女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

金魚1000匹が幻想的に舞い泳ぐ 「すみだ水族館」で夏の涼を楽しむ新展示

東京・墨田区の「すみだ水族館」は2016年7月1日(金)より、日本最大全長約100メートルの金魚展示ゾーンを設けた「お江戸の金魚ワンダーランド」を開催する。同館ではこれまでも金魚を取り巻く文化や歴史を取り入れた展示活動を続けてきたが、今回のイベントでは、日本最大の金魚展示ゾーン「江戸リウム」ゾーンをリニューアル。全長約100メートルにも及ぶゾーンに配置した合計31個の水槽で、色も形もさまざまな23品種の金魚たち約1,000匹を展示する。

「お江戸の金魚ワンダーランド」イメージ/画像提供:すみだ水族館
「お江戸の金魚ワンダーランド」イメージ/画像提供:すみだ水族館
目黒雅叙園「和のあかり×百段階段展」昨年開催時の様子/画像提供:すみだ水族館
目黒雅叙園「和のあかり×百段階段展」昨年開催時の様子/画像提供:すみだ水族館

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段展」とコラボレーション



「風情ある明かりの金魚ちょうちん」/画像提供:すみだ水族館
「風情ある明かりの金魚ちょうちん」/画像提供:すみだ水族館
ぼんぼん金魚/画像提供:すみだ水族館
ぼんぼん金魚/画像提供:すみだ水族館
また、7月1日(金)~9月30日(金)の期間は、目黒雅叙園が開催する「和のあかり×百段階段展」とコラボレーションし、新しくなった金魚展示ゾーンが150個の金魚ちょうちんと、150個の千鳥ちょうちん計300個の風情ある明かりで彩られ、ひらひらと舞う金魚たちに囲まれてお江戸の夏祭りを歩くような、幻想的な体験を味わえるほか、同館がプロデュースした「竜宮城のアクアリウム」も登場。

ランチュウ/画像提供:すみだ水族館
ランチュウ/画像提供:すみだ水族館
また、金魚の水槽群を一望できるテラススペース「江戸風鈴テラス」には、500個の江戸風鈴がつるされ、風鈴の涼やかな音色に耳を傾けながら金魚たちをゆったりと鑑賞し、夏の涼を楽しめる。

金魚を彷彿とさせる赤色や金魚鉢を使った金魚メニュー



涼やかな音色を奏でる江戸風鈴/画像提供:すみだ水族館
涼やかな音色を奏でる江戸風鈴/画像提供:すみだ水族館
あんずやベリーを入れた「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」場所::ペンギンカフェ、750円(税込)/画像提供:すみだ水族館
あんずやベリーを入れた「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」場所::ペンギンカフェ、750円(税込)/画像提供:すみだ水族館
「金魚カクテル」(アルコール550円、ノンアルコール500円(各税込))」/画像提供:すみだ水族館
「金魚カクテル」(アルコール550円、ノンアルコール500円(各税込))」/画像提供:すみだ水族館
「江戸やきそば(海苔の佃煮&歌舞伎揚トッピング)」500円(税込)/画像提供:すみだ水族館
「江戸やきそば(海苔の佃煮&歌舞伎揚トッピング)」500円(税込)/画像提供:すみだ水族館
このほか、金魚のルーツをたどる企画展示「金魚のヒミツ」に、本展示の金魚をモチーフにした期間限定「金魚カクテル」「金魚ソーダ」「金魚ソフトクリーム」などのユニークなメニューも展開される。(女子旅プレス/modelpress編集部)
「金魚のヒミツ」イメージ/画像提供:すみだ水族館
「金魚のヒミツ」イメージ/画像提供:すみだ水族館

お江戸の金魚ワンダーランド



展示期間:2016年7月1日(金)より常設展示

【企画展示】目黒雅叙園「和のあかり×百段階段展」とのコラボレーション



開催期間:2016年7月1日(金)~9月30日(金)

すみだ水族館



住所:東京都墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5F ・6F
電話番号:03-5619-1821
営業時間:9:00~21:00※入場受付は閉館の1時間前まで、季節による変更あり
休館日:年中無休※水族館のメンテナンスやイベント等による臨時休業あり

【Not Sponsored 記事】
「お江戸の金魚ワンダーランド」イメージ/画像提供:すみだ水族館
Page Top