女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

日本初の中華まん工場見学施設「中華まんミュージアム」誕生、出来立ての試食やシアターも

株式会社中村屋は、日本初となる中華まん工場の常設見学施設「中華まんミュージアム」が、埼玉県入間市に2019年1月25日(金)よりオープンする。

中華まんミュージアム/画像提供:中村屋
中華まんミュージアム/画像提供:中村屋

中華まんのおいしさを“家族と一緒に体験、五感で楽しむ”新施設



中華まんオブジェが置かれたエントランス/画像提供:中村屋
中華まんオブジェが置かれたエントランス/画像提供:中村屋
今年7月に竣工した武蔵工場内にオープンする「中華まんミュージアム」は、昨今の工場見学人気の高まりを受け、幅広い世代に食される「中華まん」を通して、コンセプトである「家族でのおいしい思い出」を提供することを目的とした常設見学施設。

見学は専用WEBページからの予約が必要で、10時からと14時からの1日2回、各回定員は20名、所要時間は約90分。

シアター/画像提供:中村屋
シアター/画像提供:中村屋
中村屋や中華まんについて学ぶ『シアター』、『中華まんの工場見学』、中華まんのおいしさのポイントの展示やゲームが用意された『おいしさゾーン』、そして工場で出来立ての『中華まんの試食』の4つがメインとなる。

「中華まんミュージアム」工場見学内容



見学通路/画像提供:中村屋
見学通路/画像提供:中村屋
見学内容は、シアターで「中華まん」や中村屋のことを映像で学んだ後、ガイドが、実際の製造ラインをパネルや映像と共に案内。

具材や生地を作る工程をはじめ、具を生地で包む工程、発酵させて蒸す工程、包装の工程、検査など「中華まん」の製造工程を順番に巡り、おいしさのひみつを探る。

ゲームができるおいしさゾーン/画像提供:中村屋
ゲームができるおいしさゾーン/画像提供:中村屋
その後、見て・聞いて・触りながら中華まんのおいしさへのこだわりを再認識するエリアで、おいしさのポイントを展示やタッチモニター式のゲームで体感。

また、来館者に描いてもらったオリジナルの「中華まん」が投影される壁面メディアアートでは、アイデアをシェアすることで来館者同士や中村屋とのコミュニケーションを生み出し、思い出づくりにもつなげていく。

そして工場見学の締めくくりに、武蔵工場で製造された「肉まん」の試食も用意されている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

中華まんミュージアム概要



オープン日:2019年1月25日(金)
住所:埼玉県入間市狭山台 234(武蔵工場内)
TEL:04-2935-1592
休館日:水、木曜日、年末年始、工場休業期間
案内時間:10時~、14時~(所要時間 90分)
定員:完全予約制、各回20名(最少遂行人数 2名)
入場料:無料
予約開始:2018年12月17日(月)10時~(予約はWEBサイトから)

情報:中村屋

【Not Sponsored 記事】
中華まんミュージアム/画像提供:中村屋
Page Top