女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

砂漠だけじゃない!ドバイ女子旅で行きたい最新フォトジェニックスポット

日本から毎日直行便が飛んでいる人気渡航先のドバイ。飛行機で片道12時間かけて向かう中東随一の先進国を訪れる、日本からの観光客数は年々増加中。壮大な砂漠、世界一の建造物バージュ・カリファ、アラビックな雑貨がたくさん売られているスーク(市場)など見どころがたくさん。これらの定番観光スポットもいいけど、穴場の最新スポットも押さえておきたいところ。今回はそんな旅ツウの方にご紹介したい、ドバイの最新フォトジェニックスポットをご紹介致します。

comptoir102/中東風のインテリアが可愛い店内の内装(C)モデルプレス
comptoir102/中東風のインテリアが可愛い店内の内装(C)モデルプレス

ハイセンスなグラフィティアートの宝庫「La Mer(ラ・メール)」



La Merは海に面しており、広大なビーチで想い想いに時間を過ごせる(C)モデルプレス
La Merは海に面しており、広大なビーチで想い想いに時間を過ごせる(C)モデルプレス
パークの中心にはカフェやショップ、レストラン、映画館まで色々な施設が(C)モデルプレス
パークの中心にはカフェやショップ、レストラン、映画館まで色々な施設が(C)モデルプレス
2017年10月にオープンしたエンターテイメントパーク「La Mer」。広大な敷地内にはビーチやレストラン、ショップ、プールまで様々な施設が入っています。海で泳いだり、芝生で寝転んだり、ショッピングを楽しんだり…と、思い思いの過ごし方ができるのが魅力です。

黒と白の手が独特な世界観を表現している壁(C)モデルプレス
黒と白の手が独特な世界観を表現している壁(C)モデルプレス
ジーパンが植木鉢になった像(C)モデルプレス
ジーパンが植木鉢になった像(C)モデルプレス
中でもこの施設で注目なのは、あちこちに散らばったグラフィティアート。世界各国のアーティストがドバイに立ち寄った際に、次々と作品を残していってくれるそう。

最近世界各国でも流行っている天使の羽がここにも(C)モデルプレス
最近世界各国でも流行っている天使の羽がここにも(C)モデルプレス
巨大スライダーを楽しみたい方はプールへ行くのもアリ(C)モデルプレス
巨大スライダーを楽しみたい方はプールへ行くのもアリ(C)モデルプレス
大きな壁一面に漁師が描かれた魚(C)モデルプレス
大きな壁一面に漁師が描かれた魚(C)モデルプレス
水道パイプが少年に可愛くペイント(C)モデルプレス
水道パイプが少年に可愛くペイント(C)モデルプレス
世界各国で流行っている天使の羽や、見上げるほど大きな魚のアート、ジーパンが植木鉢になった像など他にもさまざまなアートスポットが点在していました。

1日遊べるくらいの大きな施設なので、写真撮影を楽しみつつ少しずつ敷地内を移動して遊ぶのも楽しそうですね。入場は無料(ビーチを含む)。各施設で利用料がかかります。

■La Mer
住所:2 A St - Dubai

古い工場をリノベーション?高級チョコレート工場「Mirzam(ミルザム)」



もともと工場の跡地だった場所のため、Mizramの外観も工場の面影が残る(C)モデルプレス
もともと工場の跡地だった場所のため、Mizramの外観も工場の面影が残る(C)モデルプレス
Alserkalアベニューという、古い工場の跡地をリノベーションしたアート地区にあるチョコレート工場「Mirzam」。

豆から加工まで全て一貫して工場内で行われる“ビーントゥバー”製法により、1つ1つ丁寧に手作業で作られたチョコレートが絶品!と今話題のショップなんです。

細かくしたカカオ豆を温めながらかき混ぜることでどんどん滑らかに(C)モデルプレス
細かくしたカカオ豆を温めながらかき混ぜることでどんどん滑らかに(C)モデルプレス
手作業で1つ1つチョコレートが作られる様子(C)モデルプレス
手作業で1つ1つチョコレートが作られる様子(C)モデルプレス
丁寧にチョコレートをカット(C)モデルプレス
丁寧にチョコレートをカット(C)モデルプレス
チョコレートの製造過程を見ながら、チョコを購入できるような店内設計(C)モデルプレス
チョコレートの製造過程を見ながら、チョコを購入できるような店内設計(C)モデルプレス
ショップに入るとエントランスからチョコレートの精製用の機械が並んでおり、厳選したカカオ豆から丁寧にチョコレートが作られていく製造過程を見学できます。

できたチョコレートはフォトジェニックな模様のパッケージにラッピングされ、店頭に陳列。この見た目の可愛さも、今人気を集めている理由の1つ。1枚 約1000円ちょっとと、少しお高めな高級チョコレートですが、買う価値ありの絶品のお味。お土産にも最適です。

