女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

SNSで人気沸騰!フォトジェニックな香港“オールド・タウン・セントラル”の楽しみ方

【香港観光/女子旅プレス】香港で今最もフォトジェニックなスポットとしてSNSを賑わせている“オールド・タウン・セントラル”地区をご存知ですか?ノスタルジックな街並みを歩いていると、突如現れるウォールアートの前で撮影された写真がSNS上でブームとなり、一躍人気に火が付いた話題のエリアなんです。アジアン雑貨のマーケットや寺院といった昔ながらの風景も残る、歴史とアート、東洋と西洋、新旧のカルチャーが混在したディープな魅力渦巻く、真の香港を人気インスタグラマーの2人が実際に旅してみました。

SNSで人気沸騰!フォトジェニックな香港“オールド・タウン・セントラル”の楽しみ方(C)モデルプレス
SNSで人気沸騰!フォトジェニックな香港“オールド・タウン・セントラル”の楽しみ方(C)モデルプレス

フォトジェニックな香港と出会えるオールド・タウン・セントラル(舊城中環)



ストリートアート(C)モデルプレス
ストリートアート(C)モデルプレス
香港島の北西部、ションワン(上環)エリアとセントラル(中環)エリアのちょうど中間一帯を指すオールド・タウン・セントラル(舊城中環)は、香港がアジア屈指の近代都市となるまでの軌跡があちらこちらに見てとれる、新旧が入り交じったエリアのこと。

オールド・タウン・セントラル(C)モデルプレス
オールド・タウン・セントラル(C)モデルプレス
英国統治時代の最初の拠点地とされた歴史があることから、コロニアル様式の建物が多く残され、歴史ある寺院や建物、モダンな飲食店やバーが混在。

香港初の公園「ト公花園」や、高感度なファッショニスタが通う“POHO”エリアなどもあり、東洋と西洋、伝統と革新が共存し合う、まさに香港の“今”をリアルに肌で感じることのできる場所なんです。

SNS映えすると話題!ストリートを埋め尽くすウォールアート



ストリートアート(C)モデルプレス
ストリートアート(C)モデルプレス
実は香港では2014年からアジア最大級のアートの見本市「アート・バーゼル香港」が開かれており、ウォールアートが盛んな都市。

特に、九龍城砦(きゅうりゅうじょうさい)のグラフィティが有名なグラハムストリートは、近年のSNSブームの流れを受け、若者たちの間でフォトジェニックなスポットとして人気が加速中。

カラフルな集合住宅のアートとスカイブルーの壁色のコントラストがとてもキュートで、そのフォトジェニックさに可愛い写真を投稿したい観光客が後を絶たないほどの人気となり、香港の新たな観光スポットになっています。

ストリートアート(C)モデルプレス
ストリートアート(C)モデルプレス
他にも往年のハリウッドスターのペイントが描かれた「ホテル マデラ ハリウッド」をはじめ、石垣や石壁など至るところにフォトジェニックなグラフィティが描かれているため、“SNS映えスポット”として国内外の観光客が増え、エリア一帯を活性化する一因となっています。

ストリートアート(C)モデルプレス
ストリートアート(C)モデルプレス
お店の背景に映画のワンカットのような壁画が描かれている伝統的な屋台Leaf Dessert(リーフデザート/玉叶甜品)では壁面にあるアートはお昼から営業が始まると撮影ができなくなるなど、他のアートスポットも日中になると写真を撮りたい観光客の間で順番待ちになるため、思い通りの写真を撮りたいツウな香港迷(広東語で「香港好き、香港ファン」のこと)なら観光客の少ない朝方に訪問するのがおすすめ。

気分がアガる香港を人気インスタグラマーと紹介する特設ページも要チェック♡


 Sing Heung Yuen(C)モデルプレス
Sing Heung Yuen(C)モデルプレス
また、街歩きの最中に小腹が空いたら、トマトスープが有名な「Sing Heung Yuen(勝香園)」に寄り道してみて。

Sing Heung Yuen(C)モデルプレス
Sing Heung Yuen(C)モデルプレス
トマトの持つ甘みと酸味が果肉ごとしっかり溶け込んだトマトベースのスープに、自分の好みでライスヌードル、マカロニ、インスタント麺をチョイスした後は、卵、牛肉、ソーセージなどをトッピングする、ミネストローネのようなB級グルメで、ヘルシーで濃厚なトマトの風味にほっとするはず。地元の人からも愛される人気店の家庭的なやさしい美味しさをぜひ堪能してみて。

