女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

京都水族館にクラゲ新展示「クラゲワンダー」西日本最多5,000匹が漂う幻想的な水中空間

京都水族館では、開業後初となる大規模リニューアルを実施。2020年4月29日(祝・水)よりクラゲ新展示エリア「クラゲワンダー」をオープンする。

新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館

クラゲ展示エリアが約4倍規模にスケールアップ



新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
本リニューアルでは、既存の「くらげ」「さんご礁のいきもの」「えび・かに」エリアを全面改修し、西日本最多となる約20種5,000匹のクラゲが暮らす新展示エリア「クラゲワンダー」へと改装。(現在は8種約400匹)
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
クラゲ新展示エリアは広さ約350平方メートル、全長約40メートルと既存の約4倍に拡張。ミズクラゲが姿を変化させて成長する過程を展示する約10個の水槽から始まり、直径約6.5メートル、約1,500匹のミズクラゲが漂う360度のパノラマ水槽「GURURI(グルリ)」などが続いていく。
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
最も象徴的なエリアとなる「GURURI」では、自身の周りを360度水槽に囲まれ、幻想的な水中空間でミズクラゲがリズミカルな拍動を繰り返しながら水流にのって漂い、まるでクラゲと一緒に海に浮かんでいるかのような感覚を味わえる。

飼育スタッフと来場者のコミュニケーションを育む「京都クラゲ研究部」



クラゲの繁殖過程を観察できる水槽展示(イメージ)/画像提供:京都水族館
クラゲの繁殖過程を観察できる水槽展示(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
また、飼育スタッフが日々行っているクラゲの繁殖や研究の様子を来館者が間近で観察できる「京都クラゲ研究部」を開設。

新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
普段じっくり見ることができないバックヤードでの飼育の様子を、飼育スタッフとの会話を通じて楽しめるほか、体験プログラムなども予定している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

京都水族館



住所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
アクセス:「京都」駅中央口より西へ徒歩約15分、またはJR山陰本線「丹波口」駅より南へ徒歩約15分
住所:京都府京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)

情報:京都水族館

【Not Sponsored 記事】
新展示エリア(イメージ)/画像提供:京都水族館
Page Top