女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

渋谷にカフェ&バー「アッシュ」バリスタ監修ブレンド&コーヒーのアレンジカクテル提供

東京・渋谷神南に“廃棄物ゼロ”をコンセプトとしたカフェ&バー「アッシュ」がオープンした。

ブルーグレイの洗練されたカフェ空間



アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
「アッシュ」は「ゼロ・ウェイスト(廃棄物ゼロ)」をコンセプトに、2022年5月30日の“ごみゼロの日”にオープン。

廃棄デニムを使った壁面素材のブルーグレイがアクセントとなる店内は、大きな採光部を活かして明るくクリーンな雰囲気に仕上げた。
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
「ゼロ・ウェイスト(廃棄物ゼロ)」のコンセプトに則り、廃棄物ゼロを目指してメニューからオペレーションまで様々な取り組みを実施。

その一例として、廃棄物となるコーヒーかすを農園で肥料化し、そこで収穫した野菜をメニューに取り入れて循環させるほか、かすそのものをカクテル材料としても活用。メニューやショップカードはQRコードに置き換えてペーパーレスとするなど、サスティナブルを意識しつつ、世界トップレベルのコーヒーとコーヒーカクテルの世界を発信していく。

コーヒーメニューはオリジナルブレンドがメイン



アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
ドリンクの鍵となるコーヒー豆は、バリスタチャンピオンの石谷貴之バリスタが監修する「アッシュ」オリジナルブレンドを使用。
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
石谷氏が配合を決定した上で、浅煎りはLeaves Coffee Roastersに、深煎りはObscura Roastersにと、それぞれ得意とするロースターへ焙煎を依頼。浅煎り、深煎りから好みの煎り具合のコーヒーを選べる。

シングルオリジンが全盛の今、バリスタの経験と個性を表現できるブレンドをあえて採用することで、年間を通じてブレない味わいを提供するとともに、コーヒーの面白さと奥深さを発信していく。
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
またコーヒーと合う、姉妹店で焼き上げるオリジナルカヌレも。コーヒーチェリー(コーヒー豆の生産時に捨てられてきた果肉部分)を使用して独特の酸味と甘味を味わえるよう仕上げた。

コーヒーをカクテルメニューにアレンジ



カクテルメニューは「Coffee Cocktails」「Zero-Waste Classics」とコンセプトの異なる2つのラインナップを用意。
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
「CoffeeCocktails」は、エスプレッソマティーニなどのスタンダードや、コルタード、フラットホワイトなど、カフェのコーヒーメニューをカクテルにアレンジしたもの。

エスプレッソマティーニは苦味が効いてクラシックな深煎りと、華やかなゲイシャ種を用いてフルーティーな浅煎りのバージョンがあり、好みで選んだり、違いを味わうことができる。
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
アッシュ/提供画像
もう⼀つの「Zero-WasteClassics」は、系列店の各バーのカクテルを仕込む際に出る副産物や、⼀度抽出した素材を活用して新しい⼀杯を創造した、オリジナルのクラシックカクテルシリーズ。

抽出後のハーブやスパイス、果実など、今まで廃棄していた食材も別の角度から見直して、再び新鮮なフレーバーを引き出している。(女子旅プレス/modelpress編集部)

アッシュ[zero-waste cafe & bar]



店舗住所150-0041東京都渋谷区神南1-5-2川村ビル1F
営業時間10時~23時(当面の間火曜休)※完全キャッシュレス会計

情報:SG Group

【Not Sponsored 記事】
アッシュ/提供画像

関連リンク

Page Top