女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「カワスイ 川崎水族館」世界の水辺環境を再現&生きもの約230種展示

神奈川県の川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」内9~10階に、新水族館「カワスイ 川崎水族館」がオープンした。アフリカ・アマゾン・多摩川など世界の水辺環境を再現した6つの展示ゾーンで約230種の生きものを展示するほか、3つのカフェ・レストラン、ギフトショップが併設される。

カワスイ 川崎水族館/パノラマスクリーンゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/パノラマスクリーンゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

川崎市初の水族館「カワスイ 川崎水族館」とは



2020年7月開業の「カワスイ 川崎水族館」は日本で初めて既存商業施設内に開設された都市型水族館。「世界の美しい水辺」をテーマに、延床面積約7,000平米の空間に「多摩川ゾーン」「オセアニア・アジアゾーン」「アフリカゾーン」「南アメリカゾーン」「パノラマスクリーンゾーン」「アマゾンゾーン」の6つの展示ゾーンを擁し、69個の水槽で約230種の生きものたちを展示(植物を除く)。
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
最先端の照明・音響・映像技術を駆使して、昼・夜の時間により異なる空間演出を施し、訪れるたびに新鮮な発見や驚きを提供する。

世界の水辺を旅する、6つの展示ゾーン



カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
10階入口を抜けるとまず目にするプロローグエリアには、チョークアートで描かれたモノトーンの熱帯雨林と色とりどりの生きものたちが壁全体を埋めつくし、昼と夜でそれぞれ異なる映像コンテンツを放映。
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

多摩川ゾーン



カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
時代の移り変わりとともに様々な顔を見せ、多種多様な命を育む多摩川の現在の生態系を見て感じることができる「多摩川ゾーン」。
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
ゾーンに入ってすぐ左側に3本並んだ水槽には、左から右へ多摩川の上流~下流の生物を展示しており、それぞれ上流に棲む「アブラハヤ」、中流に棲む「ウグイ」、下流に棲む「コイ」を展示。水槽の背面には、リアルな木の影や多摩川の様々な景色の映像が朝・昼・夕・夜のそれぞれ異なった内容で投影され、毎回訪れる度に新しい表情を楽しむことができる。

オセアニア・アジアゾーン



カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
オセアニアとアジアに生息する信じられないほど鮮やかな生きものや、魅力的な生きものを通してアジアの川の豊かさを感じられるゾーン。

カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
太古の地球の姿を今に伝えてくれるアロワナの仲間や、世界最大級のメコンオオナマズ、パーカーホなどの淡水魚をはじめ、ガラスのように透明な体をしていて、骨や内臓が見える特徴的な姿をした魚であるトランスルーセントグラスキャット、口に含んだ水を発射して水面より上の葉に止まった昆虫などを撃ち落として食べるテッポウウオなどのユニークな生きものたちを展示。

また、淡水魚だけでなくミツヅノコノハガエルやフクロモモンガなど、魚類以外の生きものとも出会うことができる。

アフリカゾーン



アフリカゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
アフリカゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
世界最古の大地、アフリカの水辺に広がる不思議に満ちあふれた生態系を紹介するゾーン。アフリカの大地が隆起してできたマラウィ湖や、タンガニーカ湖にすむ独自の進化を遂げたカラフルな魚たち、世界最大のサカサナマズの仲間であるヘミシノドンティス、凶暴な魚として知られるミステリアスな風貌のプロトプテルスエチオピクスなど、太古の大地アフリカが育んだ不思議で多様な魚たちを展示。
アフリカの大地をイメージしたオレンジと赤のゾーンカラー/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
アフリカの大地をイメージしたオレンジと赤のゾーンカラー/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
魚だけではなく、アフリカの水辺の近くに棲む生きものたちであるパンサーカメレオンや夜行性の猿ショウガラゴの姿も併せて観察することができる。

南アメリカゾーン



南アメリカゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
南アメリカゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
世界最大の熱帯雨林・アマゾンを育むアマゾン川は、世界最大の湿地パンタナルや不思議な砂の世界レンソイスをも形作っており、まさに生きものたちの宝庫。
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
そこに息づくカラフルな生命を展示する「南アメリカゾーン」では、熱帯魚の宝石と呼ばれる美しい魚ディスカス、流木や木の葉に擬態して自然の中に身を隠して暮らすリーフナイフフィッシュなどアマゾン川流域にすむ個性豊かな魚たちと、グリーンイグアナやマタコミツオビアルマジロなど、水辺に暮らす生きものたちも集結。
パンタナルエリア/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
パンタナルエリア/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
このゾーン最大の目玉が、日本の本州に匹敵する大きさと言われる世界最大級の湿地「パンタナル」を再現した巨大水槽。40トンの水量をたたえる施設内最大の水槽に、ネオンテトラなど水中できらめく小さな生きものたちが約8,000匹が展示されている。
レンソイスエリア/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
レンソイスエリア/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
南アメリカに住むカエルたちの展示/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
南アメリカに住むカエルたちの展示/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
この他に、ブラジル北東部に位置する謎深き真っ白な砂丘「レンソイス」を再現した真っ白な水槽に、美しい魚を集め、モニターに映るレンソイスの映像とリアルな水槽との融合を愉しむアクアスケープ展示や、毒性のカエルたちの展示がある。

