女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

東京・豊洲「チームラボプラネッツ」13,000株超えのランの花々と一体化する新作アート公開

東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO」が、2021年7月2日(金)から拡張され、Garden Area(2つの庭園作品)が新たに誕生する。

チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
開業3周年を迎えるにあたり、新たに2つの庭園作品「Floating Flower Garden:花と我と同根、庭と我と一体」「呼応する小宇宙の苔庭 - 固形化された光の色,Sunrise and Sunset」が公開。「チームラボプラネッツ」が、巨大な4つの作品空間と2つの庭園など、計9作品による“水に入るミュージアムと花と一体化する庭園”となる。
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
新作のひとつ「Floating Flower Garden」は、空中に咲く、13,000株を超える生きたランの花々に埋没し、花と一体化する庭園。
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
花は人がいる場所では、上に上がっていき、人がいなくなればまた下がっていく。空間は花々で埋め尽くされているが、花が上がっていくことで、人がいる場所に空間が生まれる。そのため、人々は、花で埋め尽くされた立体の塊の中を、自由な方向にゆっくりと歩き回ることができる。花々で立体的に埋め尽くされた、まるで花の塊のような作品空間は、朝昼夜で香りが刻々と変わっていく。
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ
もうひとつの「呼応する小宇宙の苔庭」は、人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ光輝く卵形の彫刻群が広がる苔庭。

苔庭に林立するメタリック素材の卵形体のモニュメントは日の出と共に、人に押されたり、風に吹かれたりして刺激を受けると、音色を響かせ、その周辺のモニュメントにも次々に呼応し、同じ音色を響かせながら連続していく。日の入り後は、音色だけでなく、その音色特有の光を輝かせ、次々と互いに伝播していく。(女子旅プレス/modelpress編集部)

チームラボ プラネッツ TOKYO概要



住所:東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO

情報:チームラボ


【Not Sponsored 記事】
チームラボプラネッツ/画像提供:チームラボ

関連リンク

Page Top