女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

クラシカルな魅力にときめく日光へ!女子旅したくなる観光スポット7選

東京から車で2時間ほどで着く栃木県日光市は、歴史ある場所から写真映えするスポットやおしゃれなカフェも多数あり、女子旅にも人気の行き先。温泉でゆっくり過ごす1泊2日の旅行にもぴったりの場所です。

日光は栃木県内の市区町村で最も総面積が大きく、魅力ある観光スポットや飲食店が多く行きたい場所をすべてまわろうとすると移動が大変ですが、今話題の「MaaS」を利用すれば移動も楽にできます。

「MaaS」とは、ひとつのサイトで複数の移動サービス検索や予約、決算ができるサービスのこと。そんな便利なツールの日光バージョン「NIKKO MaaS(日光マース)」が2021年10月よりデビューしました。今回は「NIKKO MaaS」を利用しながら、クラシカルな日光を楽しめるおすすめスポット7選をご紹介します。

昔ながらの日本が感じられる「日光田母沢(たもざわ)御用邸記念公園」



クラシカルな魅力にときめく日光へ!女子旅したくなる観光スポット7選(C)モデルプレス
クラシカルな魅力にときめく日光へ!女子旅したくなる観光スポット7選(C)モデルプレス
国の重要文化財として指定されている日光田母沢御用邸記念公園は、大正天皇がご静養のため利用されていた建物があり、遥か昔の日本へタイムスリップしてしまった気分に浸れるスポット。歴史ある和の雰囲気がとても素敵で、結婚式の前撮りなどに利用されることも。
天皇や皇太子もお気に入りだった庭園は神秘的な空間(C)モデルプレス
天皇や皇太子もお気に入りだった庭園は神秘的な空間(C)モデルプレス
庭園は樹齢400年の枝垂れ桜があり春は桜が咲き誇り、秋はモミジ、カエデを中心に紅葉を楽しむことができます。
トヨタの超小型車でかわいい電気自動車「C+pod」(C)モデルプレス
トヨタの超小型車でかわいい電気自動車「C+pod」(C)モデルプレス
日光田母沢御用邸記念公園は最寄駅の「東武日光駅」から約3kmあるため、車で移動するのが便利です。

東武日光駅前にはカーシェアができるスポットがあるため「NIKKO MaaS」を使えば楽にレンタルできます。女性に人気の電気自動車「C+pod」は小型なので小回りもよく、女子旅にはピッタリです。

■日光田母沢御用邸記念公園
住所:栃木県日光市本町8-27
営業時間:4月~10月 9:00~17:00(受付は16:00まで)、11月~3月 9:00~16:30(受付は15:45まで)
休園日:毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~1月1日)
電話番号:0288-53-6767

レトロな古民家カフェで手作りデザートを満喫「日光珈琲 御用邸通」



おしゃれな古民家カフェは外観もかわいい(C)モデルプレス
おしゃれな古民家カフェは外観もかわいい(C)モデルプレス
元々粉物を扱っていたお店を改装して、古民家カフェとしてオープンした日光珈琲 御用邸通。住宅街にあるため雰囲気は落ち着いていて、ほっとできる場所です。冬の日光は寒いですが、店内は暖かいので冷たい飲み物やスイーツも季節を問わず美味しく頂けます。
 木苺ソーダ単品¥660(税込)スコーン2種(プレーンととちおとめ)/ケーキプレート(ドリンク付)¥1,320(税込)(C)モデルプレス
木苺ソーダ単品¥660(税込)スコーン2種(プレーンととちおとめ)/ケーキプレート(ドリンク付)¥1,320(税込)(C)モデルプレス
スイーツのおすすめは「キャラメルシフォンケーキ」と「スコーン2種」。シフォンケーキは甘さ控えめで、甘いのが苦手な方も食べやすいです。スコーンは栃木産いちご(とちおとめ)とクリームチーズの2種類楽しめるのでシェアしながら食べるのもいいですね。
NIKKO MaaSを利用して東武バスに乗車中(C)モデルプレス
NIKKO MaaSを利用して東武バスに乗車中(C)モデルプレス
最寄駅の「JR日光駅」から少し離れているときはバスを利用するのが便利です。「NIKKO MaaS」のデジタルフリーパスを利用するとフリーパス該当区間をスマホ1つで乗り降り自由でラクラク。お得に利用できますよ。

