女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

豊島園駅がハリポタ“ホグズミード駅”イメージし改装、池袋駅はロンドン意識

西武鉄道は、「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」の2023年開業(予定)に向けて、池袋駅および豊島園駅を2023年春を目途にリニューアルする。

「ハリー・ポッター」スタジオツアー施設開業に向け2駅を改装



豊島園駅ホーム改修イメージ/画像提供:西武鉄道
豊島園駅ホーム改修イメージ/画像提供:西武鉄道
今回のリニューアルでは、ロンドンに次いで世界で2番目の開設となる体験型エンターテイメント施設「スタジオツアー東京」への玄関口となる池袋駅と最寄り駅の豊島園駅をゲストの期待感・高揚感を高める空間へと改装。
池袋駅1番ホーム(降車ホーム)イメージ/画像提供:西武鉄道
池袋駅1番ホーム(降車ホーム)イメージ/画像提供:西武鉄道
池袋駅2番ホーム(乗車ホーム)イメージ/画像提供:西武鉄道
池袋駅2番ホーム(乗車ホーム)イメージ/画像提供:西武鉄道
まず池袋駅は、英国・ロンドンに実在する「キングスクロス駅」を参考に、豊島園行きが主に発着する1・2番ホームを改修。フィルム・メイキング(映画製作)の魅力を堪能できるスタジオツアー東京への期待感を醸成するような意匠とする。

そして「スタジオツアー東京」の最寄り駅となる豊島園駅は、ホグワーツ魔法魔術学校への「ホグズミード駅」を彷彿とさせる赤を基調としたデザインに。ホームに降り立った瞬間から、映画の世界をより身近に感じられるよう改修する。
池袋駅地下から2番ホームへの階段イメージ/画像提供:西武鉄道
池袋駅地下から2番ホームへの階段イメージ/画像提供:西武鉄道
また、2020年に閉園した「としまえん」で使用されていたベンチや電話ボックス、模型列車の機関車をリメイクして設置するほか、既存駅舎の駅前広場側に新駅舎を整備。駅前広場もリニューアルする。

「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京 ‐メイキング・オブ ハリー・ポッター」とは



「スタジオツアー東京」は、「ハリー・ポッター」や「ファンタスティック・ビースト」シリーズの舞台裏へとゲストを誘い、映画美術のセットや体験アクティビティなどを通じて、魔法に満ちた1日を用意する体験型エンターテインメント施設。

施設内では映画で使用された本物の衣装や小道具を展示。「ハリー・ポッター」シリーズの制作チームによって設計された、有名なシーンのセットの数々を探索することができる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

情報:西武鉄道

【Not Sponsored 記事】
豊島園駅ホーム改修イメージ/画像提供:西武鉄道

関連リンク

Page Top