女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

帝国ホテル 東京、2036年完成予定の新本館イメージ公開 “東洋の宝石”がコンセプト

帝国ホテルは、2036年に完成予定の帝国ホテル 東京 新本館の完成イメージを公開した。

「田根剛氏による帝国ホテル 東京 新本館イメージパース」※検討段階のものであり今後行政協議等により変更となる可能性があります/Image:Atelier Tsuyoshi Tane Architects
「田根剛氏による帝国ホテル 東京 新本館イメージパース」※検討段階のものであり今後行政協議等により変更となる可能性があります/Image:Atelier Tsuyoshi Tane Architects
今回の4代目新本館建築計画では、フランス在住の建築家・田根剛氏のデザインを採用。コンセプトは「東洋の宝石」。

明るいベージュトーンを基調に、低層階より階段状に積み重なるような形状が特徴的で、賓客を迎え入れる「宮殿」の構えと、人類の進歩の証である「塔」を融合した、唯一無二かつ新しい迎賓館にふさわしいデザインとした。

“メイド・イン・ジャパン”ホテルの中心的存在・帝国ホテル



帝国ホテルは、1890年(明治23年)、海外貴賓をもてなす迎賓館の役割を担い、初代会長である渋沢栄一の「社会の要請に応え、貢献する」という信念とともに開業。

近代建築家のフランク・ロイド・ライトにより設計され、1923(大正12)年に開業した2代目本館は、通称「ライト館」と呼ばれた。3代目となる現在の本館は、1970(昭和45)年の大阪万博に完成。現在に至るまで、それぞれの時代ごとに姿を変えつつ「メイド・イン・ジャパン」のホテルの中心的存在であり続けてきた。(女子旅プレス/modelpress編集部)

情報:帝国ホテル

【Not Sponsored 記事】
「田根剛氏による帝国ホテル 東京 新本館イメージパース」※検討段階のものであり今後行政協議等により変更となる可能性があります/Image:Atelier Tsuyoshi Tane Architects

関連リンク

Page Top