■ストリートアート
住所:Central and Sheung Wan,Hong Kong island
最寄り:MTR中環駅

“ザ・チャイナ”なお土産ならここ!掘り出し物も見つかるキャットストリートでお買い物



キャットストリート(提供:香港政府観光局)
キャットストリート(提供:香港政府観光局)
香港最古の寺院として知られる「文武廟」があるハリウッド・ロードの一本北側、200メートルほどの短い路地に露店がひしめきあい、日本人から見た「これぞチャイナ雑貨!」と思えるレトロでキュートな雑貨がたくさん売られている摩羅上街、通称キャットストリート。

キャットストリート(提供:香港政府観光局)
キャットストリート(提供:香港政府観光局)
ローカル感満点の小さな路地に、チャイナテイストの雑貨やカラフルな食器、数珠、置物、ブルース・リーグッズ、雑多に山積みされた中古品まで色々なものが売られていて、一昔前の香港の面影を残すノスタルジックな露店街です。

お店によって営業時間は様々ですが、だいたいお昼の12時から18時くらいまで。ガラクタと思うかお宝の山と思うかはあなた次第。古色蒼然とした商品の山に、キラリと光る掘り出し物が隠れているかも。バラマキお土産を探すにも最適なストリートですよ。

■キャットストリート
住所:Upper Lascar Row,Sheung Wan,Hong Kong
最寄り駅:MTR上環駅 A2出口から徒歩約10分

ハイブランドも手に入る!物欲くすぐるセレクトショップ「Select 18」



Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
オールド・タウン・セントラルには小さなセレクトショップがいくつも点在していますが、特に人気スタイリスト兼オーナーのThomas Leeさんのこだわりがたくさんつまった「Select 18」は買い物好き、ファッション好きならぜひ足を運んでみて欲しい1軒。

Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
統治時代の思い出を集めるために1940~70年代のアンティーク眼鏡を収集していたことがきっかけで、アンティーク物をコレクションするようになったそうで、店の中には天井から吊るされた商品も含め、オーナーのセンスが溢れる程度の良いアンティーク雑貨が所狭しと並びます。

Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
Select 18(C)モデルプレス
主にヨーロッパ、日本、香港のアンティークを取扱っていて、CHANELやHERMESといったハイブランドのユーズド品や、地元アーティストのハンドメイド作品など、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなバラエティに富んだ店内を物色しているだけで胸がワクワクしてきちゃいます。

特にキッチュなピアスは軽くてかさばらないから、気の利いたお土産にも最適でついまとめ買いしたくなっちゃいそう。

■Select 18
住所:18 Bridges Street,Central,Hong Kong
最寄り駅:MTR上環駅A2出口から徒歩約9分
電話番号:852-9127-3657
営業時間:昼~21:00(月~水)、昼~23:00(木~土)、昼~20:00(日)

見た目も美味しさも満点!バーガーが名物の「Little Bao(リトル・バオ)」



Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
2017年度版「アジアのベストレストラン50」で最優秀女性シェフ賞の称号を獲得したメイ・チョウさんが、シェフ兼オーナーを務めるお店「Little Bao」。一般的なハンバーガーとは一味違う、中国の伝統的なバンズ「包(パオ)」のアレンジ料理で人気を博しています。

Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
席はカウンターのみで、昼間はお洒落なカフェのようですが、夜はビートのきいた音楽をBGMに東洋と西洋が融合した創作料理やお酒を味わえると地元でも評判のお店です。

Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
Little Bao(C)モデルプレス
成長ホルモンや化学物質不使用の肉や、地元の野菜など、ヘルシーかつ厳選した食材を使用した絶品メニューが目白押し。

さらに開店以来人気のメニューが「LBアイスクリーム・バオ」。揚げたての熱々バンズに挟まれて、徐々にとろけるひんやり冷たいアイスクリームの温冷のコントラストがやみつきになる気分もアガる美味しさです。

■Little Bao(リトル・バオ)
住所:66 Staunton Street,Central, Hong Kong
最寄り:MTR上環駅A2出口から徒歩約9分
電話番号:852-2194-0202
営業時間:ランチは土日のみ12:00~16:00(ラストオーダー)、ディナー月~土18:00~23:00(ラストオーダー)

