女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

自然風景に感動!いつか旅行で訪れたい北陸のおすすめ観光スポット

山と海に抱かれ、ダイナミックな海岸風景や独特の地形が織りなす棚田といった豊かな自然景観が広がる北陸エリア。特に立山連峰や三方五湖を望む絶景は旅好きならきっと一度は自分の目で見てみたいと思うはず。今回は、北陸3県(富山県、石川県、福井県)で自然景観に癒されるおすすめスポットをご紹介します。

能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構

レインボーライン 山頂公園



三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖周辺の壮大なパノラマビューを楽しめる福井県の人気観光スポット「レインボーライン山頂公園」。2020年4月を機に、趣向を凝らした5種類のテラスが新設され、よりフォトジェニックな魅力を増してリニューアル。
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
天空の足湯から神秘的な三方五湖や日本海の絶景を眺められる美浜テラス、お洒落な丸いソファーを配した五湖テラス、雄大な日本海の景観を眺めながらとびっきり美味しいコーヒーやレインボーソフトを味わえる屋外ウッドデッキテラスなど、至る所で絶景を楽しむ事の出来るくつろぎスポットです。
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
三方五湖に浮かぶ天空のテラス/画像提供:レインボーライン
■レインボーライン 山頂公園
住所:福井県三方上中郡若狭町気山18-2-2 レインボーライン山頂公園内
営業時間:9:00~17:00(季節・天候により変動)
アクセス:舞鶴若狭自動車道若狭三方ICから約20分
定休日:なし


輪島・白米千枚田



輪島・白米千枚田/画像提供:輪島市
輪島・白米千枚田/画像提供:輪島市
“日本三大朝市”のひとつ「輪島朝市」や「輪島塗」で知られる石川県能登半島の輪島市。海に面した輪島市ならではの日本国指定名勝「輪島・白米千枚田」は、輪島市を代表する景勝地です。

広い空と日本海の青さと、1,004枚もの小さな田んぼがなだらかな階段状に連なる緑とのコントラストが美しく、陽が落ちるにつれ、徐々に橙色に染まる光景も見もの。
輪島・白米千枚田/画像提供:輪島市
輪島・白米千枚田/画像提供:輪島市
例年冬になると期間限定で棚田全体をイルミネーションで輝かせる「あぜのきらめき」というイベントも開催され、独特な形状をした棚田のあぜがLEDライトで縁取られ、地上に光にアートが浮かび上がります。

■輪島・白米千枚田
住所:石川県輪島市白米町八部99-5(道の駅 千枚田ポケットパーク)
千枚田レストハウスの駐車場に車を停めて白米千枚田を一望できます。(電話番号:0768-34-1242)

能登半島国定公園



能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
石川県・富山県の2つの県をまたぐ国定公園「能登半島国定公園」は、独特の地形を成す海岸線を主体とする公園で、日本海側の“外浦”と富山湾側の“内浦”でそれぞれ異なる景観が広がるスポット。

能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
素晴らしい海岸景観が魅力の公園内にある雨晴海岸(あまはらしかいがん)では、天候に恵まれた場合のみ、地平線の向こうに浮かぶ立山連峰の絶景を眺めることが出来るんです。
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構
万葉集にも詠まれたこの海岸から眺める3,000メートル級の立山連峰はまさに壮観。海と女岩越しに浮かび上がる峰々の大自然のパワーを感じさせる景観を求めて、遠方から写真撮影に訪れる人もいるほど。夕方にかけて、周辺一帯が徐々にオレンジ色に染まっていく様子はいつまでも眺めていたくなるほど感動的です。

五箇山



五箇山/画像提供:公益社団法人 とやま観光推進機構
五箇山/画像提供:公益社団法人 とやま観光推進機構
2015年3月の北陸新幹線開業以降、利便性が増した富山県。県西部の南砺市には、昔ながらの茅葺(かやぶき)屋根の合掌造り家屋が今もなお残る世界遺産、五箇山の合掌造り集落があり、一部民宿として提供しているところでは、実際に合掌造りの民家に泊まることもできます。

料理イメージ/画像提供:公益社団法人 とやま観光推進機構
料理イメージ/画像提供:公益社団法人 とやま観光推進機構
寒さの厳しい冬には囲炉裏を囲んで暖をとりながら、旬の山菜や手打ち蕎麦など、五箇山ならではの滋味深い郷土料理に舌鼓を打つ。この地域ならではの貴重な経験を通じて、のどかな農村暮らしの魅力をわずかでも実感できるはずです。

■相倉合掌造り集落
住所:富山県南砺市相倉

現時点でもまだまだ感染拡大収束の安心感が見えない中で、それでも旅への欲求、人とのつながりへの渇望はより強くなっていることと思います。

日々感染状況や注意喚起など、最新のニュースが更新され続ける中で、最新情報のチェックはもちろん、毎日の検温、体調管理、手洗い消毒の徹底に加え、自分自身はもちろん、他者への思いやり、感染防止対策をしっかりしたうえで、新たな旅のエチケットを意識した旅を心がけていきましょう。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※新型コロナウイルスの影響により、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。ご利用の際には、最新情報の確認と、感染拡大の防止にご配慮頂けますようお願いいたします。
※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

【Not Sponsored 記事】
能登半島国定公園 雨晴海岸/写真提供:(公社)とやま観光推進機構

関連リンク

Page Top