女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

秋の京都は「夜の紅葉」&「夜パフェ」が新定番?混雑回避の旅行プランも

連休が多く、旅行をするのにぴったりな秋はもうすぐ。秋の旅行といえば、やっぱり紅葉。紅葉といえば京都を思い浮かべる人も多いのでは?京都の紅葉が最も見ごろを迎える時期は、例年11月上旬頃から12月上旬。日中楽しむのは勿論、夜だとまた違う陰影が映し出され、幻想的で息をのむほど美しい光景が広がります。

京都の紅葉は「夜に行く」&「夜パフェ」が新定番?混雑回避の旅行プランも/東寺の夜の紅葉(提供元:東寺)
京都の紅葉は「夜に行く」&「夜パフェ」が新定番?混雑回避の旅行プランも/東寺の夜の紅葉(提供元:東寺)
秋の京都旅行のオススメは実は“夜”。秋の夜長に、特別にライトアップされた紅葉と今話題の「夜パフェ」を楽しむのが女子旅の新定番なんです。そこで今回は、夜に行くべき紅葉スポットと夜パフェを楽しめるカフェを厳選してご紹介します。

“新選組発祥の地”&“アフロな仏様”で話題の金戒光明寺



金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
京都観光の定番である清水寺をはじめ、有名な神社仏閣が数多く集まっている東山エリアで「くろ谷さん」の愛称で親しまれている紅葉の名所、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)。ここは、広大な敷地に御影堂、阿弥陀堂などの伽藍や塔頭が建ち並び、境内からは京都御所や西方の小倉山を見渡せるなど見どころ満載のスポットです。

金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
そんな金戒光明寺は、幕末に京都守護職の本陣が置かれ、新選組発祥の地ともいわれています。また、三重塔への参道脇には“アフロな仏様”と近年若者を中心にじわじわ人気を集めている「五劫思惟阿弥陀仏」が。

この秋、金戒光明寺では、山門が特別公開を開催!山門の夕方~夜間の時間帯での公開は初となり、夕景の京都市内が一望できるほか、楼上内に安置される「釈迦三尊像」や「十六羅漢像」、天井に描かれた「蟠龍図」も拝観することができる貴重な機会となりそう。また、この期間は「御影堂(大殿)」「大方丈」「庭園」のライトアップも実施されます。

金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
金戒光明寺(提供元:金戒光明寺)
■金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)施設概要
住所:京都市左京区黒谷町121
アクセス:市バス岡崎道下車(32・100・203・204系統)徒歩10分
市バス東天王町下車(5系統)徒歩15分

女性を救うお寺?真如堂で心を浄化しよう



真如堂(提供元:真如堂)
真如堂(提供元:真如堂)
「真如堂(しんにょどう)」が通称として定着している真正極楽寺は、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺。

真如堂(提供元:真如堂)
真如堂(提供元:真如堂)
真如堂の御本尊として祀られている阿弥陀如来立像は、「修行者を守護して下され」と祈ると首を横に振り、「衆生、特に女性をお救い下され」と祈ると頷いた、という伝説があることから通称「うなずきの弥陀」と呼ばれ、女人救済にご利益があるといわれています。

真如堂(提供元:真如堂)
真如堂(提供元:真如堂)
吉田山の南東に位置する開放的な境内は、桜や青もみじなども美しく一年を通じて楽しめますが、この時期限りの貸切ライトアップでは、天台様式の本堂や三重塔などの建物が照らされ、いつもとは違った情景を楽しむことができます。

古風ながらもモダンな雰囲気の庭園や三重塔前、本堂前、本堂裏、渡廊下付近など紅葉の見所が多く、人気の紅葉スポットです。

京都で絶対に行きたい紅葉スポットはこちら


■真如堂(しんにょどう)施設概要
住所:京都市左京区浄土寺真如町82
アクセス:市バス錦林車庫または真如堂前下車(5系統)徒歩8分

“世界遺産”の東寺で平安時代にタイムスリップ!



東寺(提供元:東寺)
東寺(提供元:東寺)
1200年もの歴史を持つ、真言宗の総本山・東寺(とうじ)は、 京都の代表的な名所の一つとしても有名であり「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。

東寺(提供元:東寺)
東寺(提供元:東寺)
文化財を数多く所有している東寺の中でもひときわ目を引くのが54.8メートルの五重塔。ライトアップされた特別拝観では、周囲の美しい庭園と相まって普段見ることのできない荘厳な姿を見ることができます。今年は、初増(1階)の拝観も可能。平安に迷い込んだような夜のひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか?