チャイナ服姿で「いいね!」倍増♡チャイナ服のレンタル屋さん「Yan Shang Kee(嫣裳記)」



Yan shang kee(C)モデルプレス
Yan shang kee(C)モデルプレス
京都の着物着付け体験に感銘を受けたオーナーが、昨年3月にオープンした「Yan Shang Kee(嫣裳記)」は、香港伝統のチャイナドレスを貸し出しているレンタルショップ。

せっかく香港に来たなら伝統的なチャイナドレスで香港の街並みをバックにフォトジェニックな1枚を撮りたいですよね。

内観(提供:香港政府観光局)
内観(提供:香港政府観光局)
Yan shang kee(C)モデルプレス
Yan shang kee(C)モデルプレス
オーナー自らが買い付けた衣装はメンズ、レディース、キッズを合わせて200着ほど所有しており、レンタルとクリーニングのサイクルの関係から常時店頭には50着程度がラインナップされています。

どれも伝統的なドレスでありながらモダンなデザインにアレンジされているので、奇抜すぎたり古臭いということがなく、どれを選ぼうか目移りしちゃう可愛さで気分もアガります。
Yan shang kee(C)モデルプレス
Yan shang kee(C)モデルプレス
レンタル料は、チャイナドレス、ハンドバック、アクセサリー、ヘアセットが込みで380香港ドル。プラス200香港ドルで1日追加レンタルも可能。平日2,300香港ドル、休日2,800香港ドルで日本語を話せるカメラマンを2時間つけてもらうことも可能です。
キャットストリート(C)モデルプレス
キャットストリート(C)モデルプレス
キュートなチャイナドレスを着て香港の街を歩くと、どんな構図でもとたんにフォトジェニックな一枚に様変わり。SNSにアップすれば、いつもと雰囲気の違うあなたの写真にたくさん「いいね!」がついちゃいそう。お店の公式サイト、もしくはfacebookページから事前に予約していくのがベターです。

■Yan shang kee(嫣裳記)
住所:Flat C,1/F 16A Elgin Street Central,Hong Kong
最寄り:中環駅D2出口から徒歩約13分
電話番号:852-9144-5228
営業時間:<レンタル>9:00~15:00<返却>18:30まで

フォトジェニックさに気分も“アガる香港”を旅しよう♡



これまでの香港といえば、ビクトリア・ハーバーやビクトリアピークからの夜景や、高層ビル群をイメージしがちでしたが、街を歩けば思わずカメラを向けたくなるようなフォトジェニックな風景がいっぱい!

Yan shang kee(C)モデルプレス
Yan shang kee(C)モデルプレス
注目度がますます高まるオールド・タウン・セントラルをはじめ、香港4大観光エリアの“アガる”お店やパワースポット、おすすめの観光スポットを、人気インスタグラマーの2人と巡った情報満載の特設サイト「アガる香港」を、女子旅プレスサイト上にて公開中。

おすすめの観光スポットやグルメ情報はもちろんのこと、実際に現地を巡ったインスタグラマー2人の撮り下ろし写真も満載で、まだまだ知らないフォトジェニックな香港に出会えるはず。

香港政府観光局の公式ウエブサイト上でも、目的別観光情報や現地ツアーを、フォトジェニックな写真とともにたっぷり紹介しています。

香港政府観光局公式サイトはこちら


また2017年7月1日(金)~8月31日(水)の2ヶ月間、「香港Summer Fun」を開催。香港各地で夏のイベントが行われます。

8月4日(金)~6日(日)には音楽やeスポーツが楽しめる「eスポーツ&ミュージックフェア」が開催されるほか、8月11日(金)~9月2日(土)は期間限定のプロジェクションマッピング「香港パルスライトショー」がチムサアチョイ(尖沙咀)の文化センター前で毎晩5回行われるのでお見逃しなく。

#アガる香港 おさんぽマップ/画像提供:香港政府観光局
#アガる香港 おさんぽマップ/画像提供:香港政府観光局
さらに香港政府観光局の公式ウエブサイトでは、5つのエリアのSHOP.EAT.PLAYスポットを盛り込んだ、街歩きにおすすめのイラスト付き「#アガる香港 おさんぽマップ」のダウンロードも可能です。

#アガる香港 おさんぽマップのダウンロードはこちら


オールド・タウン・セントラルの街並みを始めとする、SNS映えする香港の魅力を、次はあなたが発掘・発信してみませんか?(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:香港政府観光局

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、店舗のサービスが保証されるものではありません。

関連リンク

Page Top