女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

この冬行くべき!面白アクティビティ&絶品ゲレ食のおすすめスキー場まとめ

最近ぐっと寒さが増し、ウィンタースポーツのシーズンが本格的に到来。どこに行こうかと迷っている人も多いのではないでしょうか?今回は、スキーやスノーボードを楽しめるほか、特別なアクティビティや地元の食材をふんだんに使ったゲレンデ食が人気のスキー場をご紹介。冬の楽しいお出かけに、ぜひ参考にしてください。

激しめアクティビティ満載「マウントジーンズ」

photo
photo:マウントジーンズ那須
ひとつめにご紹介するのは、栃木県那須郡の「マウントジーンズ」。首都圏から車で、または新幹線で那須塩原駅まで行き、そこから無料の送迎バス利用で約2時間程度とアクセス良好なスキー場です。中級コースを中心に、山頂の方には傾斜がきつめの上級者向けコース、下方には初心者にもうれしいなだらかなコース…とバランスよく配置されています。
photo
photo:マウントジーンズ那須
こちらのスキー場はアクティビティの種類が豊富。中でも友達同士で盛り上がれるのが「スノーラフティング」です(リフト券と別料金)。ゴムボートに乗り込んで、スノーモービルに引っ張られながら約600mを滑走します。広大な雪景色の中を走るスリルをぜひ味わってください。
ほかに、太いタイヤのファットバイクで雪の上をサイクリングするツアーや、スノーシューを履いて雪の積もった森を散策するツアーなども。飼い犬と雪原を楽しめるドッグランもありますよ。お好みのアクティビティで思いっきり体を動かしてはいかがでしょうか?
photo
photo:マウントジーンズ那須
マウントジーンズでおすすめのゲレンデ食は、山頂のカフェで食べられる「那須豚ベーコンマルゲリータ」。地元の那須豚で作られた特製ベーコンが入った熱々のピザです。那須の自然豊かな地で悠々と育てられた豚は、旨みと甘みのある脂身がたっぷりでとてもジューシー。新鮮なトマトやバジル、とろりと溶けたチーズ、さらに上にのった半熟卵がからめばより濃厚な味わいに。アクティビティを楽しんだ後、みんなで贅沢なマルゲリータを堪能してください。

空と雪の絶景を満喫できる「グランデコスノーリゾート」

photo
photo:グランデコスノーリゾート
福島県裏磐梯にある「グランデコスノーリゾート」は、都内から車で、または新幹線で郡山駅まで行き、無料バスに乗って約3時間半で到着します。大自然に囲まれていて絶景ポイントが多く、フォトジェニックだと人気のスキー場です。初心者や家族連れも安心の初級・中級コースが多く、上級も含めてそれぞれに長距離の直線コースやカーブの多いコースなどを用意。レールやボックスなどを楽しめるスロープパークもあります。
photo
photo:グランデコスノーリゾート
ここで宿泊してでも参加したいのが、「サンセットツアー」と「ナイトツアー」です(リフト券と別料金)。スノーモービルの後ろに乗り、景色を眺めながら走ります。広大な敷地内をスノーモービルで滑走できる貴重な機会。しかも、目の前には雄大な山々と大きな空が広がっています。雪原の向こうに沈んでいく夕日や満天の星空は、普段は見ることのできない幻想的な光景。ため息が出てしまう美しさで、日常生活から離れた別世界にいるような気分が味わえます。
サンセットツアーは16時半または17時から、ナイトツアーは18時から開始で、夕方・夜1回ずつの実施でそれぞれ最大4名まで参加可能。専属スタッフが丁寧に案内してくれるので安心ですよ。事前予約が必要なので、忘れずにご連絡を。
photo
photo:グランデコスノーリゾート
スキーセンターCafeteriaの人気ゲレンデ食は、「福島県産あぶくま三元豚のロースカツカレー」。きめ細かくやわらかな肉質で、細部までバランスよく脂が広がったあぶくま三元豚を厚切りにして揚げたカツがボリューム満天。頬張ればサクッとした衣のあとに、なめらかでとろけるようなお肉が口の中に広がります。カレー自体も、数種のスパイスとブイヨンを使って煮込んだこだわりのもの。スキー・スノーボードで体を動かして食べるカツカレーは格別の美味しさですよ。

特別な記念撮影ができる!「たんばらスキーパーク」

photo
photo:たんばらスキーパーク
群馬県沼田市にある「たんばらスキーパーク」は、都内から車か、新幹線で上毛高原駅まで行き、無料バスで約2時間半。初級・中級コースが多めでゆったりと滑れるスキー場ですが、斜度のある上級コースや、キッカーやボックスを配置したパークなども完備しています。
photo
photo:Shutterstock
たんばらスキーパークで注目したいのが、今冬から導入された「たんばラブcamera」。画面のついた機械の前に複数人で立ち、両端の人がハート型のパーツを手に持ちます。全員が横並びになって手を繋いだり、肩を組んだりして体の一部が触れた状態になると、その瞬間に写真が撮影されるというもの。写真はQRコードでスマートフォンに取り込んで保存できるので、良い記念になりますよ。カップルや家族・友達同士で新感覚の記念撮影を楽しんでみてはいががでしょう。リフト券が購入できる山麓リゾートセンター内に設置されているので、見つけてくださいね。
photo
photo:たんばらスキーパーク
お楽しみのゲレンデ食は、同じく山麓リゾートセンター内のレストランON&OFFで一押しの「ひもかわけんちんうどん」。
ひもかわうどんは群馬県桐生地域の郷土料理。幅広の麺で、つるんとした食感とのど越しが特徴。それを大根やごぼう・しめじ・こんにゃくなどが入ったけんちん汁ベースのおつゆに入れたのがひもかわけんちんうどんです。根菜がたっぷりで食べ応えがあり、よく煮込まれた具材と熱々のおつゆで体が芯から温まりますよ。

キャッシュレスで身軽にウィンタースポーツを楽しんで

photo
photo:グランデコスノーリゾート
今回ご紹介した3ヵ所のスキー場では、この冬から電子マネーの「Tマネー」・「Tポイント」と、QRコード決済「StarPay」のサービスがスタート。これはスキー場初の取り組みなのだそう。
Tマネーのサービスは、Tカードに現金をチャージしておき、リフト券購入時に利用すれば、お金の出し入れが不要で決済がスムーズに。同時にショッピングポイントと決済ポイントがダブルで貯まってお得です。
Tポイントについては、窓口での支払い時にTカードを提示すれば、ポイントが貯められます。(ポイントは貯まりますが、その場で使うことはできません。)
また、「StarPay」は現在LINEPay・AliPay・WeChatPayにより、現金不要で支払いができるようになっています。今後、他決済サービスも導入予定とのことです。
決済の面でも便利になったスキー場で、思いっきりウィンタースポーツを楽しんでくださいね。

writer / ミハル

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。


【Not Sponsored 記事】
スキー場でアクティビティを楽しむ人達

関連リンク

Page Top