女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

絶景・パワスポ・グルメが凝縮!魅力いっぱいな山口の王道&穴場スポットへ

今度の週末、思いきって遠出して山口県へ出かけてみませんか?思わず感嘆のため息が出ちゃうような大自然が織りなす造形美に魅せられたり、名物のフグをはじめ、地元でとれた食材の滋味あふれる料理を堪能したり、幕末に思いを馳せるスポットを訪ねたり…。そこには旅をより一層盛り上げてくれるフォトジェニックなシーンがたくさん。1泊2日でふらっと行ける山口の旅は、きっと満足すること間違いなしです。

絶景・パワスポ・グルメが凝縮!魅力いっぱいな山口の王道&穴場スポットへ(C)モデルプレス
絶景・パワスポ・グルメが凝縮!魅力いっぱいな山口の王道&穴場スポットへ(C)モデルプレス
【1日目】

<下関エリア>関門海峡を歩いて渡る?「関門トンネル人道」



下関の「玄関口」として日々多くの人が行き交う新下関駅(C)モデルプレス
下関の「玄関口」として日々多くの人が行き交う新下関駅(C)モデルプレス
1泊2日の山口の旅は新下関駅からスタート。本州と九州を隔てる関門海峡。車や電車なら、あっという間に通り過ぎてしまいますが、なんと海底を歩いて渡ることもできるんです。それが「関門トンネル人道」。

関門トンネル人道下関口の入口(C)モデルプレス
関門トンネル人道下関口の入口(C)モデルプレス
トンネルは2層構造になっていて、車道の下には世界でも珍しい歩行者専用道路に。人道入口からエレベーターで約50m下ると全長780mのトンネルの始まり。

全長780mのトンネルの奥行きを活かして記念写真をパチリ(C)モデルプレス
全長780mのトンネルの奥行きを活かして記念写真をパチリ(C)モデルプレス
ちょうど中間地点くらいが福岡との県境で、路面には県境がわかるように文字が刻まれています。実は海底を歩いて県境を越えられるスポットは国内でもここだけなのだとか。思い出に残る絶好のフォトスポットですよ。

■関門トンネル人道
住所:山口県下関市みもすそ川町22
電話番号:093-618-3141 NEXCO西日本 北九州高速道路事務所
アクセス:JR「新下関駅」からタクシーで約10分


<下関エリア>関門海峡を眺めながら絶品ふく料理でプチ贅沢!「平家茶屋」



地元の食材をたっぷり使った、和食の会席やフグのコース料理が味わえる「平家茶屋」。唐戸市場から仕入れた新鮮なフグは、一晩かけて〆ることで旨みを熟成させています。

下関に来たらちょっと奮発してでも食べたいふく料理(C)モデルプレス
下関に来たらちょっと奮発してでも食べたいふく料理(C)モデルプレス
おすすめは「ふく御膳」。フグのメイン料理に加え、刺身やから揚げ、フグ皮サラダなど、まさにフグ尽くしのメニュー。メイン料理はお店自慢のふくシューマイとふくちり鍋の2種から選ぶことができ、どちらをチョイスすべきか悩ましいところ。

すぐにでも食べたいのを我慢し、SNSにアップするための写真をパチリ。友達に自慢しちゃいましょう。店内の大きなガラス窓からは関門海峡の絶景も。ゆったりとしたお食事タイムが過ごせます。

■平家茶屋
住所:山口県下関市みもすそ川町1-1
電話番号:083-222-2022
アクセス:JR「新下関駅」からタクシーで約15分


<下関エリア>ふらっと散策するなら人気スポットが集中するシーサイドへ



フグのオブジェと一緒に“ぷぅ顔”で記念撮影(C)モデルプレス
フグのオブジェと一緒に“ぷぅ顔”で記念撮影(C)モデルプレス
飲食店やカフェ、山口みやげのショップが集まった複合施設のカモンワーフは、関門海峡側にボードウォークがあり、食後の散策にぴったり。愛嬌たっぷりの大きなフグのオブジェもあり、思わず一緒に記念撮影したくなるフォトジェニックなスポットです。

