女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

究極の中東リゾート!ドバイ5つ星ホテル「フェアモント・ザ・パーム」で過ごす女子旅おこもりステイ

アラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国の都市ドバイ。中東と言えばここ!と名前の上がる、人気の観光地ですよね。バージュ・カリファを始めとする近未来都市や古き良き中東のアラビックな文化体験、永遠と続く滑らかな砂地が美しい砂漠など…数え切れないほど魅力的なスポットが満載の場所です。そんな魅力的なスポットと同様にドバイの楽しみで欠かせないのが豪華絢爛な中東のホテル。お部屋の快適さやデザインセンスの良さはもちろん、プールやレストラン・スパ・ヨガ体験まで…ホテルの中だけでも十分楽しめちゃうコンテンツが盛りだくさんなのです。今回はドバイに数多くある5つ星ホテルの中の1つ、「フェアモント・ザ・パーム(Fairmont the Palm)」の宿泊体験をレポート。ここなら1日おこもりステイも有り、女子旅でおすすめしたいホテルでの過ごし方をご紹介致します。

青いタイルが美しい「Fairmont the Palm」のプール(C)モデルプレス
青いタイルが美しい「Fairmont the Palm」のプール(C)モデルプレス

「フェアモント・ザ・パーム(Fairmont the Palm)」ってどんなホテル?



ドバイのパーム・ジュメイラにある5つ星ホテル「Fairmont the Palm(フェアモント・ザ・パーム)」(C)モデルプレス
ドバイのパーム・ジュメイラにある5つ星ホテル「Fairmont the Palm(フェアモント・ザ・パーム)」(C)モデルプレス
ドバイには豪華で高級なホテルがたくさんありますが、中でも特に人気なのは上空から見るとヤシの木のような形をしている人工島「パーム・ジュメイラ」にあるホテルです。

人工島「パーム・ジュメイラ」(C)モデルプレス
人工島「パーム・ジュメイラ」(C)モデルプレス
こんな不思議な形をした人工島を造ってしまうなんて、想像力、スケール共に規格外なドバイならでは。この島は人工衛星からも見ることができるほど巨大なのだそう。

アラビックな雰囲気漂うお洒落なロビー(C)モデルプレス
アラビックな雰囲気漂うお洒落なロビー(C)モデルプレス
もともと観光用として開発・設計され、今は5つ星以上のハイクラスのホテルやハリウッドスターの別荘などが立ち並ぶリゾートエリアになっています。外側の島と島は海中トンネルで繋がっており、海の下を通って移動ができるとのこと。

今回宿泊したホテルは、このパーム・ジュメイラのヤシの木の根元にある「フェアモント・ザ・パーム」という5つ星ホテル。目の前はアラビア湾、そして近未来都市を感じさせる高層ビル群が立ち並ぶ光景が同時に見られる、絶好のロケーションのホテルです。

ホテル前のビーチから見ることができる、アラビア湾と高層ビル群がセットの光景(C)モデルプレス
ホテル前のビーチから見ることができる、アラビア湾と高層ビル群がセットの光景(C)モデルプレス
無料の専用ビーチと広くて快適なホテル内プールがあるので、気が向いたときにいつでも涼しく楽しめるアクティビティが満載です。

洗練された快適な空間、中東デザインを感じる豪華な客室



ホテル客室のベッドルーム/色合いが中東らしさを感じるお洒落空間(C)モデルプレス
ホテル客室のベッドルーム/色合いが中東らしさを感じるお洒落空間(C)モデルプレス
旅先で宿泊するホテルで気になるのは、やっぱり客室ですよね。お部屋が快適で素敵な空間であれば、旅行の思い出も素敵になると言っても過言では有りません。

今回宿泊したお部屋は、「Fairmont Gold View(フェアモント・ゴールド・ビュー)」ルーム(宿泊料金シングルAED2,000~=JPY61,000~、ダブルAED2,250~=JPY66,000~※諸税別)。アラビックな色味のインテリアがお洒落な広めのお部屋です。

部屋からはアラビア湾を一望することができ、バルコニーにはソファとテーブルも用意されています。ホテルのプールで泳いで疲れたら、お部屋のバルコニーで寛ぎながらお酒を1杯…なんていう楽しみ方もできちゃうんです。

