女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

玉城ティナ、極彩アート空間で艶やか姿 蜷川実花が“ミューズ”を撮り下ろし

東京・お台場パレットタウンのデジタルアートミュージアム「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス」の来場100万人突破を記念したフォトエキシビション「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」が、ラフォーレ原宿にて2018年12月18日(火)~22日(土)まで開催。写真家・蜷川実花が、玉城ティナをモデルとして「チームラボ ボーダレス」の世界を撮影した作品が展示される。

Mika Ninagawa @ teamLab Borderless/玉城ティナ(提供写真)
Mika Ninagawa @ teamLab Borderless/玉城ティナ(提供写真)
2018年11月28日に来場者が100万人突破したことを記念した本フォトエキシビションは、施設側が蜷川の独自の感性で「チームラボボーダレス」を表現してほしいとオファーしたことから実現。

会場では、蜷川が「チームラボ ボーダレス」の世界を切り撮った作品と、彼女が自身のミューズとも語る玉城をモデルとして「チームラボ ボーダレス」の世界を撮影した作品、あわせて21作品を展示。会期中には、会場でしか手に入らない特製ブックレット限定1,000冊も用意されている。

開催に先駆け、蜷川は「ロケをしに行くみたいにどんどん動いていくいい瞬間や場所を探し追いかけました。それは新しい感覚でありながら通常やっている事と同じでした。チームラボが作った世界の中に人物を連れてロケに行く。まるで森に冒険に行くように。それが自然であってもデジタルであっても。」とコメントしている。(modelpress編集部)

フォトエキシビション 「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」 開催概要



開催日時:2018年12月18日(火)~22日(土)11:00~21:00※会期中無休
会場:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階 ラフォーレミュージアム原宿
入場無料


【Not Sponsored 記事】
Mika Ninagawa @ teamLab Borderless/玉城ティナ(提供写真)
Page Top