女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

沖縄「DMMかりゆし水族館」動植物約190種展示する全く新しいリゾート空間が誕生

沖縄県豊見城市豊崎に「DMMかりゆし水族館」が、2020年5月25日に開業した。沖縄の玄関口「那覇空港」から車で約20分でアクセスでき、入場チケットは大人2,400円、13歳~17歳は2,000円、12歳以下は1,500円。年中無休で営業を行う。

DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)

沖縄県内で2番目の水族館「DMMかりゆし水族館」



DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
「DMMかりゆし水族館」は、美らSUNビーチに隣接するショッピングセンター「イーアス沖縄豊崎」(6月19日(金)開業予定)1階~2階部分に先行開業。「イーアス沖縄豊崎」の階段を2階に登ると、左手にエントランスがある。

DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
メインテーマは「最新の映像表現と空間演出を駆使した新しいカタチのエンタテイメント水族館」で、海洋生物だけでなく沖縄地方を中心とした様々な動植物約190種(約5,000点)を展示。

DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
熱帯の海洋生物や動植物と映像・音響を組み合わせたエンタメ性の高い水槽展示、沖縄の澄み切った海や亜熱帯気候が織りなす常緑の森を表現した空間演出を通じ、癒しとワクワク感の共存するまったく新しいリゾート空間を実現している。

沖縄の海岸風景や豊かなガジュマルの森を屋内で再現



DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
主なフロア構成として、1階は色とりどりの熱帯魚やサメなどの海洋生物の水槽、2階はペンギンやカピバラ、カワウソなど水辺で暮らす哺乳類、爬虫類、鳥類たちの展示がメイン。

DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
海洋生物や動植物の展示生物種の多さだけでなく、沖縄の青く澄み渡る空模様と波打ち際の海岸風景や、亜熱帯の植物が生い茂るガジュマルの森といった、沖縄の原風景を再現した展示も見ものだ。

DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
DMMかりゆし水族館(提供画像)
このほかに、沖縄の島野菜やアグー豚、南国フルーツを活かした軽食類を味わえるカフェ、沖縄土産にも最適なオリジナルデザイングッズが豊富に揃うギフトショップも併設する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

DMMかりゆし水族館 概要



住所:沖縄県豊見城市豊崎3-35(イーアス沖縄豊崎内)
営業時間:10:00~21:00 年中無休※最終入館は営業時間終了の1時間前
交通:那覇空港からタクシー・車で約20分

入館料金



大人18歳以上2,400円
中人13歳~17歳2,000円
小人4歳~12歳1,500円
※3歳以下は無料

情報:DMM RESORTS

【Not Sponsored 記事】
DMMかりゆし水族館(提供画像)
Page Top