部屋のバルコニーに用意されたテーブルとソファ(C)モデルプレス
部屋のバルコニーに用意されたテーブルとソファ(C)モデルプレス
テーブルの上に用意されたウェルカムフルーツとスイーツ、手紙(C)モデルプレス
テーブルの上に用意されたウェルカムフルーツとスイーツ、手紙(C)モデルプレス
さらに部屋の中に『フェアモントゴールド』というワンランク上のクラスの部屋だけにある、嬉しいサプライズが。エメラルドブルーのソファの隣にあるサイドテーブル上には、ウェルカムフルーツとスイーツ、そしてゲストへ向けた直筆のお手紙が。こういった細部まで行き届いた繊細なサービスが心を温かくさせてくれますよね。

バスルームも広々。大きなバスタブとシャワー室、ゴールドを基調とした豪華な洗面台があります。

広々としたバスルームは浴槽とシャワー室が両方完備されている(C)モデルプレス
広々としたバスルームは浴槽とシャワー室が両方完備されている(C)モデルプレス
ゴールドを基調とした豪華な洗面台(C)モデルプレス
ゴールドを基調とした豪華な洗面台(C)モデルプレス
浴槽のそばにはバラの香りの入浴剤とソープ、ヘチマのボディスポンジまで。

バラの香りのシリーズで揃えられたバスルームのアメニティ(C)モデルプレス
バラの香りのシリーズで揃えられたバスルームのアメニティ(C)モデルプレス
アメニティは全てバラの香りのシリーズで、女性の心を掴む素敵なグッズで揃えられています。

十分な収納スペースがあるウォークインクローゼット(C)モデルプレス
十分な収納スペースがあるウォークインクローゼット(C)モデルプレス
また、何かと荷物が多くなりがちな女性に嬉しい大きなウォークインクローゼットも。ハンガースペースや引き出しも十分なので、ドバイ旅行用にお洋服をたくさん持って来ていても安心して収納可能です。

目の前が海!高層ビルとビーチの組み合わせがTHEドバイを感じるロケーション



ホテルの目の前のビーチの様子(C)モデルプレス
ホテルの目の前のビーチの様子(C)モデルプレス
ホテルの目の前がビーチだと、わざわざ移動しなくてもいいのでとても楽チンですよね。「フェアモント・ザ・パーム」はまさにその好立地なロケーション。ホテルから歩いて目の前が専用ビーチになっているので、水着のままビーチへ行くことができちゃいます。

たくさんのパラソルが並ぶ光景がフォトジェニックなホテル専用ビーチ(C)モデルプレス
たくさんのパラソルが並ぶ光景がフォトジェニックなホテル専用ビーチ(C)モデルプレス
ビーチには白いパラソルとベンチがたくさん並んでいて、その光景だけでもまるで海外ドラマに出てくるワンシーンのよう。

ドバイで海を楽しむというイメージはあまりありませんが、実際はアラビア湾の綺麗な海も見どころの1つ。透き通ったエメラルドグリーンの海は、ホワイトサンドと組み合わさって非常に美しいコントラストを演出しています。

アラビア湾は透き通った青色で、想像以上にキレイ(C)モデルプレス
アラビア湾は透き通った青色で、想像以上にキレイ(C)モデルプレス
また海で遊んでいると、すぐ目の前にはドバイの高層ビル群の光景が目に飛び込んで来ます。この他の国ではなかなか見られない、自然と都会の景色がまさにドバイ!という雰囲気を感じさせてくれますよね。

1日ホテルおこもりステイもあり♡モデルプランはこれ!



青いタイルが美しい「Fairmont the Palm」のプール(C)モデルプレス
青いタイルが美しい「Fairmont the Palm」のプール(C)モデルプレス
普通なら朝から出掛けて観光を楽しみ、夜になってホテルに帰ってくる…というのが定番の過ごし方ですよね。でも、ここ「フェアモント・ザ・パーム」に泊まるならしっかりホテルを楽しむ時間を作らなきゃもったいない。

女子旅だからこそ楽しめる素敵なコンテンツがいっぱいなので、1日ホテルステイでも十分満喫できちゃうんです。そんな「フェアモント・ザ・パーム」で過ごす1日のモデルプランをご紹介致します。

ホテル1Fの朝食会場のテーブル(C)モデルプレス
ホテル1Fの朝食会場のテーブル(C)モデルプレス
まず1日の始まりで楽しみたいのが朝食。品揃えが豊富でたくさんの種類が楽しめる朝食はまさにホテルの醍醐味。ここ、フェアモント・ザ・パームのメイン朝食会場はかなり広いので、全ての種類を見るだけでも凄い量なんです。

