女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

広島に新旅館「アズミ 瀬戸田」開業、銭湯サウナ付き別棟「ユブネ」も誕生

アマン創業者のエイドリアン・ゼッカ氏による新旅館「アズミ 瀬戸田(Azumi Setoda)」が2021年3月1日、広島県尾道市に開業。別棟として「ユブネ(yubune)」も同時に開業する。

「Azumi Setoda」ベッドルーム (Photo Tomohiro Sakashita)
「Azumi Setoda」ベッドルーム (Photo Tomohiro Sakashita)

瀬戸田の重要建築物を改装した新旅館「アズミ」



心地よい潮風と奥深い自然が重なる、瀬戸田の風景 (Photo Max Houtzager)
心地よい潮風と奥深い自然が重なる、瀬戸田の風景 (Photo Max Houtzager)
(提供画像)
(提供画像)
「アズミ 瀬戸田」は、瀬戸内海のしまなみ海道沿いにある人口8,000人の瀬戸田(生口島)に位置。心地よい潮風が漂い、青い海と色鮮やかな樹木や柑橘類に包まれるこの美しい島にあった築140年にもなる「旧堀内邸」を活用し、日本旅館の伝統的な要素と革新性を兼ね備えた旅館として生まれ変わらせる。
雪見障子から坪庭を見る (Photo Tomohiro Sakashita)
雪見障子から坪庭を見る (Photo Tomohiro Sakashita)
各客間ごとに設計されている坪庭 (Photo Tomohiro Sakashita)
各客間ごとに設計されている坪庭 (Photo Tomohiro Sakashita)
(提供画像)
(提供画像)
「Azumi Setoda」ディナーメニューの一例 Photo Max Houtzager
「Azumi Setoda」ディナーメニューの一例 Photo Max Houtzager
「Azumi Setoda」東屋(あずまや) Photo Tomohiro Sakashita
「Azumi Setoda」東屋(あずまや) Photo Tomohiro Sakashita
50平米~70平米の計22室の客室に加え、庭園、あずまや、レストラン、バー、ラウンジ、ショップ等で構成。敷地内は、パブリックスペースとしてレセプションやメインダイニングが配され、プライベートスペースである客間に辿り着くまでに徐々にグラデーションのように静けさが重なっていくような変化を演出。
1階の各客間に設えられる坪庭(Photo Max Houtzager)
1階の各客間に設えられる坪庭(Photo Max Houtzager)
(提供画像)
(提供画像)
(提供画像)
(提供画像)
また、敷地中央に美しい庭園を配する一方で、各客室において、1階客室の雪見障子から見える凛とした坪庭や2階客室のバルコニーから見える景観といった、ひときわ日本の情緒を表現した風景も楽しめる。

別棟「ユブネ」も同時開業



(提供画像)
(提供画像)
さらに新築の別棟として、銭湯付帯型の宿泊施設「ユブネ」も同時に開業。男女別浴場およびサウナ、湯あがりラウンジ(yuagari)、最大2~4名で泊まれる14の客室が備わり、より機能的な側面を持つ”旅籠”として、地域と旅人に幅広く開かれる施設と位置づけられる。(女子旅プレス/modelpress編集部)
(提供画像)
(提供画像)
(提供画像)
(提供画像)

「アズミ 瀬戸田(Azumi Setoda)」概要



住所:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田269
価格帯:
Azumi Setoda:約65,000円(税・サ別、朝食込み)~
yubune:約20,000円(税・サ別)~

情報:Azumi Japan

【Not Sponsored 記事】
「Azumi Setoda」ベッドルーム (Photo Tomohiro Sakashita)

関連リンク

Page Top