女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

冬に見たい日本の絶景ランキングTOP5

日本の魅力は四季があることですよね。四季があることで、同じ場所でも一年を通じて様々な表情を見せてくれるのです。特に冬は澄んだ空気、冷たい気温、そして雪といった特別な条件が重なることで、他の季節にはない独特の風景を見せてくれるのです。今回は、そんな日本の冬の絶景ランキングを紹介します。

冬に見たい日本の絶景ランキングTOP5(写真素材ぱくたそ/photo:小林央)
冬に見たい日本の絶景ランキングTOP5(写真素材ぱくたそ/photo:小林央)

1位・ダイヤモンドダスト(北海道)



日本の冬の中でも、一時期、そして一定の条件が揃った時にしか見ることができない絶景といえば、北海道のダイヤモンドダストです。

ダイヤモンドダストは、北海道ならではの冷たい空気と水蒸気によって生み出される自然現象で、とりわけ気温が低い旭川・十勝などでよく見られます。

太陽光に照らされながら、雪原でキラキラと輝きながら舞うダイヤモンドダストは言葉にできないほどの美しさ。北海道でも必ず見ることができるものでない事象だけに、絶景ランキングは堂々の第1位です。

2位・蔵王の樹氷(宮城)



山頂の樹氷と夕暮れ(写真素材ぱくたそ/photo:あめまん)
山頂の樹氷と夕暮れ(写真素材ぱくたそ/photo:あめまん)
山形と宮城の両県にまたがる蔵王連峰。冬になると白銀にきらめく雪原を“スノーモンスター”とも呼ばれる無数の樹氷が埋め尽くす、大自然が生みだした絶景を楽しむことができます。

なだらかな斜面に生育する針葉樹のアオモリトドマツにくっついた雪片が、徐々にかたまり大きくなっていくことで、無数の樹氷が生まれ、神秘的な絶景を見せてくれるのです。

夜になると樹氷のライトアップも行われ、カラフルな光の中に樹氷群が浮かび上がり、日中とは趣の異なる幻想的な世界を見せてくれます。

3位・三十槌の氷柱(みそつちのつらら)(埼玉)



全国的にそれほど知名度はありませんが、実は埼玉県にある三十槌の氷柱は、冬の観光名所として知られる場所なんです。

奥秩父の厳しい寒さの中で出来上がるのは、連なり、重なり合った迫力の氷柱(つらら)たち。

民家の軒先にもできることがありますが、その大きさとは比べものにならないほどの大きさと幅を誇ります。ライトアップされた姿も非常に優美なのでおすすめですよ。

4位・地獄谷温泉(長野)



地獄谷温泉は、日本を象徴する冬景色として、日本人だけでなく世界に知られる冬景色です。

人気の秘密は、地獄谷温泉に入ってくるニホンザルがいること。寒い時期には温泉に入りたいと思うのは人だけではないんだ、と温泉で温まっているニホンザルの姿に思わずほっこりしてしてしまうんです。

一緒に入りたい、と思う人もいるようですが、くれぐれも安全第一で楽しんでくださいね。

5位・大谷の雪の壁(富山)



富山県の春の絶景ポイントとして世界的にも有名な「雪の大谷」/画像提供:富山県首都圏本部
富山県の春の絶景ポイントとして世界的にも有名な「雪の大谷」/画像提供:富山県首都圏本部
富山県の春の絶景ポイントとして世界的にも有名な大谷の雪の壁は、こちらも日本人だけでなく海外からの観光客にも人気の冬景色です。

室堂ターミナル周辺の道路に積もった雪を除雪すると自然に生まれる雪の壁で、壁が連なる約500mの区間を歩くことができる「雪の大谷ウォーク」も開催されています。

特に雪自体をあまり見ることがない地域の国の人にとって、この景色ほど印象的なものはないでしょう。

日本人でも、雪国育ちでないと、本当に天然の積雪なの?と疑いたくなるくらいです。画像でみるよりも迫力ある景色は、まさに死ぬまでに一度は見ておきたい日本の雪景色とも言えるでしょう。

いかがでしたか?

全国的に知られている雪景色以外にも、各地にはまだまだ隠れた冬の絶景が発見されずにいるかもしれません。

ぜひ、今回紹介したスポットだけでなく、各地の冬の絶景を探しに旅行に出かけてみてくださいね。(女子旅プレス/modelpress編集部)

※記事は女子旅プレスの調査及び主観に基づくものであり、サービスが保証されるものではありません。

【Not Sponsored 記事】
冬に見たい日本の絶景ランキングTOP5(写真素材ぱくたそ/photo:小林央)
Page Top