チョコレートにはそれぞれ試食品が置いてあるので、味見しながら好みのフレーバーを探せる(C)モデルプレス
チョコレートにはそれぞれ試食品が置いてあるので、味見しながら好みのフレーバーを探せる(C)モデルプレス
チョコバーの種類はいくつかあり、定番のビターやミルク以外にもカルダモン入りや唐辛子入り、カルダモンやドバイドーナッツなどここでしか手に入らないフレーバーもたくさん。試食品も置いてあり気になるチョコレートを試食できます。どれも美味しく、口の中でとろけて広がる感じがたまりません。

店内にあるカフェスペースでイートインも可能(C)モデルプレス
店内にあるカフェスペースでイートインも可能(C)モデルプレス
また、店内にはカフェスペースもあり、コーヒーと一緒にチョコレートをその場で食べることもできるんです。チョコレートドリンクもあるので、甘いもの好きな方は試してみてはいかがでしょうか?一度食べたらやみつきになる「Mirzam」のチョコレートの、奥深い甘さにとろけてしまうこと間違いなし。

■Mirzam
住所:73 6 St - Dubai


THEインスタ映え♡オーガニックフードが可愛い「comptoir102(コントワール102)」



ドバイで人気のオーガニックカフェ「comptoir102」の外観(C)モデルプレス
ドバイで人気のオーガニックカフェ「comptoir102」の外観(C)モデルプレス
今ドバイで若い女性から人気を集めているオーガニックカフェ「comptoir102」。健康的でヘルシーなメニューもさることながら、店内のインテリアのセンスが乙女心をくすぐる可愛い内装のカフェなのです。

店の外に描かれた、看板代わりの壁のアートもおしゃれ(C)モデルプレス
店の外に描かれた、看板代わりの壁のアートもおしゃれ(C)モデルプレス
カフェ店内のテラス席、陽の光が入る爽やかな空間(C)モデルプレス
カフェ店内のテラス席、陽の光が入る爽やかな空間(C)モデルプレス
店内奥のスペースも、ナチュラルテイストの落ち着く空間(C)モデルプレス
店内奥のスペースも、ナチュラルテイストの落ち着く空間(C)モデルプレス
店内にはテラス席と奥の店内スペースがあり、どちらも開放感あふれる素敵な設計。

今回は奥の店内スペースでコースのランチメニューを頂きました。全てオーガニックのヘルシーなメニューで揃えられていて、スムージーやサラダなど健康的なものがたくさん。

オーガニックランチメニュー(C)モデルプレス
オーガニックランチメニュー(C)モデルプレス
ランチコースは、1starter+1main+1dessertがつく内容。さらに追加で、レッドキャベツとりんごのサラダ・トリコロールのキヌアをオーダーしました。

スターターのサラダは、りんごの甘さとキャベツがマッチする美味しいお味!サラダでも食べ応えがあり、意外とお腹にたまります。

なんだかとっても美味しい、絶妙な味付けのサラダ!かなりお腹にたまる(C)モデルプレス
なんだかとっても美味しい、絶妙な味付けのサラダ!かなりお腹にたまる(C)モデルプレス
まるでケーキのように絶妙に盛り付けられたキヌア(C)モデルプレス
まるでケーキのように絶妙に盛り付けられたキヌア(C)モデルプレス
そしてメインのトリコロールのキヌア。おしゃれ過ぎて、どこから食べて良いのか分からないほどフォトジェニックな見た目で、トリコロールカラーの黄色・緑・ブラウンが、まるでケーキのよう。見た目だけではなく、もちろん味も絶品。ヘルシーかつお腹にもたまるので、女子には嬉しい1皿でした。

店内には雑貨の販売スペースも(C)モデルプレス
店内には雑貨の販売スペースも(C)モデルプレス
販売されている家具も可愛いものばかり(C)モデルプレス
販売されている家具も可愛いものばかり(C)モデルプレス
店内で販売されているおしゃれな食器の数々(C)モデルプレス
店内で販売されているおしゃれな食器の数々(C)モデルプレス
上品な香りのするキャンドル(C)モデルプレス
上品な香りのするキャンドル(C)モデルプレス
店内にはカフェスペースだけでなく、雑貨のショップスペースもあります。お皿やキャンドル、お香、クッションカバー、洋服、アクセサリーまで、品揃えは様々。

ソファとクッション、壁掛けのインテリアがハイセンス(C)モデルプレス
ソファとクッション、壁掛けのインテリアがハイセンス(C)モデルプレス
たくさんの柄があるクッションカバー(C)モデルプレス
たくさんの柄があるクッションカバー(C)モデルプレス
スキンケア・ボディソープなどの美容グッズやアロマが販売されているスペースも(C)モデルプレス
スキンケア・ボディソープなどの美容グッズやアロマが販売されているスペースも(C)モデルプレス
鮮やかで可愛い、ドバイならではのおしゃれなお洋服もたくさん(C)モデルプレス
鮮やかで可愛い、ドバイならではのおしゃれなお洋服もたくさん(C)モデルプレス
アクセサリーも日本には無い中東エッセンスの入ったデザイン(C)モデルプレス
アクセサリーも日本には無い中東エッセンスの入ったデザイン(C)モデルプレス
カフェでお腹を満たしつつ、ショッピングも楽しめちゃう素敵なお店。女性の好きなものが詰まっている「comptoir102」は、ドバイに訪れたらマストで行っておきたい場所です。

