女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

お台場「チームラボ ボーダレス」新作アート加わりリニューアル

東京・お台場パレットタウンのデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」では、2021年7月15日(木)より「運動の森」や「光の彫刻空間」などが大規模リニューアルする。

チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ

「チームラボ ボーダレス」のアート体験が更に拡張



タイフーンの上のエアリアルクライミング/画像提供:チームラボ
タイフーンの上のエアリアルクライミング/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
リニューアルにあたり、全身を使って体験できる「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」がコンセプトの「運動の森」には、新たに4作品が登場。ロープで吊られた、空中に浮かぶ棒を落ちないように渡っていくことで、作品空間が変化していく<タイフーンの上のエアリアルクライミング>、飛石を踏むことで美しい音や色彩が空間に広がる<インビジブルな世界のバランス飛石>、水に浮かんだ記号の上を跳ぶことで魚や蝶、鳥が生まれる<弾む水の天才ケンケンパ>、高低差のある立体的な地形の大地が、人々の動きによって、うごめく<鼓動する大地>が登場する。

チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
光の線の集合による彫刻に身体を没入する「光の彫刻空間」では、新たに5作品<Chromatic Light Wall - Pass Through>、<Nucleus of Life>、<Aurora Lights II>、<Revolving Tunnel>、<Polyhedron>が加わり、光でできた空間や立体物が、身体を包み込み、身体を没入させていく体験が、更に拡張した。
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ
さらに「Borderless World」にも新たな作品が加わり、空間もより巨大に拡張されるほか、自分が描いた絵がグッズになり、思い出を持ち帰ることができる「お絵かきファクトリー」も新設され、10,000平米の複雑で立体的な「地図のないミュージアム」での体験がこれまで以上に広がる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス(MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless)



住所:東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
料金:大人(高校生以上)3,200円、障がい者割引 1,600円、子ども(中学生以下)1,000円
※3才以下は無料

情報:チームラボ

【Not Sponsored 記事】
チームラボボーダレス/画像提供:チームラボ

関連リンク

Page Top