女子旅の最新ニュース&人気ランキング | 観光・グルメ・買物・ホテルの情報が見つかる[女子旅プレス]

都心から1時間の週末リゾート・葉山の絶景レストラン5選

都心から約1時間で行ける神奈川県葉山町は、まるで海外のリゾートのようにお洒落な時間が流れる街。

都心から1時間の週末リゾート・葉山の絶景レストラン5選【モデルプレス】
都心から1時間の週末リゾート・葉山の絶景レストラン5選【モデルプレス】
森戸海岸と一色海岸の2つの海と豊かな山に囲まれたロケーションが、日頃の疲れを心身ともにリセットしてくれる。そんな大人女子の理想といえる休日スポットである葉山町には、美しい海を間近に望む素敵なレストランがいくつもあるんです。

そこで今回は、オーシャンビューと美味しい食事の両方を楽しめる絶景レストランを5つご紹介します。

PLAGE SUD(プラージュ・スッド)



相模湾に沈む夕陽を一望できる「PLAG SUD(プラージュ・スッド)」
相模湾に沈む夕陽を一望できる「PLAG SUD(プラージュ・スッド)」
フランス語で“南の浜辺”を意味する「PLAGE SUD」は、相模湾を眺めながら、本格的な地中海料理を味わえるオーシャンビューレストラン。

「PLAG SUD」は思わずみとれてしまうサンセットもごちそう
「PLAG SUD」は思わずみとれてしまうサンセットもごちそう
「炊き込みご飯スペイン風」(2人前)5148円/見た目はパエリアだが炊き込んで作る手法の為、ご飯がふわふわで味もしっかり染み込んでいる
「炊き込みご飯スペイン風」(2人前)5148円/見た目はパエリアだが炊き込んで作る手法の為、ご飯がふわふわで味もしっかり染み込んでいる
パスタ、魚料理、和牛のステーキのほか、記念日にぴったりな2人分のセットメニューなど、ゆったりと特別な時間を過ごせるフードメニューの数々を、波音をBGMにしながら堪能できます。

葉山ホテル音羽ノ森



「葉山ホテル音羽ノ森」のカフェテラス/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森※神奈川旅行券・お楽しみクーポンの利用は不可
「葉山ホテル音羽ノ森」のカフェテラス/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森※神奈川旅行券・お楽しみクーポンの利用は不可
葉山の高台に建つリゾートホテル「葉山ホテル音羽ノ森」では、南フランスのリゾート地・コートダジュールを彷彿とさせる雰囲気のカフェテラスでセレブ気分で食事を楽しめます。

南仏コートダジュールを彷彿とさせる風景/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
南仏コートダジュールを彷彿とさせる風景/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
パティシエ特製のオリジナルケーキ/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
パティシエ特製のオリジナルケーキ/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
オリジナルカクテルも用意/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
オリジナルカクテルも用意/画像提供:葉山ホテル音羽ノ森
真っ青な海が目の前に広がる最高のロケーションで、葉山牛を贅沢に使用した葉山バーガーやアラカルトメニュー、オリジナルカクテルに舌鼓を打てば、日頃の疲れも吹き飛んでしまうこと間違いなし。食後のティータイムにはパティシエ特製のオリジナルケーキがおすすめです。

レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋



「レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋」外観/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
「レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋」外観/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
「レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋」は青い空に映える真っ白な店構えが、まるで海外のリゾート地のレストランに来たかのような気分を味わえるお店。

オーシャンビューのテラス席/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
オーシャンビューのテラス席/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
海のそばで食べる上品な洋食やスイーツ/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
海のそばで食べる上品な洋食やスイーツ/画像提供:レストラン ラ・マーレ・ド・茶屋
1Fバー&カフェではオードブルやパスタ、サンドウィッチなどの単品他、ランチのセットメニューがあり、2Fレストランでは旬の素材を使ったコース料理やアラカルトを用意しています。

なお、1月8日から3月29日まで改装の為休業するので、リニューアル後の「ラ・マーレ・ド・茶屋」の姿も待ち遠しいですね。

オランジュ・ブルー



ガラス張りの店内から海が見える「オランジュ・ブルー」(C)Norihiro Ueno/画像提供:神奈川県立近代美術館
ガラス張りの店内から海が見える「オランジュ・ブルー」(C)Norihiro Ueno/画像提供:神奈川県立近代美術館
「神奈川県立近代美術館」の「葉山館」にある、一色海岸を望む絶好のロケーションで美味しいランチを味わえる「オランジュ・ブルー」。ガラス張りの店内から眺める風景は昼はもちろんのこと夕暮れ時も格別の美しさです。

料理は地元食材を使ったシェフのおすすめランチとして、三崎港で水揚げされた魚介類のブイヤベース、湘南豚のソテー、魚のポワレに加え、カレーやハンバーガーなどの定番メニュー、展覧会のテーマにあわせた限定メニューも取り揃えています。

お店と同じ名前の「オランジュ・ブルー」というドリンクは、海に沈む夕日をイメージしているそう。アートと食事を一度に楽しめるので、葉山のお出かけルートに取り入れたい1軒です。

オーシャンズクラブ葉山



「オーシャンズクラブ葉山‎」/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
「オーシャンズクラブ葉山‎」/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
窓がガラス張りなので店内からの夕陽の眺めも抜群/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
窓がガラス張りなので店内からの夕陽の眺めも抜群/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
葉山の高台に佇む「オーシャンズクラブ葉山」は、きらめく葉山の海を見渡せる最高のロケーションが自慢のフレンチレストラン。真っ白のソファで海を見ながらくつろげるテラス席は、ヨーロッパのリゾート地に来たかのよう。

前菜/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
前菜/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
つい見とれてしまうほど美しい盛り付け/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
つい見とれてしまうほど美しい盛り付け/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
逗子駅と横浜駅から送迎バスが出ているので、お店までのアクセスも楽々。地産地消を大切にした芸術品のように美しい創作料理の数々は、視覚と味覚の両方を満足させてくれます。

いかがでしたか?

贅沢な大人の休日を演出してくれる葉山町/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
贅沢な大人の休日を演出してくれる葉山町/画像提供:オーシャンズクラブ葉山
セレブな空気漂う葉山町は、休日のお洒落な女子会や彼とのデートにもぴったり。綺麗な風景と優しい潮風が身も心も癒やしてくれます。

そんな葉山町をはじめ神奈川県へのお出かけの際は、県が発行するかながわ旅行券やお楽しみクーポンを利用すると、県内の取扱対象施設で観光や食事をリーズナブルに楽しめますよ。葉山町であれば「ホテル 葉山館」「湘南国際村センター」などでも利用できます。

次の週末は、海のそばでゆったりごちそうを堪能する優雅なひとときを、自分にプレゼントしてあげてみてはいかがでしょうか。(女子旅プレス/modelpress編集部)[PR]提供元:神奈川県産業労働局観光部観光企画課

※取扱対象施設はオフィシャルサイトをご確認下さい。

関連リンク

都心から1時間の週末リゾート・葉山の絶景レストラン5選【モデルプレス】
Page Top