女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「星野リゾート リゾナーレ小浜島」沖縄に2020年7月開業 海上ラウンジやブックカフェ併設

沖縄県・小浜島(こはまじま)に「星野リゾート リゾナーレ小浜島」が2020年7月1日(水)に開業する。同社の八重山諸島における施設運営は「星のや竹富島」「西表島ホテル」に続く3軒目で、全室スイートの客室と屋外プール、レストラン、スパ、ブックス&カフェ、ゴルフ場を併設する。

ロイヤルスイートのプライベートプール/画像提供:星野リゾート
ロイヤルスイートのプライベートプール/画像提供:星野リゾート

沖縄小浜島に星野リゾートの新ホテル



星野リゾートが国内4施設(八ヶ岳・トマム・熱海・那須)で展開する「リゾナーレ」は、その土地・地域ならではの体験とバラエティ豊かな食事を通して、快適なリゾート滞在を提供するリゾートホテルブランド。
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
沖縄・八重山地方の離島、小浜島の海のそばに建つ「リゾナーレ小浜島」は、全60室のプライベートヴィラに広大なビーチを備えたリゾートホテル。敷地内は混み合うことのないようにデザインされ、エメラルドグリーンの海に囲まれた離島での優雅な滞在を叶える。

客室はヴィラタイプのオールスイート



客室は全てスイートタイプで、60室のヴィラが広大な敷地に点在。小浜島らしい鮮やかなアートウォールの描かれたシンプルな空間でくつろいでいると、リビングに差し込む自然光、鳥の声、葉音など、忙しい日々では気付く機会の少ない「心地よさ」を体感できる。
ロイヤルスイートのリビングルーム/画像提供:星野リゾート
ロイヤルスイートのリビングルーム/画像提供:星野リゾート
ワンランク上のラグジュアリーさを求めるなら「ロイヤルスイート」がおすすめ。プライベートプール、屋外ジェットバス、ガゼボ、サウナを配した、最も広い95平米の客室で、離島らしい贅沢な休日を満喫できる。

離島ならではの常に海を肌で感じるアクティビティ



星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
「リゾナーレ小浜島」ではプライベート感抜群のビーチを中心に、その恵まれた環境を満喫できるようなさまざまな仕掛けを用意。

早朝には、静かな海を独占できる「朝焼け海上ラウンジ」をはじめ、エメラルドグリーンの海を間近に感じながらカフェ席やガジュマルのハンモックで好きな本とコーヒーを愉しむブックス&カフェ、また、シュノーケリングやダイビング、カヌーなど、海の魅力を満喫するマリンアクティビティも用意。
朝焼け海上ラウンジ/画像提供:星野リゾート
朝焼け海上ラウンジ/画像提供:星野リゾート
水平線に上る朝陽から満天の星空まで刻々と表情を変えていく空や、海の景色を眺めながら、優雅な時間を過ごすことができる。

電動モビリティでホテル内を楽しく移動



星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
星野リゾート リゾナーレ小浜島/画像提供:星野リゾート
また「リゾナーレ小浜島」では、宿泊者自身が電動モビリティに乗って敷地内を移動できるのも特徴。電動キックボードを自ら操作し、フロントや客室からビーチまでの道のりを、潮風を感じながら自在に走ることで、「移動時間」すらも楽しい思い出のひとつとなるよう工夫が凝らされている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

星野リゾート リゾナーレ小浜島(リゾナーレコハマジマ)



住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜2954
客室数:60室/4タイプ
・ロイヤルスイート 4名定員・室内95平米
・アンバサダースイート 4名定員・室内70平米
・デラックススイート 4名定員・室内64平米
・スーペリアスイート 4名定員・室内53平米
料金:1泊21,000円~(2名1室利用時1名あたり、税別、朝食付)
付帯施設:ビーチ、屋外プール、レストラン、スパ、ショップ、アクティビティデスク、コインランドリー、ゴルフ場
アクセス:石垣港離島ターミナルより小浜港行きフェリーにて25分、小浜港から送迎バスにて約10分

情報:星野リゾート

【Not Sponsored 記事】
ロイヤルスイートのプライベートプール/画像提供:星野リゾート

関連リンク

Page Top