女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

京都水族館に新展示「クラゲワンダー」クラゲ5,000匹漂う海の世界

京都水族館では、西日本最多の20種以上、約5,000匹のクラゲを展示する新エリア「クラゲワンダー」を2020年7月16日より公開する。

クラゲワンダー/画像提供:京都水族館
クラゲワンダー/画像提供:京都水族館

クラゲが漂う海の世界を体感



「クラゲワンダー」は、広さ約350平方メートルもの空間に、約5,000匹ものクラゲを各種別ごとの生態に合わせた水槽で展示し、海中を漂いながら暮らすクラゲの不思議な世界を体感できるエリア。
クラゲワンダー/画像提供:京都水族館
クラゲワンダー/画像提供:京都水族館
ミズクラゲが姿を変化させて成長する過程を展示する水槽から始まり、その先に「クラゲワンダー」の最も象徴的なエリアとなる、約1,500匹のミズクラゲが漂う360度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」を設置。アーチ状の入り口をくぐると、中央部からは約1,500匹のミズクラゲがリズミカルな拍動を繰り返しながら漂う海の世界を体験できる。
360度パノラマ水槽「GURURI」/画像提供:京都水族館
360度パノラマ水槽「GURURI」/画像提供:京都水族館
また、青を基調として、白・赤・黄・紫など光のライティングと、クラゲの拍動を感じる音楽が、クラゲの幻想的な空間を演出している。

飼育スタッフと来場者のコミュニケーションを育む「京都クラゲ研究部」



展示種一部/画像提供:京都水族館
展示種一部/画像提供:京都水族館
飼育スタッフが日々バックヤードで行っているクラゲの繁殖や研究の様子を公開するスペース「京都クラゲ研究部」を開設。クラゲと日々向き合いながら研究に取り組む飼育スタッフならではの視点で解説に耳を傾け、クラゲにとって最適な環境づくりや日常の作業の様子を間近に観察しながら、謎の多いクラゲの生態や魅力を再発見することができる。
京都クラゲ研究部/画像提供:京都水族館
京都クラゲ研究部/画像提供:京都水族館

クラゲから着想したドリンクやグッズ



今回の「クラゲワンダー」の公開を記念して館内に、京都水族館のスタッフのアイデアをもとに商品化した、クラゲのぷるぷる感をイメージしたゼリーをトッピングした「プルプルクラゲソーダ」や、京都水族館のロゴ型の冠を乗せた「クラゲクッション王冠付き」が登場。

そして、飼育スタッフが描いたクラゲのイラストがプリントされた「プリントせんべいクラゲ」、飼育スタッフ監修のもと細部にまでこだわったカプセル型フィギュア「カプリウムコレクション クラゲ 京都水族館限定」(全5種)といった、来館記念の土産に最適なアイテムが揃う。(女子旅プレス/modelpress編集部)

京都水族館



住所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
アクセス:「京都」駅中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線「丹波口」駅より南へ徒歩約15分
住所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

情報:京都水族館

【Not Sponsored 記事】
クラゲワンダー/画像提供:京都水族館

関連リンク

Page Top