女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

イタリア老舗ピザ屋「アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ」横浜に日本3号店

イタリア・ナポリで1870年創業の老舗ピッツェリア「アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ」の日本3号店が、神奈川県横浜市の新複合施設「横浜ハンマーヘッド」に、2019年10月31日(木)よりオープンする。

アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ

世界の人々を魅了し続けるナポリピッツァの名店「ダ・ミケーレ」



世界の人々を魅了し続けるナポリ伝統のピッツェリア「アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレ」。“行列嫌い”なイタリア人も並ぶ究極のピッツァを求めて、イタリア現地の他、ヨーロッパ、アジアを始め各国からの来店が絶えない名店として知られ、日本国内では現在、東京・恵比寿と福岡・天神大名に店舗を構えている。
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ

本場ナポリでも行列のできる王道ピッツァ



アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
同店の名物が、ナポリピッツァの真髄である、パンチのきいたニンニクの風味が豊かな「マリナーラ」と、トロっととろけるチーズのコクとトマトソースの奥深い味わいが絶妙な「マルゲリータ」の2種類のピッツァ。
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
創業当初から継承されている伝統の味を再現すべく、ピッツァの素材となる小麦粉、トマト、チーズ、オイル、そしてピッツァ窯までもナポリから日本へ直送。ナポリ本店スタッフからディプロマ認定されたピッツァイオーロが、ナポリ現地の味を横浜でも再現する。

横浜店限定のアンティパスト



また日本限定で提供するアンティパストの中でも、海に面した横浜店ならではの魚介を使ったメニューが登場。
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
中でも、ワインで風味漬けしたタコ、ムール貝、あさりに、しっとりした食感に仕上げたメカジキの自家製ツナで仕上げたイタリア版魚介サラダ「インサラータ マーレ」をはじめ、塩気と甘みがほどよい味わいの「ムール貝の白ワイン蒸し」は、どちらもワインによく合う一皿だ。
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ

アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ 横浜



住所:神奈川県横浜市中区新港2-14-1 横浜ハンマーヘッド2F
アクセス:みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩10分/「みなとみらい駅」より徒歩12分/JR京浜東北線「桜木町」より徒歩15分
TEL:045-226-4770
営業時間:11:00~23:00(22:00 l.o.)


【Not Sponsored 記事】
アンティーカ・ ピッツェリア・ダ・ミケーレ/画像提供:バルニバービ
Page Top