスーツが異なるため、こだわりの音響とともに、さまざまなパターンの演出を楽しめる。
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
ガンプラの品ぞろえももちろん充実させ、実物大νガンダム立像をあらゆる角度から撮影し、設計図や各部位の資料も掲載したオリジナルフォトブックも登場する。
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ
「VS PARK WITH G」は、テレビのバラエティ番組のような体験ができる新感覚バラエティスポーツ施設「VS PARK」とガンダムシリーズがコラボレーションしたエリア。

「RX-93ff νガンダム」と10mの超短距離走で対決する「ニゲキル WITH G」、正面から迫りくるドムのジェットストリームアタックを左右に動いてよけまくる「ヨケキル WITH G」など人気の8種類のアクティビティが、「ガンダムパーク福岡」でしか体験できないガンダム仕様で登場する。

ほかにも、「VS PARK」初登場の回転するテーブル上にブロックを順番にうまく積み上げていく「ローリングタワー」など、友達や家族で楽しく体を動かして楽しめる全27種類のアクティビティが集結。

そして、4月末開業予定のアミューズメントエリア「namco ららぽーと福岡店」では、「RX-78-2ガンダム」をイメージしたカラーの内装に加え、ガンダムシリーズの人気キャラクター「ハロ」や、1/100スケールの「フィン・ファンネル」の照明といったインテリアを施した空間に、「ガンダムパーク福岡専用太鼓の達人」などのゲーム機を設置する。
ガンダムアーケードコーナー(C)創通・サンライズ
ガンダムアーケードコーナー(C)創通・サンライズ
エリア一角に、『機動戦士ガンダム』のアーケードゲームだけを集めたガンダムアーケードコーナーも開設。

「機動戦士ガンダム 戦場の絆II」「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2 クロスブースト」「機動戦士ガンダムアーセナルベース」及び、レトロなガンダムのアーケードゲームを設置するほか、ゲーム体験会の実施や、店舗間のオンライン対決、スタッフによるコーチングなどを通じて、「学ぶ、鍛錬する、交流する」という3つのリアル体験を提供する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」概要



所在地:福岡市博多区那珂6丁目23-1他
交通:JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分/西鉄天神大牟田線「大橋」駅から直行バス
敷地面積:約86,600平米
店舗数:222店舗
営業時間:物販・サービス:10:00~21:00
フードコート・レストラン:11:00~22:00
※最終営業時間は店舗により異なる

情報:三井不動産

【Not Sponsored 記事】
三井ショッピングパーク ららぽーと福岡/画像提供:三井不動産

関連リンク

Page Top