女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「星のや沖縄」2020年7月1日開業、客室やプールで海を眺める贅沢リゾート滞在

沖縄県読谷村に「星のや沖縄」が、2020年7月1日(水)に開業。星のやブランドはこれで8施設目となり、隣接エリアに国内最大級の海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」と本格グリルレストラン「星野リゾート オールーグリル」もオープンする。

星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート

海岸線に沿うリゾート「星のや沖縄」



星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
「星のや沖縄」は、美しい海岸線に沿うように広がる敷地内に、低層階のオーシャンフロントにこだわって設計されたリゾートホテル。施設の中にはオーシャンフロントの客室のほか、一年中楽しめる海に開かれたプール、アクティビティの拠点となる道場、多様なパブリックエリアが点在。

近接する海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」では、崖の上に造られた特別な飲食スペースで、マンゴーやパイナップルなどを使った海辺の景色に映えるカラフルなスイーツや、沖縄らしい軽食を楽しめる。
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
ホテル全体を、沖縄の史跡「グスク」からインスピレーションを得て作られたグスクウォールに囲まれ、沖縄ならでは贅をつくした空間の中で、海を眺めて暮らすようなリゾート滞在が叶う。

自然海岸が目の前に広がるオーシャンフロントの客室



星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
100室ある客室は、全てオーシャンフロント。近い距離で海を眺められるよう建物は2階までの低層にこだわって設計されており、各室内に客室での暮らしを楽しむ拠点となる「土間ダイニング」を誂え、大きなテーブルを囲んで食事をしたり、話をしたりとコミュニケーションが生まれる場に。
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
備え付けの冷蔵庫やオーブンレンジなどの調理家電もあるため、出来立ての料理を楽しむことができる。
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
ベッドルームの壁紙には、山羊や月桃といった沖縄で馴染みのある動植物をモチーフにした琉球紅型(びんがた)が描かれているが、これは沖縄で過ごした一日を振り返って楽しく話をしてもらえたら、という職人の思いが込められたもの。壁紙の他にも「読谷山花織」を使ったコースターや、「やちむん(やきもの)」など、現代に伝わる工芸品を随所に取り入れている。

乗馬体験や絶景ビーチでの遊泳も



星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
かつてグスク内の集落や館では、さまざまな行事や自然を楽しむ遊びが行われていたことにちなみ、「星のや沖縄」では、それらを滞在の中で体感できるように、季節や時間に合わせてアクティビティを用意。例えば、海岸線での乗馬体験や、道場で伝統の「ぶくぶく茶」を嗜むなど、リゾートでのひとときを豊かにしてくれるような体験を提供する。
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート
ニライビーチ/画像提供:星野リゾート
ニライビーチ/画像提供:星野リゾート
また、徒歩10分の場所に広がる、美しい白浜が魅力のニライビーチまで、ホテルから無料送迎も手配。希望者にパラソルやチェアの貸し出しも行っている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

星のや沖縄



住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間474
客室:100室
パブリック施設:プール・ライブラリーラウンジ・スパ・メインダイニングなど
チェックイン:15:00/チェックアウト:12:00  
宿泊料金:1泊109,000円~(1室あたり、税・サービス料10%別、食事別)
交通:那覇空港から車で約1時間
開業日:2020年7月1日

画像提供:星野リゾート

【Not Sponsored 記事】
星のや沖縄/画像提供:星野リゾート

関連リンク

Page Top