女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

東洋のリゾート・海南島!アジアの隠れた楽園はいつか訪れたい大人の女子旅スポット

女子が大好きな旅先の1つにあるのがリゾート。美しいビーチ、高級ホテル、贅沢なスパ、ショッピング…どれを取っても楽しい最高の楽園ですよね。リゾート地として最も人気なのは「ハワイ」が定番ですが、実は「東洋のハワイ」として名高い隠れたリゾート地があるのをご存知ですか?それは中国のリゾート・海南島(カイナントウ)。まだ海南島を知らない、という方にも、いつかまた安心して海外旅行を楽しめる日が来るまでに知って欲しい、隠れたリゾートアイランド・海南島のリゾート地としての魅力を詳しくご紹介させて頂きます。

(提供画像)
(提供画像)

旅好き女子なら今知っておきたい東洋のリゾート・海南島って?



(提供画像)
(提供画像)
ハワイ諸島とほぼ同緯度に位置する海南島は、年中温暖な気候に恵まれた、まさに「東洋のハワイ」という言葉がぴったりの東洋のリゾートアイランド。

(提供画像)
(提供画像)
香港とベトナム・ハノイのちょうど中間あたりに位置し、面積は日本の九州くらい。中国大陸の南部にある温暖な気候の島です。

中国と聞くと煌びやかな装飾の派手なイメージがありますが、海南島に訪れてみると日本人がイメージするような中国の雰囲気は無く、むしろハワイというイメージがしっくり来てしまうほど穏やかな大人の南国リゾートが広がっています。

美しい自然環境の中で心身共にリフレッシュ



島に広がる海や熱帯林は、政府によって地球環境保護の取り組みがなされ、その美しい自然がありのままの姿で残っています。

(提供画像)
(提供画像)
東洋のリゾートである海南島には、透明に近い透き通った海と真っ白な白砂のビーチ、ラグジュアリーで贅沢な時間を過ごせる高級ホテルの数々など、女子が嬉しい素敵なコンテンツがいっぱい。

海岸周辺には、手つかずの自然に抱かれ、ビーチを目の前に望むラグジュアリーホテルがいくつもあり、ホテルステイを充実させたい方にもぴったり。リゾートムード漂うリュクスな客室で過ごせば日頃の疲れもリフレッシュできるはず。

海南島の中でも「三亜(サンア)」エリアは、晴天日数が年間300日以上とオールシーズン海日和なので、いつ行っても南国気分を味わうことができちゃうんです。人気が高いのも頷けますよね。
(提供画像)
(提供画像)

まるでハワイ!透明度の高い海、南国の景色が広がるビーチへ



(提供画像)
(提供画像)
海南島の楽しみ方で真っ先におすすめしたいのが、やはり綺麗な海でのマリンアクティビティ。エメラルドグリーンの透き通った海の中では、熱帯魚やサンゴ礁など豊かな海の絶景が広がります。

サーフィンやスノーケル、ダイビング、パラセーリングなど、海での過ごし方は色々。真っ白な白砂のビーチと青い海のコントラストは、インスタ映え間違いなしの最高のロケーションなので、お気に入りの可愛い水着で出掛けたい!
(提供画像)
(提供画像)
海南島の海で遊ぶなら、一番におすすめしたいのが「三亜」エリア。このエリアは海南島観光の中心となっており、中でも「三亜湾」は三亜国際空港から車で約10分とアクセスも簡単。

22キロに渡る長いビーチが続き、近くには天涯海角(テンガイカイカク)などの観光名所や三亜のダウンタウンもあるので、このエリアだけで十分満喫できてしまいます。

海南島のおすすめエリアは?



(提供画像)
(提供画像)
広い三亜エリアの中でもホテルステイの場所に選びたいのが「亜龍湾」。“中国で一番美しいビーチ”と称されることもあり、「リッツカールトン」などの有名5つ星ホテルが軒を連ねているので、ラグジュアリーステイにはもってこいの場所です。

ビーチは全てホテルのプライベートビーチになっていますが、宿泊していなくてもデイユースで利用できるので是非その美しいビーチだけでも堪能したいところ。
(提供画像)
(提供画像)
ビーチはもちろん、ローカルグルメやショッピングも楽しみたい、という方におすすめなのは「大東海(ダイトウカイ)」。

三日月型に広がるビーチがとても美しく、スノーケルやダイビングなどのマリンアクティビティが楽しめるのはもちろん、近くにはショッピングモールやスパもあるのでビーチ以外にも楽しめる場所がたくさんあります。

さらに夜にはローカルグルメの屋台が立ち並ぶため、昼はビーチ、夜は海鮮料理で満腹に、最後はスパでリラックスしてホテルに帰る…、という最高に充実したコースを満喫できちゃいます。

