女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「鈴木敏夫とジブリ展」東京・寺田倉庫で、目玉は「千と千尋の神隠し」大空間&巨大本棚

「鈴木敏夫とジブリ展」が、東京・寺田倉庫にて2022年7月1日(金)~9月7日(水)まで開催。続く京都展も2022年4月23日(土)~6月19日(日)、京都文化博物館にて開催が決定している。

ジブリファン必見の展覧会が大幅増量バージョンで再び



(C)TS (C)Studio Ghibli ※イメージ図
(C)TS (C)Studio Ghibli ※イメージ図
2019年に東京・神田明神で開催され、好評を博した「鈴木敏夫とジブリ展」。長崎、京都を経て、今回3年ぶりに、展示品を大幅に増やし、内容をバージョンアップして東京に帰ってくる。
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫(提供画像)
スタジオジブリ・プロデューサー鈴木敏夫(提供画像)
本展では、鈴木プロデューサーが子供時代から影響を受けた様々な映画、本、漫画、音楽等の中から、特に本と漫画にスポットを当て、名著の数々が自身の思考術へどうつながっていったのかを探る。
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
(C)TS (C)Studio Ghibli
8,800冊もの作品が並ぶ圧巻の巨大本棚は、れんが屋と呼ばれる鈴木プロデューサーの隠れ家をもとに構成。まるでれんが屋に迷い込んだような空間は、本好きのみならず、観る者の好奇心を刺激してくれるよう。スタジオジブリ誕生、そして作品作りへつながる秘密を体感することができる。

「千と千尋の神隠し」の世界観を再現した大型空間



また2022年は東京会場限定で、宮﨑駿監督の「千と千尋の神隠し」(2001年)に登場する湯屋「油屋」(あぶらや)をモチーフにした大型空間が登場。オオトリさまがゆったりくつろぎ、作品の世界観を感じられる空間を再現する。
滝沢カレン(提供画像)
滝沢カレン(提供画像)
講談師 六代目 神田伯山 (提供画像)
講談師 六代目 神田伯山 (提供画像)
なお展覧会アンバサダーは、鈴木プロデューサーがファンだと公言する滝沢カレンが、音声ガイドは、鈴木プロデューサーが交流を持ち、講談の上手さを絶賛する神田伯山が務める。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「鈴木敏夫とジブリ展」



日程:2022年7月1日(金)~9月7日(水)
会場:東京・天王洲寺田倉庫B&C HALL/E HALL
チケット:一般・大学生:1,800円(税込) 中・高校生:1,500円(税込) 小学生:1,100円(税込)
※チケットは日時指定、4月発売予定。

【Not Sponsored 記事】
(C)TS (C)Studio Ghibli ※イメージ図

関連リンク

Page Top