女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

「ダンティーハウス 暖茶房」渋谷に台湾朝食&台湾茶の専門店がオープン

ダンビンと台湾茶の専門店「ダンティーハウス 暖茶房(Dang Tea House 暖茶房)」が、東京・渋谷に2020年3月23日(月)よりオープンする。

Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ

台湾の定番朝食“ダンビン”って?



Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
渋谷神南エリアの「ダンティーハウス 暖茶房」は、台湾の朝食メニューとして愛されているダンビンと、台湾から直輸入した茶葉を使用した台湾茶の専門店。

“ダンビン”とは、卵と小麦粉でできた薄皮でチーズやベーコンといった具材を包み込む台湾のローカルフードのひとつで、台湾では定番の朝食メニューとして親しまれている。
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
「Dang Tea House 暖茶房」では、そんなダンビンを時間を選ばず、営業時間中オールタイムで提供。チーズ、ベーコン、キムチ、ツナマヨ、エビアボカド、ジャーマンポテトから好きな具材をチョイスできる。

本場仕込みの本格台湾茶



Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
また「Dang Tea House 暖茶房」では、オーナー自身が有名な茶館「奉茶(フォンチャ)」で茶葉の管理方法やお茶の淹れ方を学んでおり、渋谷にいながら本格的な台湾茶を飲むことが可能。
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
茶葉本来の味と香りをそのまま楽しむストレートティーだけでなく、各茶葉を使用したミルクティーやタピオカミルクティーの用意もあり、甘さも調節可能で自分好みにカスタムできる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

「Dang Tea House 暖茶房(ダンティーハウスダンチャボウ)」概要



所在地:東京都渋谷区神南1丁目17-2 DIX神南ビルB1F
電話番号:03-5422-3683
オープン日:2020年3月23日(月)
営業時間:11:00~21:00
※当面の提供方法はテイクアウトのみを予定

メニュー



◆ダンビン
・チーズダンビン/600円(税別)
・ベーコンダンビン/500円(税別)
・キムチダンビン/650円(税別)
・ツナマヨダンビン/500円(税別)
・エビアボカドダンビン/600円(税別)
・ジャーマンポテトダンビン/600円(税別)

◆台湾茶
・鉄観音烏龍茶/400円(税別)
・凍頂烏龍茶/450円(税別)
・ジャスミン茶/400円(税別)
・緑茶 /450円(税別)
・紅茶 /400円(税別)
※ミルクティー、タピオカミルクティーも提供

情報:キャムズ

【Not Sponsored 記事】
Dang Tea House 暖茶房/画像提供:キャムズ
Page Top