種類豊富なベーカリーコーナー(C)モデルプレス
種類豊富なベーカリーコーナー(C)モデルプレス
とにかく品揃えがたくさんで、ベーカリーコーナーだけでも長テーブルをひとつまるごと独占するほど種類が豊富。パンひとつ選ぶのにも迷ってしまうほど。

オムレツに入れることができる具材も豊富に揃っている(C)モデルプレス
オムレツに入れることができる具材も豊富に揃っている(C)モデルプレス
ホテルの朝食で定番の出来立てのオムレツを作ってくれるシェフもいます。好きな具材をオーダーしてお好みの卵料理を作ってもらえるのは嬉しいですね。

朝食会場にズラッと並べられた料理の数々(C)モデルプレス
朝食会場にズラッと並べられた料理の数々(C)モデルプレス
美味しい朝食を食べられるのはホテルの醍醐味(C)モデルプレス
美味しい朝食を食べられるのはホテルの醍醐味(C)モデルプレス
料理の数だけでもこんなにあるので、連泊していても毎朝飽きることが無さそうなほどです。しかもどれも日本人の舌に合う味付け。1日の始まりを、美味しい朝食からスタートできるので幸せな気分になれます。

ヨガレッスンの様子(C)モデルプレス
ヨガレッスンの様子(C)モデルプレス
そして朝食を食べた後は、カラダを動かして食べたカロリー分を消費しましょう!ホテル内にはジムが完備されていて、専用のヨガルームも。まだ起きたてで鈍っている頭とカラダをヨガで目覚めさせればスッキリ、気持ちもリフレッシュできます。

ヨガルームでタオルとお水も用意してくれているので、手ぶらで会場へGO(C)モデルプレス
ヨガルームでタオルとお水も用意してくれているので、手ぶらで会場へGO(C)モデルプレス
ヨガレッスンは現在(2018年11月時点)、朝と夜に開催中。朝のレッスンはAM11:00からスタート、宿泊者の場合は追加料金AED55(=JPY1700)で受けられます。毎日開催されているものではないため、開催曜日はホテルに問い合わせを。

美味しいドバイのごはんを食べ過ぎて、ちょっと重たくなったカラダをシャキッとさせましょう。朝の目覚めに抜群に効きます。

ヨガでスッキリした後は、そのままプールへ。運動して熱くなったカラダをプールでクールダウン。気持ちいい水の中で泳げば、癒されること間違いなし。

プールサイドにはパラソルとソファ/泳ぎ疲れたらここで休んだり、読書をしたり、思い思いに過ごせる(C)モデルプレス
プールサイドにはパラソルとソファ/泳ぎ疲れたらここで休んだり、読書をしたり、思い思いに過ごせる(C)モデルプレス
「フェアモント・ザ・パーム」のプールはどこも青いタイルが敷き詰められていて、その美しい色合いが水の中に溶け込んでしまいそうな感覚にさせてくれます。
真っ青なタイルが美しい、フェアモント・ザ・パームのプール(C)モデルプレス
真っ青なタイルが美しい、フェアモント・ザ・パームのプール(C)モデルプレス
そして…ホテルでもう1つ楽しめる、とっておきのコンテンツがスパ。ホテルで受ける高級でラグジュアリーなスパ体験は、女子の究極の癒しそのもの。「フェアモント・ザ・パーム」のスパは、取り扱う商材やメニューにこだわっているのでとてもおすすめ。

スパの受付で売られているエステ用品(C)モデルプレス
スパの受付で売られているエステ用品(C)モデルプレス
スパフロア行きのエレベーターに乗り受付に向かうと、施術に使うたくさんのエステ用品が並んでいます。

今回は30分のショートコース(AED279=JPY8600)を体験しました。首から背中にかけてアロママッサージを施してくれるコースです。

スパの施術前に用意されるウェルカムドリンク(C)モデルプレス
スパの施術前に用意されるウェルカムドリンク(C)モデルプレス
受付に着くとまずウェルカムドリンクのサービスが。スッキリした味わいのフルーティなお味です。

スパの個室は照明を落とした落ち着く空間(C)モデルプレス
スパの個室は照明を落とした落ち着く空間(C)モデルプレス
アンケートシートに記入後、ロッカールームで洋服を着替えたら施術の専用プライベートルームへ。施術台のシーツはシルクなので肌当たりがとても良く、これだけでもお姫様気分を味わえます。熟練のスタッフがツボを押さえたマッサージをしてくれるので、そのスッキリ感は絶大。

