女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

沖縄「DMMかりゆし水族館」3エリアをリニューアル、沖縄の海の美しさに浸る新展示

沖縄県豊見城市の「DMMかりゆし水族館」では開業1周年を機に、光・音・映像の空間演出で3つのエリアを2021年7月17日(土)よりリニューアルする。

DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com

美しい海の世界を体感する新コンテンツ



本リニューアルでは、光に満ちあふれた沖縄のさまざまな情景やティールブルーに染まった沖縄の美しい海の雰囲気、そして力強く迫力ある生き物の動きとカメラワークをリニューアルの主なテーマとし、新しいコンテンツを制作展示。
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
まず、はいさいゲートでは、沖縄の朝・昼・夕方・夜の時間帯によって表情を変える沖縄の自然を舞台に、空・海・陸とさまざまな場所で見られる「光」にフォーカス。沖縄の離島での水中撮影やドローン撮影による迫力ある映像と、沖縄で収録した効果音と賑やかな音楽が一体となったサラウンド音響による、魅力あふれる沖縄の情景を大型スクリーン上で体験できる。
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
5枚のアクリルパネルに投影する巨大なバーチャル水槽「バーチャルあしびなー」では3つの新しいコンテンツを公開。アオアシカツオドリやアオアシカツオドリの臨場感ある狩りのシーン、どこまでも見通せるような美しいティールブルーの波を、高精密なCGや高度な物理シミュレーションを駆使した迫力ある映像で仕上げた。
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com
巨大な円柱水槽と大型の光の柱が織りなす幻想的な空間「クラゲよんなー」では、夏季シーズンに合わせて新たな演出を9月30日(木)まで限定公開。沖縄の深い海を舞台に、冷え切った海に閉ざされた氷が融解していく様子、ティールブルーの海に木々が揺らめき、色とりどりの花が咲く様子など、光と音による空想的な世界が繰り広げられる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「DMMかりゆし水族館」展示詳細


DMMかりゆし水族館 概要



住所:沖縄県豊見城市豊崎3-35(イーアス沖縄豊崎内)
交通:那覇空港からタクシー・車で約20分

入館料金



大人18歳以上2,400円
中人13歳~17歳2,000円
小人4歳~12歳1,500円
※3歳以下は無料

情報:DMM.com

【Not Sponsored 記事】
DMMかりゆし水族館/画像提供:DMM.com

関連リンク

Page Top