散策途中にひと休みにしたくなったら、こだわりの自家焙煎珈琲と手作りスイーツが味わえる「タカダコーヒー」へ。

ほろ苦いコーヒーと塩チョコレート生ロールケーキの甘さがベストマッチ(C)モデルプレス
ほろ苦いコーヒーと塩チョコレート生ロールケーキの甘さがベストマッチ(C)モデルプレス
1杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーは、世界各国の厳選した農園から直接仕入れた希少なコーヒー豆を使用。味わい深いスペシャルティコーヒーは、人気の「塩チョコレート生ロールケーキ」とのマッチングも完璧です。

1987年創業の自家焙煎珈琲豆専門店「タカダコーヒー」(C)モデルプレス
1987年創業の自家焙煎珈琲豆専門店「タカダコーヒー」(C)モデルプレス
アンティーク調のテーブルやイスがレイアウトされた店内が、さらに素敵な時間を演出してくれます。

市場や食堂で近海で水揚げされた海の幸を堪能「唐戸市場」(C)モデルプレス
市場や食堂で近海で水揚げされた海の幸を堪能「唐戸市場」(C)モデルプレス
下関が誇る絶品海の幸と市場の賑わいの両方からパワーをもらえそう/提供画像 (C)モデルプレス
下関が誇る絶品海の幸と市場の賑わいの両方からパワーをもらえそう/提供画像 (C)モデルプレス
時間があれば、近海の新鮮な魚介類が集まる「唐戸市場」へ。

祝日と週末限定で馬関街にて寿司バトルを開催/提供画像 (C)モデルプレス
祝日と週末限定で馬関街にて寿司バトルを開催/提供画像 (C)モデルプレス
市場ならではの活気あふれる雰囲気やテイクアウトグルメを楽しんでみるのもいいですね。

■タカダコーヒー
住所:山口県下関市唐戸町6-1 カモンワーフ1F
電話番号:083-232- 0955
アクセス:JR「下関駅」からタクシーで約10分

■唐戸市場
住所;山口県下関市唐戸町5-50
電話:083-231-0001
アクセス:JR「下関駅」からタクシーで約10分


まだまだ知らない場所だらけ!次の旅は山口へ♡



<美祢エリア>冒険気分で「秋芳洞」に潜入!自然が造り出した神秘的な空間にうっとり



ひんやりした空気が流れ神秘的な「秋芳洞」(C)モデルプレス
ひんやりした空気が流れ神秘的な「秋芳洞」(C)モデルプレス
国の特別天然記念物に指定され、日本三大鍾乳洞にも数えられる「秋芳洞」。およそ3億5000年前に生まれたサンゴ礁が石灰岩の台地となり、長い年月をかけて浸食を繰り返してできた神秘的な空間です。

洞内の観光コースは約1km。年間を通して17℃と一定で、冬は暖かく夏は涼しく、快適に洞内ウォークを楽しめます。

ちょっとした探検気分で洞内へ。右手に長淵を見ながら進んでいくと、目の前に現れるのは洞内一のみどころ百枚皿。皿状の石灰華が約500枚以上も連なる光景は、まるで段々畑のようにも見えます。これほどの規模は世界レベルなのだとか。

さらに内部へと進むと、天井から傘がぶら下がっているような鍾乳石や、岩壁を流れる水が鍾乳石へと形を変えた黄金柱などが次々に。変化に富んだ自然の造形美に目を奪われます。

3億年のタイムトンネルはまるでアートのストリート/提供画像 (C)モデルプレス
3億年のタイムトンネルはまるでアートのストリート/提供画像 (C)モデルプレス
黒谷口から階段を上ると3億年のタイムトンネルの入口。ビジュアルアートが描かれた全長187mの人工トンネルでは、地球の起源から現代までの歴史や人類の進化の過程が紹介されています。

■秋芳洞
住所:山口県美祢市秋芳町秋吉
電話番号:0837-62-0305(秋吉台観光交流センター)
アクセス:JR「美祢駅」からタクシーで約25分


<美祢エリア>どこまでも青く透き通った「別府弁天池」でパワーチャージ



日本の名水百選に認定されている「別府弁天池」(C)モデルプレス
日本の名水百選に認定されている「別府弁天池」(C)モデルプレス
清らかな水で透明度の高い「別府弁天池」。日本名水百選に選定されているこの池の水は、花尾山から湧き出した地下水です。