旅ナカでの移動がスムーズになる「NIKKO MaaS」を詳しく>


■日光珈琲 御用邸通
住所:栃木県日光市本町3-13
営業時間:11:00~18:00(17:00 L.O.)
休園日:月曜日・第1、3火曜日(祝日の際は翌日)
電話番号:0288-53-2335

遊覧船とサイクリングでのんびり「中禅寺湖」を満喫



男体山が間近で見れる遊覧船は観光客に人気(提供画像)
男体山が間近で見れる遊覧船は観光客に人気(提供画像)
栃木県で最も有名な湖・中禅寺湖では、4月中旬~11月末までの期間で運航する遊覧船がおすすめ。湖から見渡す風景は絶景で、奥日光や男体山などを間近で見ることができます。

特に近くから見る男体山は圧巻!遊覧船の乗り場は「船の駅中禅寺」から乗ることができます。近くには駐車場もあるので車の利用が便利です。
広い中禅寺湖を探索するには自転車を利用するのが便利!(C)モデルプレス
広い中禅寺湖を探索するには自転車を利用するのが便利!(C)モデルプレス
中禅寺湖はサイクリングもおすすめです。湖の周りを自転車で走りながら写真映えするスポットを探すのもいいですね。
NIKKO MaaSを利用するとシェアサイクルの手続きも楽々できちゃう(C)モデルプレス
NIKKO MaaSを利用するとシェアサイクルの手続きも楽々できちゃう(C)モデルプレス
近くの「自然博物館」にはシェアサイクルサービスがあるため、「NIKKO MaaS」を利用すると楽に借りられます。

■中禅寺湖遊覧船
住所:栃木県日光市中宮祠2478
営業期間:4月中旬~11月末
営業時間:9:00~17:00
電話番号:0288-55-0360

テラス席から眺める中禅寺湖が完璧すぎる「英国大使館別荘記念公園」



外観はスタイリッシュでおしゃれな造り(提供画像)
外観はスタイリッシュでおしゃれな造り(提供画像)
明治時代より国際避暑地として各国の大使館が日光に建てられました。現在の英国大使館別荘は、明治時代の英国の外交官として活躍をされたアーネスト・サトウさんが日光を気に入って建てた個人別荘を改修・復元して一般公開しているもの。
アーネスト・サトウや日光に関する資料の展示スペース(提供画像)
アーネスト・サトウや日光に関する資料の展示スペース(提供画像)
1階には展示スペースがあり、2階は英国文化交流が体験できるカフェスペースがあります。そこから見渡す自然豊かな中禅寺湖畔の風景は絶景。景色を見ながら英国大使館シェフが監修したスコーンと紅茶のセットを味わえます。
テラス席から眺める中禅寺湖は最高の絶景(提供画像)
テラス席から眺める中禅寺湖は最高の絶景(提供画像)
ソファーのテラス席は中禅寺湖のパノラマビューを正面に見渡す特等席。写真映えスポットとしても人気の場所なので、是非撮影がてら訪れてみてください。

■英国大使館別荘記念公園
住所:栃木県日光市中宮祠2482
営業時間:4月 9:00~16:00
5月~11月10日 9:00~17:00
11月11日~11月30日 9:00~16:00
休館日:12月~3月、4月は月曜日のみ
電話番号:0288-55-0880

ログハウス風の贅沢リゾートホテル「中禅寺金谷ホテル」



ジュニアスイートルームは広々していてゆったり過ごせます(提供画像)
ジュニアスイートルームは広々していてゆったり過ごせます(提供画像)
雄大な奥日光の自然のなかにひっそりと佇む中禅寺金谷ホテル。中禅寺湖のほとりに面し、客室やレストランのどこからも目に入るみずならの樹林に心癒されます。

