女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「オムニポロス東京」日本初上陸ブリュワリーのビールスタンドが日本橋に開店

スウェーデン・ストックホルムのブリュワリー「オムニポロ(Omnipollo)」のビールスタンド「オムニポロス東京」が2020年8月1日(土)、東京・日本橋兜町にオープンする。

Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN

日本初上陸となるクラフトビールブランド「オムニポロ」とは



2010年、Henok Fentie(ヘノク・フェンティ)とKarl Grandin(カール・グランディン)の2人が、“Change the perception of beer,forever”(ビールそのものの概念に、常に変革を起こし続ける)というブランド理念を掲げ、共同設立したクラフトビール/ライフスタイルブランド。
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
ビールの特長として“料理からインスパイアされたフレーバー”が挙げられ、ピーナッツバタークッキーやマンゴーラッシーなど今までのビールの概念を覆すようなフレーバーを展開。本国スウェーデンでは歴史のある教会を改装してブルワリーを建てるなど、コンセプチュアルでエッジの効いた魅力で世界のビールファンを魅了してきた。
スウェーデンのOmnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
スウェーデンのOmnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
スウェーデンのOmnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
スウェーデンのOmnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
現在「オムニポロ」のビールは、ヨーロッパ・アメリカ・カナダを中心に世界40カ国以上で販売され、ビールスタンドの店舗はスウェーデンに3店舗、ドイツに1店舗あり、東京の店舗はアジア初進出店となる。

気鋭のビールブランドの東京拠点が日本橋に



Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN
東京進出にあたって、約70年も日本橋兜町で親しまれてきた鰻屋を改装して、ビールスタンド「オムニポロス東京」としてオープン。

「オムニポロス東京」でタップから提供されるビールは約10種類。素材のクオリティと製法にこだわったピルスナー、ペールエールやIPAから、フルーツビールシリーズの「マンゴーオレンジパッションフルーツクレームブリュレ」「マンゴースムージー」、「ラズベリーブルーベリーブラックベリー」、「ブラックベリーワイン」、スイーツを連想させるフレーバーの「ピーナツバターチョコレートビスケットバニラ」、「ラズベリーメープルパイ」など、しばしば”Brain Melting(脳が溶けそうになる味わい)”とも形容される既存のラインナップを揃えるほか、東京限定のラインナップも提供を予定している。

また、「オムニポロ」のアイデンティティでもあるビールボトルのラベルデザインは、一般的なビールボトルと一線を画す、洗練されたグラフィック・アートを採用。ポップでファッション性が高く、独創的なクラフトビールが楽しい時間を彩ってくれる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

オムニポロス東京(Omnipollos Tokyo)



住所 :東京都中央区日本橋兜町9-5

情報:OMNIPOLLO JAPAN

【Not Sponsored 記事】
Omnipollo/画像提供:OMNIPOLLO JAPAN

関連リンク

Page Top