また、この東寺といえば有名なのが、 ピンクのさくらんぼとハートが組み合わさった、『恋の実』というお守り。恋に悩める女子はゲットしてみては?

東寺(提供元:東寺)
東寺(提供元:東寺)
■東寺(とうじ)施設概要
住所:京都府京都市南区九条町1
アクセス:JR京都駅(八条口)下車徒歩約15分、近鉄東寺駅下車徒歩約10分

夜の紅葉を楽しんだあとは、小腹もすいてくる頃。今のトレンドは、『夜パフェ』。夜パフェをしながらおしゃべりに花を咲かせましょう。京都周辺でオススメの夜パフェスポットも厳選してご紹介。

世界的パティシエが作るジェラート専門店の絶品パフェ



「SUGiTORA」のショコラパフェ/1,550円(税込価格)(提供元:SUGiTORA)
「SUGiTORA」のショコラパフェ/1,550円(税込価格)(提供元:SUGiTORA)
まずご紹介するのは、寺町商店街と新京極商店街の間の路地裏にあるジェラート専門店「SUGiTORA(スギトラ)」。

河原町三条のこの場所に、100年以上昔からあった小さな果物屋、スギトラ果実店が2008年に閉店。そして2017年に、ジェラート専門店として戻ってきたのがこの「SUGiTORA」です。

世界を代表するパティスリーのコンクール「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2015」に日本代表で出場し、見事銀メダルを獲得した杉田晋一氏がオーナーシェフを務めるこちらのお店は、路地にある隠れ家のような落ち着いた雰囲気の店内でオリジナルの斬新なパフェや美味しいワインを味わえます。

自家製ジェラートをたっぷり使用して作る「SUGiTORA」のショコラパフェ/1,550円(税込価格)(提供元:SUGiTORA)
自家製ジェラートをたっぷり使用して作る「SUGiTORA」のショコラパフェ/1,550円(税込価格)(提供元:SUGiTORA)
中でもオススメは、自家製のジェラートをたっぷり使用した「ショコラパフェ」。ジェラートは チョコレート×2、ミルク、オレンジサンギーヌの3種類も使用。

オレンジサンギーヌとは、フランス語でブラッドオレンジを意味し、薫り高い滑らかな口当たりのチョコレートジェラートに、北海道根室地区の牧草で育った乳牛の、乳脂肪分が高い牛乳を使用したというやさしい甘さのミルクジェラート、さっぱりとした爽やかなオレンジサンギーヌジェラートがマッチ。

トッピングもすべて店内で手作りしているだけでなく、季節によって違うフレーバーも楽しめるこちらのパフェメニューは、京都の四季をより一層感じさせてくれるはずです。

ジェラート専門店「SUGiTORA(スギトラ)」の外観(提供元:SUGiTORA)
ジェラート専門店「SUGiTORA(スギトラ)」の外観(提供元:SUGiTORA)
■SUGiTORA(スギトラ)店舗概要
住所:京都府京都市中京区中筋町488-15
電話:075-741-8290
アクセス:阪急河原町駅より徒歩6分
営業時間:平日:13:00~20:30(ラストオーダー20:00)
休日:13:00~22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:毎週火曜日、不定休有り

ココはどこ?“秘密基地植物園”で幻想的な夜お茶を



閑静な住宅街が広がる京都・岩倉に位置する「秘密基地植物園とカフェバー」は、遠くからでも分かる緑に囲まれた建物が個性的。入るのにちょっぴり躊躇してしまうような外観ですが、勇気を出して一歩店に足を踏み入れてみると「わーステキ!」と思わず声が漏れてしまう不思議な空間が広がっています。
オシャレな秘密基地植物園とカフェバーの店内風景(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
オシャレな秘密基地植物園とカフェバーの店内風景(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
外観と同様で、緑あふれる店内は、1点ものと思われるヴィンテージ家具の数々に、標本や骨董品がお出迎え。「ココはどこ…?」と夢の世界に迷いこんだような気分に浸れます。また店内に置かれた観葉植物は購入も可能とのこと。

秘密基地植物園とカフェバーの「シャインマスカットとピオーネのパフェ」(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
秘密基地植物園とカフェバーの「シャインマスカットとピオーネのパフェ」(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
外観、内観に続き、メニューまで独創的。目にも鮮やかな「シャインマスカットとピオーネのパフェ」や「桃のカキ氷パフェスペシャルバージョン」など、季節の果実をふんだんに使用したパフェやスイーツが充実。カフェスイーツと侮るなかれ、素材を生かしたアーティスティックな一皿は心が躍ること間違いなし!