中央から池の淵に向かって徐々に青色が変化するグラデーションがとにかくキレイ。ついついカメラを向けたくなっちゃいますよ。

ここはその昔、この地を開拓した長者が、水不足に困り夢のお告げに従って弁財天を祀ったところ、水が湧き出しだという伝説が残っています。

吸い込まれそうなほど美しい青のグラデーション(C)モデルプレス
吸い込まれそうなほど美しい青のグラデーション(C)モデルプレス
「1杯飲めば1年、2杯飲めば2年長生き」との言い伝えも受け継がれており、昔から地元の人々は飲用水にしていたといいます。敷地内には給水場があり、湧き水を持ち帰ることも可能。

神秘的な美しさと神聖な伝説が残り、隠れたパワースポットとして人気の「別府弁天池」。水のパワーをいただいて、運気アップしちゃいましょう。

■別府弁天池
住所:山口県美祢市秋芳町別府水上
電話番号:0837-64-0203(美祢市養鱒場)
アクセス:JR「美祢駅」からバスで約25分、「堅田」下車徒歩約10分


<萩エリア>旅の楽しみを最大限に引き出してくれる「ruco」にステイ



山口県初のゲストハウス「ruco」/提供画像 (C)モデルプレス
山口県初のゲストハウス「ruco」/提供画像 (C)モデルプレス
下関市から美祢市へと、海と山の魅力をたっぷり満喫したあとの宿泊先は、山口県初のゲストハウス「ruco」。“訪れる人と萩市の日常をつなぐ場所にしたい”との思いから、地元の人々と力を合わせて誕生した宿泊施設です。

木材を多用したインテリアが心地良い/提供画像 (C)モデルプレス
木材を多用したインテリアが心地良い/提供画像 (C)モデルプレス
もとは音楽専門学校だった4階建ての空きビルをリノベーション。1・2階は宿泊者以外も利用できるカフェスペース、3・4階は宿泊者専用スペースになっています。

カフェスペースで地元住民の方々と貴重な交流の時間が生まれるかも/提供画像 (C)モデルプレス
カフェスペースで地元住民の方々と貴重な交流の時間が生まれるかも/提供画像 (C)モデルプレス
カフェに行けば地元の人たちとの温かいふれあいも可能です。宿泊者専用スペースには共用リビング&キッチンがあり、ゲストどうしのコミュニケーションの場に。ホテルステイではきっと体験できない、旅先の土地のことをより深く知り、心がほっこりする時間が過ごせるはずです。

■ruco
住所:山口県萩市唐樋町92
電話番号:0838-21-7435
アクセス:JR「東萩駅」から徒歩17分


【2日目】

<萩エリア>「松陰神社」のキュートな傘みくじで運だめし



吉田松陰先生をお祀りする「松陰神社」(C)モデルプレス
吉田松陰先生をお祀りする「松陰神社」(C)モデルプレス
2日目は「松陰神社」からスタート。明治維新の原動力となり、多くの維新志士たちを育てた吉田松陰を祀る「松陰神社」。明治40年に松下村塾の塾生だった伊藤博文らが中心となり創建されました。

小さな傘の形をしたおみくじで運勢を占う(C)モデルプレス
小さな傘の形をしたおみくじで運勢を占う(C)モデルプレス
神社の境内には私塾の松下村塾や宝物殿の至誠館などのみどころが点在していますが、神社を訪ねたなら女子的に欠かせないのはやっぱりおみくじ。「松陰神社」のおみくじは小さな傘の形をしていて、開いた傘に運勢が書いてあります。

そのユニークさとキャッチーさにテンションもぐんとアップするはず。境内の木々には色とりどりの傘みくじが結ばれ、まるで花が咲いたような愛らしい雰囲気に乙女心をわしづかみ。お願いごとをしながら、ここでしか撮れない1枚にチャレンジしてみるのもいいのでは?

