女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

お台場で一夜限りの“北斎”水上マッピング、“江戸フードフェス”や巨大ランプアートも出現

【女子旅プレス】2018年3月17日(土)、東京・お台場海浜公園内にて「hokusai&TOKYO 水辺を彩る江戸祭」が開催される。本イベントでは、海上に葛飾北斎をテーマにした「ウォータープロジェクションマッピング」を投影し、江戸と東京が交わった全く新しい夜景をつくりだす。

「水幕電子描画」(ウォータープロジェクションマッピング)(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
「水幕電子描画」(ウォータープロジェクションマッピング)(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT

最新のテクノロジーで大胆に彩るお台場の新たな祭空間



本イベントは、先人たちの物語が重なった歴史都市・江戸を「富嶽三十六景」や「北斎漫画」を代表作にもつ画家・北斎を手がかりにして、現代のテクノロジーやアートを通じて海上と水辺に新たに表現する試み。

最大の見どころは、お台場海浜公園の水辺に幅40メートル、高さ20メートルの巨大なウォータースクリーンを設置して行われる「水幕電子描画」(ウォータープロジェクションマッピング)。松竹による映像監修のもと、クリエイティブカンパニー・ネイキッドが映像制作を手がけ、浮世絵だけでなく、最新テクノロジーを駆使した演出で一夜限りの水上デジタルアートを上演する。

紙ろうそくの巨大アートや“江戸フードフェス”も



イベントマップ(C)hokusai&TOKYO 実行委員会 / 松竹 / SECAI
イベントマップ(C)hokusai&TOKYO 実行委員会 / 松竹 / SECAI
また、約8000個のペーパーランプを浜辺に並べ、巨大な北斎アートを砂浜に描き出す「北斎浜辺巨大浮世絵」や、北斎の肉筆画に登場する虎と龍をモチーフに絵柄を施した巨大提灯や北斎によって数多く描かれた妖怪を写し取った提灯の展示、さらに江戸の庶民に親しまれた和食などを提供するフード屋台「江戸メシ街道」なども展開され、海上のウォータープロジェクションを間近で見られる有料席も設置される。

「江戸の水辺を彩った画家」として、今も東京の魅力を世界に広げる立役者であり続けている北斎の浮世絵にも描かれた「水辺の賑わい」を、最新のテクノロジーによって大胆かつクールにアレンジする新たな祭空間に自身で体感してみては。(女子旅プレス/modelpress編集部)

hokusai&TOKYO 水辺を彩る江戸祭



開催日時:2018年3月17日(土)11:00~21:00※開場11:00
会場:東京・お台場海浜公園内(東京都港区台場1丁目)
入場料金:無料(一部は有料エリア)
交通案内:
<電車>新交通ゆりかもめ「お台場海浜公園」または「台場」下車徒歩3分
りんかい線「東京テレポート」下車徒歩7分
<バス>都バス「門前仲町」から海01系統で「お台場海浜公園駅前」、または「台場駅前」下車徒歩5分
<水上バス>「お台場海浜公園」下船

情報:「hokusai&TOKYO 水辺を彩る江戸祭 」PR事務局

【Not Sponsored 記事】
「水幕電子描画」(ウォータープロジェクションマッピング)(C)TYPE-MOON / FGO PROJECT
Page Top