女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

ベトナム流サンドイッチ“バインミー”専門店が下北沢に、秘伝のレシピで本場の味を再現

11日、ベトナムのサンドイッチである“バインミー”のテイクアウト専門店「バインミーバーバー(BANHMI BA BA)」が東京・下北沢にオープンした。

ベトナム流サンドイッチ“バインミー”専門店が下北沢に、秘伝のレシピで本場の味を再現/画像提供:One Technology Japan
ベトナム流サンドイッチ“バインミー”専門店が下北沢に、秘伝のレシピで本場の味を再現/画像提供:One Technology Japan

ベトナムの国民食「バインミー」って?



「バインミー」とは、フランスパンにチャーシューやレバーペースト、ベトナムポークハムなどの肉類、大根と人参のなますや きゅうりにパクチー、小ねぎなどたくさんの野菜を、マヨネーズと一緒に挟んだベトナム式サンドイッチのこと。本場の本当の美味しさを伝え、バインミーをカレーのような日常食にするべく「バインミーバーバー 」は誕生した。

現地の秘伝のレシピを継承



バインミーバーバー/画像提供:One Technology Japan
バインミーバーバー/画像提供:One Technology Japan
レシピ担当のフォン氏は、1970年代にホーチミンでバインミーの屋台を営んでいた母の秘伝のレシピを引き継ぎ、ほとんどの材料は本場のものを使用。

ベトナムのジョートゥー/画像提供:One Technology Japan
ベトナムのジョートゥー/画像提供:One Technology Japan
例えば具材のひとつである、“ジョートゥー” というハム(ベトナムゼラチンハム)は、豚耳、豚タン、きくらげ、椎茸などの材料を練り込みサイゴンの味を再現。サクサクした食感で、調味料の粒コショウのピリッとした辛さがバインミーのアクセントとなる。

「バインミーバーバー」のメニューは?



バインミーバーバー/画像提供:One Technology Japan
バインミーバーバー/画像提供:One Technology Japan
そして試行錯誤を重ねパン屋とバインミー専用のパンを一から開発し、衣がカリッとして香ばしく、口に入れると甘味が広がるサクサクふわふわのパンを完成させた。メニューはフルサイズ・ハーフサイズのバインミーを中心に、ベトナム風ぜんざい「チェー」や、「ベトナムコーヒー」「ハス茶」も取り揃える。 (女子旅プレス/modelpress編集部)
バインミーバーバーメニュー/画像提供:One Technology Japan
バインミーバーバーメニュー/画像提供:One Technology Japan

バインミーバーバー(BANHMI BA BA)店舗情報



住所:東京都世田谷区北沢2丁目27-8
交通アクセス:小田急線、京王井の頭線下北沢駅西口より徒歩2分
営業時間:11:00~21:00
電話番号:03-6804-8967

情報:One Technology Japan

【Not Sponsored 記事】
ベトナム流サンドイッチ“バインミー”専門店が下北沢に、秘伝のレシピで本場の味を再現/画像提供:One Technology Japan
Page Top