■松陰神社
住所:山口県萩市椿東1537
電話番号:0838-22-4643
アクセス:JR「東萩駅」から徒歩約20分

新幹線でさくっと出かける山口週末トリップ♡



<萩エリア>昭和レトロな木造建築がフォトジェニックな「萩・明倫学舎」



国の登録有形文化財を再利用した、歴史の積み重ねを感じる佇まいも魅力の「萩・明倫学舎」(C)モデルプレス
国の登録有形文化財を再利用した、歴史の積み重ねを感じる佇まいも魅力の「萩・明倫学舎」(C)モデルプレス
全国屈指の規模を誇った萩藩校明倫館の跡地に建つ「萩・明倫学舎」は、2017年3月にお目見えしたスポットです。

本館は昭和10年に建造された、国の登録有形文化財でもある旧明倫小学校の木造校舎を改修。外壁は1階部分が板張り、2階部分は白漆喰塗りで、屋根はフランス瓦や連続する窓のデザインが特徴で、どこか懐かしくもモダンな雰囲気を醸し出しています。

束の間、学生時代に戻れるレトロ空間(C)モデルプレス
束の間、学生時代に戻れるレトロ空間(C)モデルプレス
内部は小学校として使われていた教室が復元されていて、木造建築ならではのレトロなムードがたっぷり。思わずシャッターを押したくなっちゃいます。

貴重な資料ばかりの幕末ミュージアムで“歴ジョ”に目覚めそう(C)モデルプレス
貴重な資料ばかりの幕末ミュージアムで“歴ジョ”に目覚めそう(C)モデルプレス
2号館は萩の世界遺産などを紹介するビジターセンターと、幕末・維新を科学技術史の視点で紹介する幕末ミュージアムが併設されています。

なかでも見逃せないのが幕末ミュージアム。日本でも有数の収集家である小川忠文氏から寄贈された、江戸時代の科学技術史や歴史に関する4000点を超える膨大な資料群のうち約500点を展示。江戸時代に造られたという国産の顕微鏡や地球儀、扇風機など、ここでしか見られない貴重な資料がいっぱいです。

■萩・明倫学舎
住所:山口県萩市江向602
電話番号:0838-21- 0304
アクセス:JR「東萩駅」から徒歩約20分


<萩&長門エリア>ヘルシーな定食 or 海を眺めながらのバーベキュー?地元食材で大満喫のランチスポット



リノーベションした門構えから一目惚れ「patracafe」(C)モデルプレス
リノーベションした門構えから一目惚れ「patracafe」(C)モデルプレス
萩でちょっと早めのランチにするなら、平屋の一軒家をリノベーションした「patracafe」へ。城下町の入口に佇む小さなお店では、体が喜びそうな食事が楽しめます。

メインのおかずが変わる週替りランチ(C)モデルプレス
メインのおかずが変わる週替りランチ(C)モデルプレス
古民家ならではの気取らない雰囲気に食も進む(C)モデルプレス
古民家ならではの気取らない雰囲気に食も進む(C)モデルプレス
おすすめは週替りランチ。メイン、副菜3品、雑穀ごはん、お味噌汁、サラダ、漬物と満足のボリューム。季節の野菜やその時手に入った食材で作るランチセットは、バランスの良さも魅力です。

2017年10月にオープンしたばかりの「センザキッチン」(C)モデルプレス
2017年10月にオープンしたばかりの「センザキッチン」(C)モデルプレス
萩から長門まで行ってランチタイムを過ごすなら、海の幸・山の幸がずらりと並ぶ直売所、レストラン、ベーカリーなどが集まる10月にオープンしたばかりの複合施設「センザキッチン」がおすすめ。

旅先の食材で炭火焼バーベキューを楽しむ贅沢(C)モデルプレス
旅先の食材で炭火焼バーベキューを楽しむ贅沢(C)モデルプレス
直売所で購入した地鶏や魚の一夜干しなど、地元の魅力的な食材を購入したら、隣接するグリルハウスで手軽に炭火焼バーベキューとして楽しめます。

おすすめのお土産も店員さんにおまかせ(C)モデルプレス
おすすめのお土産も店員さんにおまかせ(C)モデルプレス
どの食材を選べばいいのか迷ったときなどは店員さんにアドバイスをもらえばOK。地元の人とのコミュニケーションも、きっと旅の素敵な思い出になるはずです。

