女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

香取慎吾、香港で国外初ストリートアート公開 “龍”に込めた意味とは

タレントの香取慎吾が27日、香港島中環にて国外初のストリートアート作品を完成させ、現地で披露セレモニーが開催された。

香取慎吾、香港で巨大龍アートお披露目 初の海外パブリックアート作品に/画像提供:香港政府観光局
香取慎吾、香港で巨大龍アートお披露目 初の海外パブリックアート作品に/画像提供:香港政府観光局

初の海外パブリックアート作品を制作



香港では3月を「香港アートマンス」と定め、現在様々なアート・イベントが開催されているが、中環のオールド・タウン・セントラルエリアは、街の壁に描かれた様々なフォトジェニックなストリートアートが世界中の旅行者たちから人気を集めている。

作品名:「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」/画像提供:香港政府観光局
作品名:「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」/画像提供:香港政府観光局
新たに加わった香取の作品「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」は、世界一長いエスカレーターとしても知られるミッドレベルエスカレーターの側面、Shalley Street(些利街/シェリーストリート)に展開。香取が香港をイメージしてモチーフに選んだ龍は、風水においてパワーがある、運気を高める象徴として知られている。

制作時間18時間の“龍”アートに込めた意味



制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
香取慎吾/画像提供:香港政府観光局
香取慎吾/画像提供:香港政府観光局
香取慎吾/画像提供:香港政府観光局
香取慎吾/画像提供:香港政府観光局
今回のプロジェクトは、2017年にテレビ番組の撮影で香取が同エリアの様々なストリートアートを訪問したことをきっかけに実現し、作品制作は、3月24日~27日の深夜から早朝に18時間かけて行われた。これまで香取が手掛けたパブリックアート作品として、青森県津軽鉄道の列車が知られているが、海外での作品制作はこれが初めて。

香取は「初めて香港で映画を撮影した20年前から香港では広東語で『大口仔(大きなお口の男の子)』というニックネームで呼ばれています。20年後に龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めてこの絵をかきました」とコメントしている。(女子旅プレス/modelpress編集部)

作品名:「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」



場所:香港島セントラル ミッドレベルエスカレータ脇の壁、Hollywood Road(荷李活道)とShalley Street(些利街)の交差する付近
お披露目の場には多くのメディアが駆けつけた/画像提供:香港政府観光局
お披露目の場には多くのメディアが駆けつけた/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
制作風景/画像提供:香港政府観光局
情報:香港政府観光局

【Not Sponsored 記事】
香取慎吾、香港で巨大龍アートお披露目 初の海外パブリックアート作品に/画像提供:香港政府観光局
Page Top