女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ」京漬物サンドイッチやコーヒー提供

ブルーボトルコーヒーは、京都エリア3店舗目となる「ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ」を2020年7月23日(木・祝)、複合施設「立誠ガーデン ヒューリック京都」内1階にオープンする。

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ/画像提供:Blue Bottle Coffee Japan
ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ/画像提供:Blue Bottle Coffee Japan
7月21日に先行開業する「立誠ガーデン ヒューリック京都」は、1869年に開校した貴重な近代建築である元立誠小学校の校舎を保全・再生した既存棟と、それにデザインを調和させた新築棟の2つで構成される複合施設。個性豊かなショップや「ザ・ゲートホテル京都高瀬川 by HULIC」、また地域コミュニティの拠点となるホールや図書館も併設され、地域に賑わいを生み出す施設となる。

この1階に位置する京都木屋町カフェでは、丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクをはじめ、ドラフトにて提供する「ブルーボトルコーヒー ペールエール」、そして京都の老舗漬物店「京つけもの 西利」の漬物を使用したここだけのサンドイッチメニュー2種類を用意。
ハム with 聖護院かぶら、 たまご with 山ごぼう、きゅうり 700円/画像提供:Blue Bottle Coffee Japan
ハム with 聖護院かぶら、 たまご with 山ごぼう、きゅうり 700円/画像提供:Blue Bottle Coffee Japan
聖護院かぶらの千枚漬とハムを挟んだ「ハム with 聖護院かぶら」と、山ごぼう&卵サラダを挟んだ「たまご with 山ごぼう、きゅうり」、それぞれの具材を京都・二条小川のパン屋「Kurs」のパンでサンド。イートインだけでなくテイクアウトにも対応する。

空間デザインは「学校にまつわる様々な緑色」と「学び」をコンセプトに、元小学校である建物の個性を活かし、学校の中で毎日目にしていた黒板の緑や、鉛筆の緑、そして校舎前に続く高瀬川沿いの並木道からもインスピレーションを得て、色々な緑を意識的に取り入れた。(女子旅プレス/modelpress編集部)

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ



住所:京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2
立誠ガーデン ヒューリック京都 1F
席数 30席
営業時間:8:00~21:00
アクセス:阪急京都線
京都河原町駅(木屋町北出入口)徒歩3分、京阪本線祇園四条駅(4番出口)徒歩5分

情報:Blue Bottle Coffee Japan

【Not Sponsored 記事】
ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ/画像提供:Blue Bottle Coffee Japan

関連リンク

Page Top