■patracafe
住所:山口県萩市大字平安古町603-3
電話番号:0838-21-7075
アクセス:JR「東萩駅」から徒歩約25分

■センザキッチン
住所:山口県長門市仙崎4297-1
電話番号:0837-27-0300
アクセス:JR「仙崎駅」から徒歩約10分


<長門エリア>赤・青・緑のコントラストが美しい「元乃隅稲成神社」でフォトジェニックな1枚を



鳥居だけでもSNS映えばっちりな「元乃隅稲成神社」(C)モデルプレス
鳥居だけでもSNS映えばっちりな「元乃隅稲成神社」(C)モデルプレス
青くきらめく海に向かってずらりと並ぶ真っ赤な鳥居。ここはそのフォトジェニックさにSNSやメディアでも大きな話題となっている絶景スポット「元乃隅稲成神社」。昭和30年に、島根県津和野町にある太鼓谷稲成神社から分霊されて建てられた本州最西端の稲成神社です。

コバルトブルーの日本海と朱色の鳥居のコントラストはここならではの絶景(C)モデルプレス
コバルトブルーの日本海と朱色の鳥居のコントラストはここならではの絶景(C)モデルプレス
まるでトンネルのように見える鳥居の総本数は全部で123基。日本海の大パノラマを背景に鳥居が立ち並ぶ壮大な風景は、絶対に写真に収めたい感動ものの美しさ。最近では鳥居のトンネルがパワースポットとしても人気を集めているとか。

鳥居と並んで参拝者の心をつかんでいるのが、日本一入れるのが難しいという賽銭箱。岬に建つ大鳥居の上をよーく見ると、なんと高さは5mの場所に設置されているんです。お賽銭を入れるためには心をこめつつ全力で。

成功させるのはかなりハードルが高いですが、上手く納めることができたら、どんな願いでも叶いそう。

絶景ドライブルートとして人気を博す「角島大橋」/画像提供:下関市役所 豊北総合支所 地域政策課
絶景ドライブルートとして人気を博す「角島大橋」/画像提供:下関市役所 豊北総合支所 地域政策課
また、時間が許せば本州と角島を結ぶ全長1780mの「角島大橋」へも足をのばしてみましょう。こちらも絶景スポットとして人気で、ダイナミックな橋の景観は必見です。

夕暮れのロマンティックな景観にうっとり/画像提供:山口県観光連盟
夕暮れのロマンティックな景観にうっとり/画像提供:山口県観光連盟
透き通ったコバルトブルーの海上に延びる橋を渡ると、まるで海の上を走っているような感覚を味わえ、プチリゾート気分に浸れますよ。

■元乃隅稲成神社
住所:山口県長門市油谷津黄498
電話番号:0837-22-8404(長門市観光コンベンション協会)
アクセス:JR「長門古市駅」からタクシーで約20分

■角島大橋
住所:山口県下関市豊北町神田~角島
電話:083-786-0234(豊北町観光協会)
アクセス:JR「特牛駅」からバスで約15分、「ホテル西長門リゾート入口」下車徒歩約3分

魅力あふれる山口に旅したくなったら、「やまぐち幕末ISHINきっぷ」で決まり!



山口への女子2人旅には京阪神から出発する場合、JR西日本で発売している「やまぐち幕末ISHINきっぷ」がおすすめ。山口自由周遊区間までのJR往復新幹線普通車指定席と、自由周遊区間内のJR線(特急・普通列車普通車自由席)、指定された路線バス3日間乗り放題と観光施設入場券(萩・明倫学舎(2号館)、萩城跡(指月公園))がセットになった往復+フリータイプのきっぷです。
山口でしか出会えない心震える絶景に会いに行こう(C)モデルプレス
山口でしか出会えない心震える絶景に会いに行こう(C)モデルプレス
いかがでしたか?山口にはSNS映えする魅力的なスポットがたくさんあります。フォトジェニックなスポットはもちろん、歴史好きには必見のスポット、美味しいグルメスポットなど、行ってみたいところ満載の山口県。

「やまぐち幕末ISHINきっぷ」を利用して、これからの季節に、ステキな女子旅に出かけてみてください。(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:西日本旅客鉄道株式会社

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

関連リンク

絶景・パワスポ・グルメが凝縮!魅力いっぱいな山口の王道&穴場スポットへ(C)モデルプレス
Page Top