■comptoir102
住所:102 Beach Rd, Jumeirah 1 - Dubai


ドバイで2番目の高層階ホテル「JW Marriott Marquis Dubai(JWマリオット・マーキス・ドバイ)」のバーで最高の夜景を



アンティークの家具に囲まれたスペースは、まるで海外ドラマの光景(C)モデルプレス
アンティークの家具に囲まれたスペースは、まるで海外ドラマの光景(C)モデルプレス
ドバイのフォトジェニックなスポットは、昼間の風景だけではありません。夜景も素晴らしいのがドバイの魅力!ドバイで2番目に高いホテル「JW Marriott Marquis Dubai」の68Fのバーから見える夜景が最高なんです。

バーの奥スペースも、高級感漂うシックなインテリアに包まれている(C)モデルプレス
バーの奥スペースも、高級感漂うシックなインテリアに包まれている(C)モデルプレス
2018年の2月まではドバイで1位の高さのホテルでしたが、わずか1mの差で「ゲボラホテル」に高さを抜かれ現在は2番目に。とはいえ、その高層階からの眺めは絶景!まるで海外ドラマのワンシーンのような光景が広がっています。

世界一の高さ「ゲボラホテル」ってこんなとこ


オリジナルカクテルも絶品!強めのものもあるので、酔っ払い過ぎないように(C)モデルプレス
オリジナルカクテルも絶品!強めのものもあるので、酔っ払い過ぎないように(C)モデルプレス
バーにあるオリジナルカクテルも美味しいものばかり。発展した近未来都市・ドバイの夜景にうっとりしながら、ついつい酔っ払ってしまうかも。最高の夜景とともに、極上のバータイムを楽しんでくださいね。
JW Marriott Hotel Dubai(C)モデルプレス
JW Marriott Hotel Dubai(C)モデルプレス
■JW Marriott Marquis Dubai
住所:near Hamarain Shopping Center - Abu Baker Al Siddique Rd - Dubai


シルク・ドゥ・ソレイユでも活躍した演出家の迫力あるショーに興奮!「La Perle(ラペール)」



ショー会場の入り口(C)モデルプレス
ショー会場の入り口(C)モデルプレス
シルク・ドゥ・ソレイユでも活躍した演出家が手掛ける「La Perle」は、ドバイで注目を集めている人気のショー。

ラペールのチケット。裏にあるQRコードリーダーで入場できる(C)モデルプレス
ラペールのチケット。裏にあるQRコードリーダーで入場できる(C)モデルプレス
何十メートルもの高さから落ちる水は滝のよう(C)モデルプレス
何十メートルもの高さから落ちる水は滝のよう(C)モデルプレス
この演出のために造られた専用劇場、アクア・シアターで繰り広げられるのは光と水のアクアショー。あのシルクドゥソレイユを成功に導いた世界的名演出家フランコ・ドラゴーヌが手掛けているだけあり、目を奪われる演出と流れるようなストーリー展開、夢を見ているかのような圧巻の世界観に一時たりとも目が離せません。

特に巨大ホールの中で大量の水を使った演出は迫力満点。劇中はカメラ撮影は禁止ですが、携帯での撮影はOKとのことでした。次々と出てくる仕掛けに驚きながら、是非ショーのストーリーを楽しんでください。

■La Perle Dubai(2017年8月31日より公演)
住所:260 Sheikh Zayed Rd - Dubai
営業時間:
(水・木・金)19:00~20:30、21:30~23:00
(土)16:00~17:30、19:00~20:30 
※火、日に公演する場合もあり、時間は変更の場合あり
※チケット:AED400~

女子の心をくすぐるドバイの最新スポットを旅しよう♡



ドバイの最新フォトジェニックスポットは女子の心をくすぐる素敵な場所がいっぱい。定番のドバイ旅も良いけれど、ちょっと足を伸ばして最新のおしゃれスポットに足を運べば、一気にドバイ通になれること間違いなし。

素敵な女子旅の思い出に、是非最新のフォトジェニックスポット巡りも取り入れてくださいね。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。
取材協力:ホテル(フェアモント・ザ・パーム)、砂漠ツアー催行会社アラビアン・アドベンチャー、ドバイ政府観光・商務局

【Not Sponsored 記事】
comptoir102/中東風のインテリアが可愛い店内の内装(C)モデルプレス
Page Top