ログハウス風の建物は日本人だけではなく、外国人の方も親しみがある造りになっていて室内も洋室風。全ての客室にデッキやバルコニーが付いていて開放感があります。

雪景色の露天風呂は神秘的で綺麗(提供画像)
雪景色の露天風呂は神秘的で綺麗(提供画像)
中禅寺金谷ホテルの1番の魅力は「温泉露天風呂 空ぶろ」です。泉質は白く濁った濃厚な硫黄泉で、露天風呂からは昼は大自然の景色が楽しめて、夜に入ると星空がきらめき、最高の贅沢が味わえます。
1階部屋のバルコニーは緑に囲まれていて、大自然が感じらます(提供画像)
1階部屋のバルコニーは緑に囲まれていて、大自然が感じらます(提供画像)
アクセスはJR東武日光駅から車で1時間ほどかかる距離にあるため、車での移動がおすすめです。

■中禅寺金谷ホテル
住所:栃木県日光市中宮祠2482
営業時間:IN15:00/OUT11:00
電話番号:0288-51-0001

四季で異なる雰囲気が楽しめる滝を眺め茶屋で休憩しよう「竜頭滝&龍頭之茶屋」



龍の頭に見えると噂の滝は迫力があって神秘的です(C)モデルプレス
龍の頭に見えると噂の滝は迫力があって神秘的です(C)モデルプレス
竜頭滝(りゅうずのたき)は、滝つぼにある大きな岩が竜の頭のようで、ふたつに分かれた滝が竜のひげに見えることからその名で呼ばれるようなりました。

竜頭滝は春夏秋冬で違う雰囲気が漂い、春夏の鮮やかな緑、秋は赤と黄色の紅葉、冬は真っ白な雪景色が楽しめます。奥日光三名瀑の一つとしても有名です。
たくさんの岩の上を勢いよく流れる滝が間近で見られるおすすめスポットです(C)モデルプレス
たくさんの岩の上を勢いよく流れる滝が間近で見られるおすすめスポットです(C)モデルプレス
茶屋の横には「竜頭の橋」まで登れる遊歩道があり、階段で登っていくと滝の写真映えスポットが現れます。
ヤシオの豚丼¥950(税込)施無畏だんご[みたらし]¥400(税込)おぞう煮 ¥600(税込)(C)モデルプレス
ヤシオの豚丼¥950(税込)施無畏だんご[みたらし]¥400(税込)おぞう煮 ¥600(税込)(C)モデルプレス
階段で疲れた体を癒してくれるのは、滝の目の前にある龍頭之茶屋。冬のおすすめは「おぞう煮」と「施無畏だんご(みたらし)」です。おぞう煮は冷えた体を温めてくれるので、寒い日に食べたい一品。お団子も柔らかくて小腹がすいた時にピッタリです。ガッツリ系が好きな方は「ヤシオの豚丼」もおすすめ。

旅先での移動がスムーズに!「NIKKO MaaS」の上手な活用方法


■竜頭滝
住所:栃木県日光市中宮祠2485
電話番号:0288-22-1525(日光市観光協会)

■龍頭之茶屋
住所:栃木県日光市中宮祠2485
営業時間:12月~4月 10:00~16:00
定休日:平日不定休
電話番号:0288-55-0157

宝石のようなチョコレート「TENTO chocolate」



80年以上の歴史を持つ日昇堂は、日光ラスクやきんつばなど色々な種類のお菓子を扱っている老舗和菓子屋。
宝石のように輝く美しいチョコレートが綺麗に並んでいる様(提供画像)
宝石のように輝く美しいチョコレートが綺麗に並んでいる様(提供画像)
2019年より日昇堂からチョコレートブランドTENTO chocolateがデビュー。新しくチョコレートラインが販売されることになりました。見た目が宝石のようにかわいくて、味も美味しいので女性を中心にとても人気があります。
TENTO 5個 ¥1,998(税込)(提供画像)
TENTO 5個 ¥1,998(税込)(提供画像)
「TENTO」シリーズは宝石の輝きがあるチョコレートです。パッションフルーツやゆずなど全部で5種類の味が楽しめます。バラ売りもしていますが、5種類セットでも販売しているので、初めて食べる方はこちらがおすすめです。

