女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

花火と歌舞伎が初共演「東京花火大祭」ビーチや船上の特別鑑賞エリアが登場

【女子旅プレス】2018年8月11日(土)、東京・お台場海浜公園にて内閣総理大臣賞受賞クラスの花火師が一同に会し、約12,000発の花火を打ち上げる「東京花火大祭~EDOMODE~」が開催される。

花火と歌舞伎が初共演「東京花火大祭」ビーチや船上の特別鑑賞エリアが登場/画像提供:東京花火大祭制作委員会
花火と歌舞伎が初共演「東京花火大祭」ビーチや船上の特別鑑賞エリアが登場/画像提供:東京花火大祭制作委員会

世界最高峰の花火師が共演する花火大祭



/画像提供:東京花火大祭制作委員会
/画像提供:東京花火大祭制作委員会
「東京花火大祭」は、“EDOMODE(江戸モード)”をコンセプトに、伝統的な江戸文化と最先端の東京が融合。花火、芸術、芸能、音楽、技、食、テクノロジーといった多彩な分野のコンテンツがフュージョンした、東京湾の新たな夏の風物詩として始動。

好きなタイプを選べる鑑賞席



株式会社 丸玉屋小勝煙火店/画像提供:東京花火大祭制作委員会
株式会社 丸玉屋小勝煙火店/画像提供:東京花火大祭制作委員会
「東京花火大祭」では、「ビーチ」「歌舞伎」「屋形船」「ルーフトップ」などの有料エリアが設置され、アングルやシチュエーションに応じた好みの鑑賞スタイルを選べるのが特徴。

中でも「ビーチ」エリアには、東京湾に面したテーブル席や、浴衣でも座れるペア席、ファミリーシートなど多彩なシートが設けられ、200度の視界いっぱいに広がる東京の輝く夜景とともに花火を楽しめる。

また「歌舞伎」エリアには、日本を代表する歌舞伎俳優のひとりである市川海老蔵が登場し、花火をテーマにした新作舞踊を披露。歌舞伎の歴史的上初めてとなる規模での花火との贅沢なコラボレーションを果たす。(女子旅プレス/modelpress編集部)

東京花火大祭~EDOMODE~開催概要



実施日程:2018年8月11日(土)※順延日12日(日)
開催場所:お台場海浜公園(東京都港区台場一丁目)
時間:開場/16:00 打上/19:10 終演/20:30
打ち上げ数:最大5号玉、約12,000発
有料エリア:お台場海浜公園内
※歌舞伎を鑑賞できるのは、アクアシティ歌舞伎天空舞台「花火と歌舞伎を楽しむ席」のチケットを購入者のみ


【Not Sponsored 記事】
花火と歌舞伎が初共演「東京花火大祭」ビーチや船上の特別鑑賞エリアが登場/画像提供:東京花火大祭制作委員会
Page Top