パノラマスクリーンゾーン




カワスイ 川崎水族館/パノラマスクリーンゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/パノラマスクリーンゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
アマゾン川に暮らす興味深い生きものとの出会いをダイナミックなパノラマスクリーンで体感できる「パノラマスクリーンゾーン」では、通常展示とインタープリテーションの2つのモードでデジタル動物展示システムを用いた映像を、日本で初めて常設展示。

リアルタイムCG映像とセンサーによるインタラクティブ性を組み合わせた作品を、200度のダイナミックな広角スクリーンにて映し出すことで、アマゾン川に棲むアマゾンカワイルカとのふれあい体験や、世界のクジラたちの巨大なスケールを体感することができる。

またこのゾーンでは絶滅危惧種の生きものたちを通じて、海や川など自然の大切さを伝え、地球環境問題について考えるきっかけを提起していく。

アマゾンゾーン



アマゾンゾーン /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
アマゾンゾーン /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
アマゾンゾーンでは、アマゾン川流域に広がる水と緑が織りなす“生きものの楽園”ジャングルを再現。このゾーンでは9~10階の吹き抜けを生かした熱帯雨林の温室に5つの水槽を展示するほか、熱帯雨林に降り注ぐスコールや植物を包み込む霧を再現し、高温多湿な熱帯雨林を再現。
「アマゾンゾーン」のピラルク水槽/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
「アマゾンゾーン」のピラルク水槽/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
世界最大の淡水魚ピラルクやピラニア、体長2メートルほどに成長すると言われるレッドテールキャット、アストロノータスオスラーテスなどアマゾン川流域に生息する生きものの姿を鑑賞できる。
夜の「アマゾンデッキ」 /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
夜の「アマゾンデッキ」 /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
また開業時点での展示はないが、今後、魚たちだけでなく、カピバラやフタユビナマケモノ、アカアシリクガメやマタコミツオビアルマジロ、オニオオハシなど、多彩な生きものの展示も予定している。
自然光の降り注ぐ昼の「アマゾンゾーン」/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
自然光の降り注ぐ昼の「アマゾンゾーン」/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

カフェやビュッフェ、スーベニアショップも併設



AOW/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
AOW/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
9階には森をコンセプトにした緑いっぱいのカフェ「こもれびカフェ Sweets & Cafe」と猫テラス「ソラネコカフェ」 、土産物が揃うオフィシャルショップ、10階にはビュッフェレストラン「AOW (エーオーダブリュー)」、ここでしか味わうことのできないオリジナルソフトクリームや館内持ち込み可能なボトルドリンク・ポップコーンの売店「カフェ クラム」を併設。
こもれびカフェ Sweet&Cafe/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
こもれびカフェ Sweet&Cafe/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
最上階に位置する「AOW」は水族館に入館せずとも外来利用が可能。店名にもなっている「AOW=All Over the World」の言葉の通り、“カワスイ”に集まる生きものたちの故郷で愛される世界各国のビュッフェメニューをゆったり味わえるよう、ソファー席や子ども専用のビュッフェ台、ポケットシート付きテーブルも設置する。

「カワスイ 川崎水族館」は食も充実 ビュッフェや特製スイーツ、展望猫カフェも営業


水族館ショップの概念を覆す「カワスイ オフィシャルショップ」



カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
展示鑑賞の余韻を味わいながら順路を進むと、9階に「地球と生きる」をコンセプトに展開する「カワスイ オフィシャルショップ」が登場。

ユニークなオリジナルグッズをはじめ、数百社を超える国内外メーカーや個人の作品から厳選したアイテムが揃う「スーベニア」機能に加え、水族館のエンディングストーリーとして地球の神秘を感じるフシギで美しい標本などを展示・販売する「ミュージアム」要素を兼ね備えた、今までの水族館にはない店舗形態となる。
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
さらに「カワスイ オフィシャルショップ」の隣には、モルモットとのふれあい体験ができる「ふれあいパーク」が併設オープンする。(女子旅プレス/modelpress編集部)
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

カワスイ 川崎水族館 施設概要



住所:神奈川県川崎市川崎区日進町1-11「川崎ルフロン」9-10階
営業時間:10:00~22:00(最終入館は21:00)
※併設する飲食店の営業時間は一部異なる

情報:アクア・ライブ・インベストメント

【Not Sponsored 記事】
カワスイ 川崎水族館/パノラマスクリーンゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

関連リンク

Page Top