ANN 4個 ¥1,296(税込)(提供画像)
ANN 4個 ¥1,296(税込)(提供画像)
「ANN」と「YOUKAN」はあんこ×チョコレートの組み合わせが斬新で、年齢問わず人気があります。是非お土産に選んでみてはいかがでしょうか。

■TENTO chocolate
住所:栃木県日光市上鉢石町1038-1
営業時間:11:00~16:00
定休日:不定休
電話番号:0288-53-0534

交通に楽々便利な「NIKKO MaaS」をご紹介



日光や鬼怒川は観光スポットがとても多く移動が大変ですが、今回道中で活用した「NIKKO MaaS」があればスマホひとつで楽々解決できます。

「NIKKO MaaS」とは、日光地域での鉄道・バスをセットにしたお得なデジタル限定フリーパスのほか、EV(電気自動車)・プラグインハイブリッド車(PHV)カーシェアリングやシェアサイクル、EVバス(低公害バス)等の移動手段、観光施設等の入場チケット、体験型のネイチャーアクティビティ等を「NIKKO MaaS WEBサイト」からワンストップで検索・購入・利用できるサービスのこと。
実際にNIKKO MaaSを利用している様子(C)モデルプレス
実際にNIKKO MaaSを利用している様子(C)モデルプレス
スマートフォン1台あれば使いこなせて、日光・鬼怒川エリアの周遊観光をぐっとスムーズにしてくれる、これからの日光旅に欠かせないサービスです。

車・自転車のレンタルが事前に予約できて、バスはお得に利用できるデジタルパスが使用可能になります。
「NIKKO MaaS」は交通だけではなく、観光地スポットの入場チケットも事前に購入できるため、目的のスポット到着後の入場がスムーズになり、旅先での貴重な時間の短縮にもなりますね。

カーシェアとシェアサイクリングが便利



カーシェアできるトヨタの超小型車「C+pod」(C)モデルプレス
カーシェアできるトヨタの超小型車「C+pod」(C)モデルプレス
お酒を飲む女子旅の場合はバスが便利ですが、飲まない場合はカーシェアがおすすめです。「NIKKO MaaS」を使えば、まだ一般販売されていないEV・PHVにも乗ることができます。2名の女子旅の場合はトヨタ超小型車「C+pod」が運転しやすく、見た目もキュート。

また、シェアサイクリングは日光・鬼怒川の各地に設置されていて観光スポットでサイクリングが楽しめます。晴れている時のサイクリングは風が気持ちよく気分良く楽しめそう。ただ、冬は少し寒いので寒さ対策は必須です。

デジタルフリーパス購入者にはうれしい特典付き



「NIKKO MaaS」の協賛店は、デジタルフリーパス購入者限定で特典があります。特典内容は各店舗によって異なりますが、オプションが無料で受けられたり、プレゼントが貰えるようですよ。

協賛店は、お店の入り口付近に「NIKKO MaaS」のステッカーが貼ってありますので、是非チェックしてみてください。

「NIKKO MaaS」はクレジットカード決済にも対応しているので、キャッシュレスで身軽に移動できるのが嬉しいポイントですね。シェアカーを利用すると、1日で何箇所も効率よく観光ができて、気になるお店もたくさんまわれます。

日光の冬はとても寒いですが、空気も澄んでいて雪景色がとても綺麗です。関東圏内で大自然が体験できるので、是非次の休みは日光を旅してみてはいかがでしょうか。(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:JTB宇都宮支店

※新型コロナウイルスの影響により、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。ご利用の際には、最新情報の確認と、感染拡大の防止にご配慮いただけますようお願いいたします。
※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

関連リンク

クラシカルな魅力にときめく日光へ!女子旅したくなる観光スポット7選(C)モデルプレス
Page Top