秘密基地植物園とカフェバーの「桃のカキ氷パフェスペシャルバージョン」(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
秘密基地植物園とカフェバーの「桃のカキ氷パフェスペシャルバージョン」(提供元:秘密基地植物園とカフェバー)
メニュー内容は、シーズンや日によって頻繁に変わるようなので、最新情報はツイッター「@Hananamiyouraku」をチェックして出かけてみて。

夜の京都を満喫するプランをチェック


■秘密基地植物園とカフェバー店舗概要
住所:京都府京都市左京区岩倉東宮田町66
電話:075-722-0799
アクセス:地下鉄烏丸線「国際会館」駅徒歩約7分
営業時間:12:00~16:00(15:30分ラストオーダー)
18:00~23:00(22:00にノーゲストの場合そのまま閉店)
定休日:不定休

はんなり“抹茶スイーツの最高峰”を堪能する京都の夜



茶寮都路里 祇園本店 外観(提供元:茶寮都路里)
茶寮都路里 祇園本店 外観(提供元:茶寮都路里)
にぎわう京都・祇園で極上の宇治茶とスイーツを満喫できる。宇治茶本来の美味しさを実感していただけたら、という想いから始まったという「茶寮都路里」。

京都らしさ溢れる茶寮都路里 祇園本店 店内風景(提供元:茶寮都路里)
京都らしさ溢れる茶寮都路里 祇園本店 店内風景(提供元:茶寮都路里)
そんな京都ならではのはんなりとした空気を感じられる憩いの場で楽しめるのは、宇治抹茶を使用した抹茶スイーツの数々。

茶寮都路里の特選都路里パフェ/1,383円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
茶寮都路里の特選都路里パフェ/1,383円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
中でも一番人気の「特選都路里パフェ」は、抹茶アイスに抹茶カステラ、抹茶ゼリー、抹茶白玉など...まさに抹茶づくし。最高品質の宇治抹茶をふんだんに使用した贅沢なパフェの高さはなんと25センチのボリュームです。あっさりとした上品な甘さなので意外とペロリといけちゃいます。

このほかにも、おいもさんパフェやほうじ茶を使用したパフェなど、初秋にこそ味わいたいメニューが豊富。京都に来るたびに必ず立ち寄りたい、そんな名店です。
茶寮都路里のほうじ茶カステラパフェ/1,156円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
茶寮都路里のほうじ茶カステラパフェ/1,156円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
茶寮都路里のおいもさんパフェ/1,167円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
茶寮都路里のおいもさんパフェ/1,167円(税込価格)(提供元:茶寮都路里)
■茶寮都路里 祇園本店店舗概要
住所:京都府京都市東山区祇園町南側573-3
電話:075-561-2257
営業時間:平日10:00~21:00(L.O.20:00)
土・日・祝10:00~21:00(L.O. 19:30)
定休日:なし

混雑を避けて紅葉を楽しむなら“特別拝観”がセットになった旅行プランを使うのがオススメ!



京都の紅葉は、国内外でも人気の観光スポット。混雑は避けられません。しかし、実は“秋の特別拝観”に参加することで、人混みを避け、ゆったりと楽しむことができるんです。

この“秋の特別拝観”とは、JR東海ツアーズのフリープランで行く「そうだ 京都、行こう。ー秋は夕暮れ 特別拝観 紅葉を楽しむ京都ー」に申し込んだ人が参加できるプラン。夜の幻想的な紅葉ライトアップを楽しめるのはもちろん、同ツアー参加者限定の拝観なので写真をたくさん撮ったりなど思い思いに過ごすことができますよ。
そうだ 京都、行こう。ー秋は夕暮れ 特別拝観 紅葉を楽しむ京都ー(提供元:株式会社ジェイアール東海ツアーズ)
そうだ 京都、行こう。ー秋は夕暮れ 特別拝観 紅葉を楽しむ京都ー(提供元:株式会社ジェイアール東海ツアーズ)
往復の新幹線&宿泊&特別拝観券がセットで申し込めるお得なプランなので、京都旅行に行きたいけど、あれこれ計画を立てるのはちょっと苦手という女子も気軽に参加しやすいところが◎。また、泊まりだけでなく日帰りプランも。

新幹線の時間帯を選べるので、早朝から夜の時間まで、たっぷり京都を過ごすなどカスタマイズも可能。日帰りでも予定を立てやすいツアーで、秋夜の紅葉狩りから夜パフェまで、ぜひしっかり楽しめんでみては。(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:株式会社ジェイアール東海ツアーズ

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

関連リンク

京都の紅葉は「夜に行く」&「夜パフェ」が新定番?混雑回避の旅行プランも/東寺の夜の紅葉(提供元:東寺)
Page Top