スパのリフレッシュメントルーム(C)モデルプレス
スパのリフレッシュメントルーム(C)モデルプレス
スパが終わった後は、リフレッシュメントルームへ。ここではオーガニックハーブティやマフィンの軽食を食べられます。

3種類のオーガニックティー、デトックスウォーター、マフィンが用意されている(C)モデルプレス
3種類のオーガニックティー、デトックスウォーター、マフィンが用意されている(C)モデルプレス
ここはスパが終わって体が軽くなり、ほっと癒されたい時間を楽しむ場所。ブルーが貴重の落ち着いたインテリアも、視界から癒しを与えてくれる空間になっています。ここで至福の時を満喫して、贅沢気分を味わいましょう。

アフタヌーンティーセットAED155~(JPY4780)(C)モデルプレス
アフタヌーンティーセットAED155~(JPY4780)(C)モデルプレス
ヨガ・プール・スパ…と続いて、そろそろお腹が空いてくるころ。そんな時はホテルのアフタヌーンティで女子会を楽しみませんか?フェアモント・ザ・パームのロビーにあるカフェ「Mashrabiya」は数々の受賞歴を誇る絶品のケーキを取り揃えたお店です。

アフタヌーンティーの主役、マカロン(C)モデルプレス
アフタヌーンティーの主役、マカロン(C)モデルプレス
一口サイズのフィンガーサンドイッチや可愛らしい色のマカロン、クロティッドクリームをつけて食べるスコーンは絶品。スリランカや中国など様々な原産国から集められた厳選した数種類の紅茶と一緒に食べれば、まるで気分は王族。

午後は、海に行ったり部屋で寛いだり、ホテルのプールサイドで読書をしてゆったり過ごすのもおすすめです。もし水着が無くて困った!という場合は、ホテル内にショップもあるのでご安心ください。

日本には無いデザインの水着がたくさん(C)モデルプレス
日本には無いデザインの水着がたくさん(C)モデルプレス
アラビックでお洒落な洋服や水着、アクセサリーなど、ハイセンスで可愛いものが目白押し。ついつい買い物にも没頭してしまいます。

美味しいと評判のLITTLE MISS INDIA(C)モデルプレス
美味しいと評判のLITTLE MISS INDIA(C)モデルプレス
また、「フェアモント・ザ・パーム」は世界各国の料理が味わえる10個のレストランが自慢のホテル。どのレストランも嗜好を凝らしていて美味しいのですが、中でも評判なのは「LITTLE MISS INDIA」というインド料理レストラン。

ライトアップされお洒落な店の入り口(C)モデルプレス
ライトアップされお洒落な店の入り口(C)モデルプレス
店の中にはインドを象徴するカラフルなトラックが(C)モデルプレス
店の中にはインドを象徴するカラフルなトラックが(C)モデルプレス
スパイスの効いた本場の味を楽しめるカレーレストランで、どれも味に深みがあり非常に美味しいものばかり。量が結構あるので、2人でシェアしつつ食べるのがおすすめです。

夜のディナーもホテル内で楽しむことができるので、ドレスアップして出掛けてみてくださいね。

最上級の贅沢空間でおこもりステイ



「フェアモント・ザ・パーム」でのおこもりステイモデルコース、いかがでしたでしょうか?

せっかくドバイまで来たのにホテルだけの滞在を1日してしまうなんてもったいない…と思っていた方も、考え方が変わったはず。

ヨガ、プール、ビーチ、スパ、アフタヌーンティーまで…こんなに充実した過ごし方ができるならホテルおこもりステイも有りではないでしょうか。是非ドバイ旅行に行く際は、「フェアモント・ザ・パーム」で女子旅おこもりステイを満喫してみてくださいね。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「フェアモント・ザ・パーム」内部をイッキ見!フォトギャラリー


フェアモント・ザ・パーム(Fairmont the Palm)概要



住所:Palm Jumeirah - Dubai
電話番号:+971-4-457-3388

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。取材協力:ホテル(フェアモント・ザ・パーム)、ドバイ政府観光・商務局

【Not Sponsored 記事】
青いタイルが美しい「Fairmont the Palm」のプール(C)モデルプレス
Page Top