女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「カワスイ 川崎水族館」川崎市初の水族館、2020年7月開業へ

神奈川県の川崎駅前商業施設「川崎ルフロン」内9~10階に誕生する新水族館が「カワスイ 川崎水族館」に名称を改め、2020年7月17日にオープンする。

カワスイ 川崎水族館 多摩川ゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館 多摩川ゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント

川崎市初の水族館“カワスイ”とは



「円形スクリーンゾーン」イメージ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
「円形スクリーンゾーン」イメージ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
本水族は、川崎市に初めて誕生する水族館で、「世界の美しい水辺」をテーマに川崎市を流れる多摩川から、アジア、アフリカ、はるか南米・アマゾンの熱帯雨林まで、世界の様々な環境に暮らす生きものを、最新の照明・音響・映像技術を駆使して魅力的に展示。

世界の水辺を散歩しながら楽しむことができる、新感覚のネイチャーエンターテインメント水族館となる。

世界の水辺環境を再現した6つの展示ゾーン



「アマゾンゾーン」夜の時間帯のイメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
「アマゾンゾーン」夜の時間帯のイメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
10階エントランスを抜けると「多摩川ゾーン」、「オセアニア・アジアゾーン」、「アフリカゾーン」、9階の「南アメリカゾーン」、「パノラマスクリーンゾゾーン」」、「アマゾンゾーン」と6つの展示ゾーンが続く。
「南米ゾーン」イメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
「南米ゾーン」イメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
水の中に棲む魚たちや、降り注ぐ太陽のもとで暮らす動植物たちが一つの場所に集まり、都会に居ながら、実際に世界各地の水辺を訪れ、旅をしているかのような感覚を体感できる。

カフェやビュッフェ、スーベニアショップも併設



カフェイメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カフェイメージ /画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
また9階には森をコンセプトにした緑いっぱいのカフェと土産物が揃うオフィシャルショップ、10階にはビュッフェレストラン「AOW (エーオーダブリュー)」、ここでしか味わうことのできないオリジナルソフトクリームや川崎のクラフトビールなど軽食を味わえるカフェ、売店を併設。

カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
カワスイ 川崎水族館/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
中でも最上階に位置する「AOW」は水族館に入館せずとも外来利用が可能。店名「AOW=All Over the World」のとおり、“カワスイ”に集まる生きものたちの故郷で愛される世界各国の料理をゆったり味わえるよう、ソファー席や子ども専用のビュッフェ台、ポケットシート付きテーブルも設置する。

水族館ショップの概念を覆す、「カワスイ オフィシャルショップ」



スーベニアショップ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
スーベニアショップ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
展示鑑賞の余韻を味わいながら順路を進むと、9階に「地球と生きる」をコンセプトに展開する「カワスイ オフィシャルショップ」が登場。
スーベニアショップ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
スーベニアショップ/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
ユニークなオリジナルグッズをはじめ、数百社を超える国内外メーカーや個人の作品から厳選したアイテムが揃う「スーベニア」機能に加え、水族館のエンディングストーリーとして地球の神秘を感じるフシギで美しい標本などを展示・販売する「ミュージアム」要素を兼ね備えた、今までの水族館にはない、新しいショップ形態となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

カワスイ 川崎水族館 施設概要



オープン日:2020年7月17日(予定)
住所:神奈川県川崎市川崎区日進町1-11「川崎ルフロン」9-10階
営業時間:10:00~22:00(最終入館は21:00)(予定)
※併設する飲食店の営業時間は一部異なる

情報:アクア・ライブ・インベストメント

【Not Sponsored 記事】
カワスイ 川崎水族館 多摩川ゾーン/画像提供:アクア・ライブ・インベストメント
Page Top