女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

台湾茶専門店「シェアティー(Sharetea)」日本初上陸、新宿マルイに1号店

世界500店舗以上を展開する台湾発の人気ティードリンク店「シェアティー(Sharetea)」が日本初上陸。東京・新宿マルイ本館1Fに日本1号店を2020年8月20日(木)よりオープンする。

定番台湾茶5種(左から:鉄観音ティー・ブラックティー・四季ティー・ルビーティー・ウーロンティー)/画像提供:スシローグローバルホールディングス
定番台湾茶5種(左から:鉄観音ティー・ブラックティー・四季ティー・ルビーティー・ウーロンティー)/画像提供:スシローグローバルホールディングス

人気台湾茶専門店「シェアティー」とは



Sharetea/画像提供:スシローグローバルホールディングス
Sharetea/画像提供:スシローグローバルホールディングス
「シェアティー」は1992年の創業以来、国・地域ごとの好みに合わせてローカライズしたメニューを開発し、年間1億杯以上を売り上げる本格台湾茶の人気店。アジアをはじめ、アメリカやヨーロッパなど世界に500店舗以上を展開している。

Sharetea/画像提供:スシローグローバルホールディングス
Sharetea/画像提供:スシローグローバルホールディングス
ドリンクには台湾の主要の茶産地で自然栽培された茶葉を100%使用。お茶の旨味を最大限に引き出すために、専用のティーエスプレッソマシーンを導入し、お茶の種類ごとに抽出方法を変え、鮮度を落とさないようドリップしたてのものを提供している。
フルーツティー(左から:レモンモヒーティー・フルーツティー・グレープフルーツティー)/画像提供:スシローグローバルホールディングス
フルーツティー(左から:レモンモヒーティー・フルーツティー・グレープフルーツティー)/画像提供:スシローグローバルホールディングス
日本の店舗では「ちょっとの上質を、毎日の贅沢に。」をコンセプトに、定番台湾茶5種(四季、ウーロン、鉄観音、ブラック、ルビー)をはじめ、各茶葉ごとのティーラテ、レモンを丸ごと使ったレモンモヒーティー、パイナップルやりんごたっぷりでデザート感覚で飲めるフルーツティー、ルビーグレープフルーツの果肉を贅沢に入れたグレープフルーツティーなど、台湾茶の旨みを十分に感じられるティードリンクを様々なバリエーションで展開する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

シェアティー(Sharetea)店舗概要



所在地:新宿マルイ 本館(東京都新宿区新宿3丁目30-13)1F
TEL:03-3350-1011
営業時間:9:00~21:00
※オープン日(8月20日)のみ16:00オープン

情報:スシローグローバルホールディングス

【Not Sponsored 記事】
定番台湾茶5種(左から:鉄観音ティー・ブラックティー・四季ティー・ルビーティー・ウーロンティー)/画像提供:スシローグローバルホールディングス

関連リンク

Page Top