女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」ブランチ&お酒も飲める公園内カフェ

ブルーボトルコーヒーでは、ブランドとして世界初の公園内カフェとなる「ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ」を、東京・渋谷区立北谷公園内にオープン。店舗は2階建てで、看板のスペシャルティコーヒー、デザートに加え、初となるアペタイザーとナチュールワインも提供する。

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard

ブルーボトルコーヒー初となる公園内カフェ



ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
渋谷駅から代々木公園に向かって歩く公園通りから一本入った場所にある渋谷区が有する北谷公園。その北谷公園内に唯一存在する商業施設である渋谷カフェは、地上2階建ての店舗に、大きなコーヒーカウンターや外気に触れながら寛げる屋外ベンチも設置。
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard
1階の座席はカウンターでバリスタがコーヒーを淹れる様子や外の公園を見ながら滞在できるようハイカウンターとローカウンターを設け、2階にはカーテンで区切ることのできる床のレベルを落としたソファエリア、楕円形のダイニングテーブル、図書館のようなライトで手元を優しく照らしてくれるハイテーブルに加え、タイルによる大きなローテーブルを囲んだソファエリアと、各々の時間を過ごせる多彩なタイプの客席を設けている。
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/MASAAKI INOUE
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/MASAAKI INOUE
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/MASAAKI INOUE
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/MASAAKI INOUE

朝のコーヒータイムにもアペリティフにも



渋谷カフェでは、バリスタが丁寧に淹れるスペシャルティコーヒーはもちろんのこと、ブランチからバーメニューまで幅広く展開。コーヒーをテイクアウトして神南・宇田川エリアを散策したり、ワインとブランチプレートで屋外シートでゆっくりとブランチ、仕事後に楽しむペールエールとアペタイザーなど、1日を通してさまざまなシーンでの利用を想定した空間デザイン・メニューを採用。
ブランチプレート850円/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
ブランチプレート850円/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
もっちりとしたワッフルを主役に、旬のグリーンとプロシュートをのせたフレッシュなサラダと平飼い卵の半熟卵をのせたブランチプレート、渋谷カフェに使用されているタイルをイメージした色合いとサイズが特徴の「ブリック チーズケーキ」や口の中でスッととろける「パブロヴァ」といったデザートメニュー、そして国内のブルーボトルコーヒーカフェでは初めてとなるナチュールワインを提供。
ブリック チーズケーキ550円、パブロヴァ650円/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
ブリック チーズケーキ550円、パブロヴァ650円/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
ナチュラルワイン(アペタイザー提供時間 17:00~22:00)/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
ナチュラルワイン(アペタイザー提供時間 17:00~22:00)/画像提供:ブルーボトルコーヒージャパン
その他、ブルーボトルコーヒーが日本のブリュワリーと共同開発した「ブルーボトルコーヒー ペールエール」や17時以降はアペタイザーも用意し、1日のはじまりから終わりまで、あらゆる時間帯やニーズに合わせて好きに利用できる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ



住所:東京都渋谷区神南1-7-3 渋谷区立北谷公園内
営業時間:8:00~22:00
アクセス:JR線渋谷駅から徒歩7分
店内席数1F:10席、2F:33席、屋外ベンチ(1、2名がけ)12台予定

情報:ブルーボトルコーヒージャパン

【Not Sponsored 記事】
ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ/Ben Richard

関連リンク

Page Top