女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

横浜赤レンガ倉庫で「鍋小屋 2022」水炊きやもつ鍋…多彩な12店舗を“はしご鍋”

横浜赤レンガ倉庫では、日本各地のご当地鍋と地酒を堪能できる冬の恒例イベント「鍋小屋 2022」を、2022年1月8日(土)~2月6日(日)の計30日間に渡り開催する。

鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫

熱々の鍋を囲む冬のフードフェスティバル



鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
「鍋小屋」は、寒さが厳しい季節に、横浜赤レンガ倉庫と海が見える開放的な空間で熱々の鍋を囲み、来場者同士の交友を深めてもらいたいという想いから生まれた冬のフードフェスティバル。今年は、さっぱりとがっつりの両方が味わえるよう、全国から厳選された鍋料理を扱う12店舗が集結。

鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
6回目の開催となる今年は、横浜市中央卸売市場の協力のもと、出来立ての蒸し牡蠣や焼きホタテを味わうことのできる「海鮮食堂」が初登場。各地の日本酒やシメにぴったりの和スイーツ、そして子どもが喜ぶ昔懐かしい「縁日」のコーナーも設置され、幅広い世代が楽しめる空間となる。

自分好みの鍋料理で団欒



鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
さっぱり系からは「地鶏コラーゲン水炊き」や「秋田名物!本場きりたんぽ鍋」といった鶏ベースの本格・定番鍋から、肉のうま味をあっさりめのスープが引き立てる「イベリコ豚の塩麹鍋」、「ほっかほかラム生姜鍋」などユニークな味わいまで幅広くラインナップ。
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫
がっつり系には、醤油ベースにもつと野菜のうま味が溶け合う「博多もつ鍋」を筆頭に、アゴ出汁と濃厚味噌のスープが特徴の魚介鍋の代表格「活き〆あんこう鍋」、地元のブランド牛を使った「茨城常陸牛すき焼き鍋」など、思わず目移りしてしまいそうな個性豊かなご当地鍋の数々が勢揃い。

小ぶりな一杯鍋サイズのため、色々な味わいを食べ比べて、一度に各地の味覚を楽しむことができる、横浜赤レンガ倉庫ならではの至福の“はしご鍋”を楽しんでみては。(女子旅プレス/modelpress編集部)

鍋小屋 2022概要



期間:2022年1月8日(土)~2月6日(日)の計30日間(雨天決行、荒天時は休業する場合あり)
時間:平日12:00~21:00、土日11:00~21:00※ラストオーダー20:30
場所:神奈川県横浜市中区新港1-1横浜赤レンガ倉庫イベント広場
入場料:無料(飲食・物販代は別途)

情報:横浜赤レンガ倉庫

【Not Sponsored 記事】
鍋小屋 2022/画像提供:横浜赤レンガ倉庫

関連リンク

Page Top