ビーチに食にリラクゼーション…多彩な海南島の魅力をもっと知る


離島へのアイランドホッピングで新たな楽しみを発見



(提供画像)
(提供画像)
また、せっかく海南島に訪れたのであれば、ビーチ以外にも少し離れた離島にも訪れて欲しいところ。

海南省には観光に力を入れている小島がいくつかあり、中でも「分界洲島(ブンカイシュウトウ)」、「蜈支洲島(ゴシシュウトウ)」、「西島(セイトウ)」などは、ビーチでは体験できないよりアグレッシブなアクティビティができることで人気の離島。自然をさらに感じる素敵なアクティビティが充実しています。

もちろん海も、より自然に近く綺麗なのでダイビングはもちろん、小さな魚たちの群れやウミガメなどの海に生息する動物たちに出会うことも。

実はサーフィン好きにもおすすめのポイント多数



(提供画像)
(提供画像)
海南島は、単に海に潜るだけでなく、波乗りにもおすすめの場所。ビギナーからエキスパートまで楽しめるサーフポイントが充実している海南島は、サーファーにも人気の高い観光地。
(提供画像)
(提供画像)
万寧(バンネイ)、凌水(リョウスイ)などのビーチがおすすめですが、中でも「万寧日月湾(バンネイニチゲツワン)」は国内外のサーファーに人気で、毎年ハイレベルのサーフィンイベントも開かれるサーファーの聖地。サーフィン好きなら是非訪れたい必見のスポットです。

一年中温暖なのでゴルフ目的での滞在にも



ここまで海が充実している海南島ですが、実はゴルフもおすすめの場所。一年中温暖な気候なので季節問わずプレーを楽しめ、多くのゴルフ場があるため初心者から上級者まで楽しめます。
(提供画像)
(提供画像)
中でも、ギネスにも登録されている世界最大のゴルフリゾート「ミッションヒルズゴルフクラブ」が運営する「ミッションヒルズ海口」が人気。雄大なゴルフ場の景観と、国際的なツアーも開催されるチャンピオンコースは、ゴルファーなら一度はプレーしてみたい会場です。

プレー後は、ちょっと贅沢に「ミッションヒルズ海口」で心身を癒やすフルサービスの極上スパを体験したり、「ザ・リッツ・カールトン三亜」でゆったりお茶を片手にスイーツを食べたりしながら、朝から頑張った自分にご褒美をあげて疲れを癒やしましょう。

東洋のリゾートの高級ホテルで癒されたい!プライベート空間で楽しむ大人のリゾートステイ



(提供画像)
(提供画像)
女子旅で重要視したいのはやっぱりホテル。無難なホテルで済ますのではなくて、やっぱりちゃんと素敵なホテルに滞在したい!

実は海南省は、中国でハイエンドホテルの数字が最も多い省。現在、150を超えるグローバルホテルブランドが進出しています。しかも嬉しいことに、海南島は物価が安く、比較的リーズナブルな価格で優雅なひと時を過ごせるホテルもたくさん。

ホテル軒数が多いのは三亜エリアなのですが、その中でも「亜龍湾」付近は世界に名だたる有名ホテルがいくつかあるので、せっかくなら亜龍湾の5つ星ホテルに滞在したいところ。
The Ritz-Carlton, Sanya (提供画像)
The Ritz-Carlton, Sanya (提供画像)
まず一番におすすめしたいのは、世界の名門「ザ・リッツ・カールトン三亜」。高級感のあるラグジュアリーでモダンな客室の雰囲気、サービスの行き届いたプライベートビーチで過ごす優雅な時間、白いパラソルが華やかなプールサイドなど、心からうっとりしてしまう最上級の空間に酔いしれることができます。

 (提供画像)
(提供画像)
また、「シェラトン 三亜 海棠湾 リゾート」は、ビーチだけではなくホテルのプールでも遊びたい!という方におすすめ。トロピカルで華やかな色使いながらも落ち着いた雰囲気の客室と、プールやダイニングなど充実したホテル設備が揃っており、大人数での女子旅でも楽しく過ごせる雰囲気になっています。
(提供画像)
(提供画像)
「インターコンチネンタル三亜リゾート」は、南国らしい美しい庭園が見どころのホテル。

自然豊かなビーチを眼前に望むホテル設計は、海南島らしい自然を満喫できる素晴らしいデザインです。類まれなるネイチャーリゾート空間を楽しみたいならここがおすすめ。

海南島は旅気分をかきたてられる極上ホテルの宝庫!


情緒溢れる街並みに歴史を感じる、海南島の文化遺産にも触れたい!



(提供画像)
(提供画像)
大昔、中国本土と陸続きだった海南島は、100万年前の火山活動によって今の島の形状に分離されたと言われています。

昔からずっと、罪人の流刑地や役人の左遷の地として使われており、あまり陽の目を浴びなかった海南島。

しかしそのおかげで、長い歴史の中で手付かずのままその文化的な姿を残すことができています。近年になってようやくリゾート地として注目を浴びるようになり、歴史ある建物や情緒ある街並みが文化遺産としても再評価されました。
(提供画像)
(提供画像)
多くの観光フォトスポットの中でも「中国歴史文化名街」の一つにも選ばれている「海口騎楼老街(ハイコウチイロウラオジュ)」は、味わい深い素敵な老街。19世紀末から20世紀初頭に建てられた建物が建築当時のままの状態で保存されており、その巧みな技術で造られた外観は目を見張る景観です。インスタ映えするフォトスポットとしても人気で、歩いているだけでも楽しいスポット。
(提供画像)
(提供画像)
またもう1つ訪れたいのが、深い森の中に数キロに渡って檳榔林の谷が広がる「檳榔(ビンロー)谷」。うっそうと生い茂る熱帯雨林の中に整備された観光区域では「無形文化遺産村」「蘭花小屋」「黎苗族風味グルメ街」など7つのエリアから成り、10項目の無形文化遺産が展示。

少数民族の黎(リー)族と苗(ミャオ)族の人々の民族文化を体験できる「檳榔(ビンロウ)谷民俗村」では、伝統的な建築様式を用いた家屋や展示館、音楽・民族ダンスのパフォーマンスを通じて、この地に根付くカルチャーの一端を体感することができます。

美味しい海鮮料理の数々!海南グルメに舌鼓



新鮮な魚介類がとれる海南島では、中国のエッセンスを取り入れた海鮮料理がとっても美味しい!

(提供画像)
(提供画像)
特に「海南四大料理」と言われている「文昌鶏(ブンショウドリ)」「和楽蟹(ワラクガニ)」「東山羊」「嘉積鴨」は絶対食べたい海南グルメ。蒸した鶏などに地元の風味が効いたタレをつけて食べると、口の中いっぱいに具材の旨みが広がります。
(提供画像)
(提供画像)
また、竹の節にモチ米を入れて炊き上げた「竹筒飯」や「苗族五色飯(ミャオ族ゴショクハン)」は、もちもち食感で美味しく日本人にも人気のグルメ。海南島名産のココナッツの実にモチ米を入れて炊き上げたココナッツご飯「椰子船(ヤシブネ)」も美味しく、有名な海南料理なので是非食べてみて。
(提供画像)
(提供画像)
最後は締めのスイーツも欠かせない。海南島の名物軽食である「清補涼(セイホリョウスープ)」は、冷たいココナッツミルクの中に、白玉やスイカ・マンゴー・蓮の実・ハトムギ・落花生などを入れた暑さを忘れる絶品デザート。
(提供画像)
(提供画像)
2000年以上前からある昔ながらのスイーツですが、今でも地元の学生に人気で、観光で訪れた方は必ずと言って良いほど食べていく定番の一品。中に入れる具は自分で選ぶことができるので、お好みのスイーツをアレンジして作ってみて。

旅行の醍醐味・お土産ショッピング



(提供画像)
(提供画像)
海南島での旅の思い出に、自分や友達へお土産をゲットするなら、リゾートムード漂う貝細工や上質な真珠アクセサリー、ヤシの殻や海南島に自生する黄花梨を使用した工芸品など、地域特有の民芸品を要チェック。海南島ならではの逸品を自分へのお土産に持ち帰れば、いつでも旅の記憶を思い出させてくれそう。

他にも、名産であるココナッツを使った、ココナッツクッキーやココナッツキャンディーなどのお菓子はバラマキ土産に最適。免税サービスもあるので、各施設の免税カウンターで手続きしてみて。

短期ならビザ不要の海南島で気軽にリゾート滞在



(提供画像)
(提供画像)
日本から海南島へ行く場合、香港や広州経由でアクセスができます。通常、ビザなしでの中国への滞在日数は15日までですが、海南島の場合、30日以内まで滞在可能。連休にプラスしても行きやすいので、いつかまた安心して旅に出られる日が来たなら、そのタイミングで、海南島を検討してみて。

海南島への入国ガイドライン


海南島は女子旅でこそ行きたい、東洋にある大人のリゾート



透き通った透明度の高い海、ラグジュアリーな高級ホテルステイ、歴史を感じる文化的な街並みなど、見るものが尽きない海南島は、大人の女子旅に選びたい新しいディスティネーションです。オシャレ女子が注目してる海南島へ、いつか旅行先を検討する機会がきたなら候補地のひとつとして検討してみて。きっと最高に癒される、素敵な旅になりますよ。(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:海南省旅游・文化広電体育庁

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。
※新型コロナウイルスの影響により、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。ご利用の際には、最新情報の確認と、感染拡大の防止にご配慮頂けますようお願いいたします。

関連リンク

(提供画像)
Page Top